小学校1年生の1日とは?登校〜下校までの時間割例、親の準備や注意点も紹介!

我が子もいよいよ小学校1年生!親は嬉しい反面、新生活には不安もつきものですよね。この記事では小学校1年生の1日の時間割例、小学校入学までに親が準備すべきことや、注意点についてご紹介します。お子さんと一緒に準備を始めて、小学校生活に備えましょう!

目次

  1. 小学校1年生の1日とは?
  2. 小学校1年生の登校~下校までの時間割例
  3. 小学校1年生になるまでに親が準備すべきことや、注意点
  4. 小学校1年生になる準備をしよう!

昼寝をやめる

幼稚園や保育園では当たり前のようにあった昼寝の時間ですが、小学校1年生になると学校ではその時間はありませんよね。はじめのうちは給食を食べずに早めに帰宅するので、家で昼寝をできるかもしれません。でも通常の授業や学童保育が始まれば、下校時間も遅くなり昼寝する時間はなくなってきます。

小学校に上がれば起床時間も早くなり、急に昼寝をなくすのは子供に負担がかかります。小学校1年生になる前に、徐々に昼寝を減らしましょう。前もって体力づくりをしておくのもおすすめです。日ごろから早寝早起きを心がけましょう。

トイレは自分で

小学校に上がると、基本的に休み時間に自分でトイレを済ませなくてはいけません。今まで自分の好きなタイミングや先生に声をかけてもらってトイレに行くのは難しくなります。子供は何かに夢中になっていると、トイレに行くのを忘れがちです。

すると、気づいた時には限界まで我慢してしまっていることもしばしばありますよね。小学校1年生になる前に、子供が自分でトイレに行き、自分の管理ができるよう、親も一緒に準備してあげると良いでしょう。

小学校1年生になる準備をしよう!

小学校1年生になる前に、親が準備しておくべきことや1日の時間割などをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?いよいよ始まる新生活に向けて、不安や心配を解消するためにも早めに準備を進めましょう!ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連する記事