3歳になったらできること。言葉・運動・生活面など発達段階の目安を紹介

3歳になるとできることが少しずつ増えていき、会話も自然と成り立つようになってきます。自分でできることも増えてくるでしょう。また3歳児は運動面での成長も大きく見られるようになります。3歳児の《言葉》《運動》《生活》面などの発達段階の目安を紹介していきます。

目次

  1. 3歳児の発達段階の目安は?
  2. 3歳児の言葉の発達の状況
  3. 3歳児が運動面でできること
  4. 3歳児が生活面でできること
  5. 3歳で身につく社会性は?
  6. 3歳児が遊びでできることは?
  7. 3歳で身に付けておくべき思考力
  8. 3歳の子どもの成長を見守ろう

3歳児の発達段階の目安は?

3歳になるとある程度の日常会話はできるようになり、運動面でもあらゆる能力が発達してきます。自分でやりたいと自主性を持って行動することも多くなってくるのが3歳児期の特徴なのですね。

自分で考える力や社会性も学ぶ時期なので、家庭での生活面の教育も大切です。しかしながら、発達には個人差があります。発達の目安はあくまでも目安なので、できないからといって焦る必要はありません。

(2歳9~11ヶ月の子供の成長については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳9〜11ヶ月の子供の成長は?体重・身長・言葉の発達は?イヤイヤ期の悩みなどを解決!

3歳児の言葉の発達の状況

子どもの言葉の発達は3歳児期に著しい成長が見られます(※1)。2歳の頃は「これほしい」などの2語文で話していたのが、3歳になると「〇〇ちゃんジュース飲みたい」などと3語文になってきます。

知っている単語量が一気に増え、大人とほとんどの日常会話ができるようになってくるのです。「暑い」などの自分の状態、自分の気持ち、その日にあった出来事なども伝えられるようになります。

(2歳児の成長・発達の特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

自分の姓名と年齢を言える

言葉の発達が著しい3歳児期になると自分の名前だけでなく、苗字も認識していきます。中にはママやパパの名前を知っている子もいます。また3歳になると年齢という概念も理解できるようになるのです。

「〇〇ちゃん3歳!」などと自分の年齢を言うことができます。さらに日々の生活の中で人との関わりも学んでいく時期なので、他人の前であっても自分の名前と年齢を言えることができるようになっていくのです。

簡単な質問に答えることができる

3歳児は言葉を聞いて理解する能力が大きく発達してきます。「お名前は何ですか?」「これは何色ですか?」などの簡単な質問であれば答えることができるようになってくるのですね。

また過去と未来などの時間軸も理解していきます。「今日の朝は何を食べましたか?」などの質問に答えることができる子もいます。

日常会話をすることができる

3歳になるとほとんどの日常会話をすることができるようになってきます。子どもが大人と日常会話をできるようになると、ママやパパも毎日の会話が楽しくなりますよね。

「今日ママと公園に行った!」などと自分が経験した出来事についても話せるようになってきます。「楽しい」「痛い」などのその時の自分の状態を伝えることもできます。

質問が増える

3歳児の言葉の発達の特徴の1つに「どうして?」「これなに?」などの質問を多くするようになることが挙げられます。様々なことに興味を持ち、疑問に思うことが増えてくるためです。

子どもの世界が広がるので、丁寧に質問に答えてあげましょう。答えに困った時は「〇〇ちゃんはどう思う?」と聞き、子どもに自ら考えるように促すのも良いでしょう。

自分の状態を表すことができる

3歳児になると知っている単語の量が急激に増え、形容詞を多く使えるようになってきます。「寒い」「お腹空いた」など自分のその時の状態を表現できるようになるのですね。

物の状態を表すことができる

3歳児になると「さらさら」「つるつる」などのオノマトペと呼ばれる言葉も多く理解していきます。「これふわふわだね」「これ冷たいね」などと物の状態を表すことができるようになるのです。

また「大きい・小さい」などの簡単な反対語も理解できるようになってきます。

物の説明をすることができる

3歳児になると「歯ブラシは歯を磨くもの」「靴はお外で履くもの」など物の説明を簡単にであればすることができるようになっていきます。

自分の身の回りにある物は、子どもにとって毎日目にする物でもあります。毎日の生活の中でその物は何のためにあるのかと理解できるようになっていくのですね。

相手の目を見て話す・聞くことができる

3歳児になると理解できる言葉が多くなり、他人との関りに喜びを感じ始める時期です。会話の中で相手の目を見て話をしたり、相手が話している時は目を見て聞くことができるようになってくるのですね。

(2歳児の成長・発達の特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の成長・発達の特徴。身長・体重や言葉・運動能力の目安、過ごし方のポイントも

3歳児が運動面でできること

体力や筋力もついてきて、とにかく大きく動きまわることが多くなってくるのも3歳児の運動面での発達の特徴です(※2)。3歳児期の運動面での成長はママやパパにとっても「子どもってすごい!」と思わせてくれます。

脳神経が筋肉に指令を送ることで人間は体を動かすことができます。3歳児になると脳神経が成熟すると言われていて、運動の能力も著しく成長していくのです。

片足立ち

3歳児期は脳神経が成熟してくるので、バランスを取る能力も備わってきます。数秒間であれば片足で立ち続けることができます。

(4歳児の身長・体重の平均については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児の身長・体重の平均は?発達の特徴や目安、順調に成長させるポイントも!

後ろ向きに歩く

普段の生活の中で後方に歩くことが必要な場面はあまりありませんよね。しかしながら3歳児になると前方だけでなく、後方にも簡単に歩けるようになってくるのです。

三輪車を漕ぐ

脳神経や筋肉の発達が著しい3歳児期になると、バランスを取れるようになります。そのため三輪車を漕ぐことができるようになってくるのです。最近では三輪車の他のキックボードも流行っていますね。

また子どもが自分の足で地面を蹴ることで前に進むことのできるペダルなし二輪遊具も大変人気を集めています。二輪遊具はトレーニングバイクとも呼ばれています。

ボール遊び

3歳にあると運動能力はますます成長していきます。1歳児や2歳児の時にはボールを転がす程度でしたが、3歳になると両手を使ってボールを投げることができるようになるでしょう。

1mほどの距離であれば相手に向かってボールを投げたり、蹴ったりすることもできるようになります。ぜひ公園に行って、思いっきりボール遊びできる時間を持ってみましょう。

手先が器用になってくる

手先が器用になってくるのも3歳児の運動面での成長の1つです。はさみを使って紙を切ったり、のりを使って物を貼ったりと手を使って色々な作業ができるようになってきます。

自分の作りたいものを作れる

積み木で家を作ったり、粘土でケーキを作ったりと自分の作りたいものを作れるようになってきます。また砂場遊びでは器用に指先を使いおだんごなどを作れるようにもなります。

その場に実際におだんごがなくても作れるので、3歳児になると想像して物を作る能力が発達してくるのです。

でんぐり返し(前転)

子どもは運動面の発達によりしゃがむことができるようになり、そのまま床に頭をつけてみたりと練習を積み重ねていきます。

その練習は乳幼児期から始まり、早い子で3歳頃になるといつの間にかでんぐり返しができるようになっているのです。個人差があるので4歳、5歳になってからできるようになる子も多くいます。

階段を自分で上り下りできる

幼い子どもと階段を上り下りする際、子どもが足を踏み外してしまわないか心配になるママもいるでしょう。3歳頃になるとどこかに掴まったり、ママと手を繋いでいなくても自分の力で階段を上り下りできるようになります。

大人のように足を交互に出して1段ずつ進むことはまだ難しい子が多いでしょう。しかしながら、1段ずつ足を揃えて上り下りすることはできるようになります。右足で上り、同じ段に左足を揃えて、それから次の段へという進み方になります。

音楽に合わせて体を動かすことができる

3歳頃になると走っている時に「止まって」と言われてもすぐに止まれるなど、取りたい動きをすぐにできるようになります。

そのため音楽に合わせて歩いたり、走ったり、またはスキップしたりできるようになります。音楽に合わせて踊ることができるようになるのも3歳の頃からです。

3歳児が生活面でできること

何をするにも助けが必要だった子どもも3歳頃になると自分で何でもトライしようとします。「〇〇ちゃんがやる!」などと、ママやパパの助けなしで自分の身の回りのことをやろうとするのです。

生活面での成長は家庭での教育がとても大切になります。何でも先回りしてやってしまうと子どもの成長のために良くない場合もあるのです。3歳児期は手を出しすぎず見守るのも大切です。

自分で服を着脱できる

パジャマや少しゆるめの服であれば、自分で服を着脱できるようになります。達成感を味わうことで、子どもは自分に自信を持つことができます。ひとりで最後までできた場合は思いっきり褒めてあげましょう。

最近おしゃれな子ども服が増えてきていますが、そのような服の中には自分で着脱しづらいものもあります。そういう場合は助けが必要となるでしょう。

自分で靴を脱ぐ、履こうとする

服の着脱と同様で、靴の脱ぎ・履きも自分でしようとするようになります。たとえ時間がかかっても、最後まで待ってあげるのが良いでしょう。

子どもの靴のデザインによっては脱ぎづらかったり、履きづらいものもあります。マジックテープで留めるタイプの靴やスリッポンのようのすぐに足を通せる靴がおすすめです。

大きいボタンを留めることができる

ボタンを留めることはまだまだ難しそうにも感じる方も多いでしょう。3歳頃になると手先が器用になってくるので、大きめのボタンであれば留めたり外したりすることができるようになる子も多いです。

積極的に自分で歩こうとする

1歳や2歳まではお出かけの際にベビーカーに乗せて行動していたママも多いでしょう。3歳児になると自分で歩きたいという気持ちも強くなってくるのです。

歩かせても大丈夫そうな場所では手を繋ぐなどルールを決めて、積極的に歩かせると良いでしょう。

手や顔を自分で洗うことができる

3歳児になると自分で袖まくりをして手や顔を洗えるようになります。洗い終わったらタオルで拭き、自分で袖を下ろしたりと自然とできるようになってくるのです。

洗う際に水を自分で出したり、止めたりできる子も中にはいます。

おもちゃを自分で片付けようとする

3歳児になると「おもちゃは使ったら片づける」などのルールを理解できるようになるのです。おもちゃの片付け方は幼稚園や保育園で習うと思っている方もいるでしょう。家でも子どもが片付けしやすい環境が整っていれば、自主的に片づけをするようになってくる子も少なくありません。

自分で歯磨き・うがいをする

幼少期に歯磨きを抵抗せずに楽しんでできるようになることはとても大切です。3歳児の場合、5割くらいの子たちが自分で歯磨き・うがいをできるようになると言われています。

発達段階の目安として、4歳になるとほとんどの子どもができるようになるので、3歳で自分でできなくても焦る必要はありません。

トイレで用を足せる

3歳児期におむつが取れ、自分でトイレでうんち・おしっこができるようになってきます。おむつが完全に取れるまでは「トイレ行く?」とママやパパに促されて行く子が多いです。

「トイレに行きたい」と伝えられる子もいますし、大人の助けなしで自分でトイレに行ける子も中にはいます。

箸を使おうとする

手先が器用になってくる3歳児期に箸を使いたいと思うようになってくる子が増えてきます。最近は子ども用のトレーニング箸を使っている子も多いですね。

あまりにも小さいものやつるつるしたものを箸で掴むのはまだ難しいでしょう。掴みやすいものから練習していくと自信がつけられますよ。

(5歳児の身長・体重の平均については以下の記事も参考にしてみてください)

5歳児の身長・体重の平均は?発達の特徴や目安、順調に成長させるポイントも!

3歳で身につく社会性は?

3歳児になると家族だけでなく、他人と関わることを楽しいと感じるようになります。いつもママと一緒にいることを好んでいた子も、友達と遊ぶことが楽しいと思うようになるのですね。

他人と関わることでマナーや相手の気持ちなども理解できるようになってきます。

友達という存在について興味を持つ

家族だけでなく、自分と同じ背丈で、自分と同じようなことをする同年齢の子たちに興味を持ち始めます。友達を作りたくなり、友達と同じことをしたくなるのです。

友達との関係を通して怒りや悲しみ、我慢など様々な感情が芽生え成長していくのですね。

同世代の友達と抵抗なく遊ぶことができる

3歳児の社会性の成長の特徴として、公園などの公共の場で遊んでいる時に、知らない同年代の子が来たとしても抵抗なく遊ぶことができるようになるのです。

どんな子とも友達になれるのは子どもの持っている能力の1つですね。

何かしたい時、欲しい時に前もって聞ける

言葉面でも色々なことが理解できるようになってくるのが3歳児の発達の特徴です。「これで遊んでもいい?」などと行動する前に大人に聞くことができるようになってくるのです。

場所や場面によってのマナーを理解できる

ショッピングモールなどの公共の場所や騒いではいけない場面でのマナーを理解できるようになってきます。「静かに話そう」と伝えれば、小声で話をすることもできます。

「これをしたら他人に迷惑がかかる」とマナーやルールを徐々に理解できるようになってくるのです。

相手の表情と感情を読み取ることができる

子どもはどんな大人のことをよく見ていて、聞いています。口にしなくてもママが疲れていると、子どもはママの表情で気づきます。

大人が思っているよりもずっと大人の表情や話を理解していると言われています。子どもは感情を読み取る能力に長けているのです。

自分の物を他人に見せたがる

「これ見て!」などと自分の物をみんなに見せたがるようになるのも3歳児期の特徴です。また自分が描いた絵や作った物を見てもらい「すごいね!」などと褒めてもらうことで自信をつけることができるのです。

3歳児が遊びでできることは?

3歳児になると1人でなんでもやってみたいという気持ちが芽生え、指先も器用になるのでさまざまな遊びができるようになります。

家でママやパパと気軽に楽しめる遊びもたくさんあります。大人が3歳児ができる遊びを知っているだけで、子ども遊びの世界をどんどん広げてあげることができるでしょう。

友達とおもちゃなどのシェアができる

社会性を学んでいく中で、友達との遊び方について理解できるようになっていきます。勝手におもちゃを取るのではなく「おもちゃ貸して」「一緒に遊ぼう」などの声もかけられるようになります。

おもちゃを貸してあげたり、また「あとで貸して」と声をかけ我慢をすることもできるようになっていくのです。

ごっこ遊びができる

3歳児の遊びの特徴はおままごとなどのごっこ遊びができるようになることです。ママ役の子とお姉ちゃん役の子など役を割り振って遊ぶことができるのです。

またお医者さんごっこやお店屋さんごっこも人気で、多様なごっこ遊びをするようになります。

(イヤイヤ期がないのは病気・発達障害なの?については以下の記事も参考にしてみてください)

イヤイヤ期がないのは病気・発達障害なの?後々、子供の成長に影響する?

ジェスチャーを理解することができる

言葉にしなくてもジェスチャーだけで理解できるようになってくるので、3歳児になると遊びの幅が急に広がります。手を口元に運び、口元を動かすだけで「食べる」と理解することができるのです。

他にも「飲む」や「食べ物を切る」など3歳児が理解できる簡単なジェスチャーは多くあります。

簡単な手遊びができる

運動面での発達により、指先が器用になり、指も曲げられるようになります。そのため簡単な手遊びであればできるようになります。

三角や丸などの形も理解できるようになってくるので、手で形を作る手遊びなどはすぐにできておすすめです。

3歳で身に付けておくべき思考力

3歳になると脳の前頭葉が大きく発達してきます。言葉を覚える能力、自分で考える能力などがどんどん伸びてくる時期なのです。

思考力を伸ばしてあげるには日頃から自分で考えさせ、0歳から今までの間に覚えてきたことを思い出させてあげることが大切です。

時間軸を理解する

3歳になると時間の流れについても理解できるようになってきます。しかしながら、過去のことは全て「昨日」となるのがこの3歳児期の特徴です。

子どもの時間軸は現在の「今」と過去の「昨日」となっています。「おばあちゃんちに行ったのはおとといだよ」などと時々教えてあげると、昨日以外の時間軸の言葉を学びやすくなるでしょう。

数を認識する

日々の生活の中で数を認識し始めるのも3歳児期です。1~5くらいまでは数えられますが、数字を見て認識するのは難しい子も多いでしょう。中には1~10まで数えられる子もいて、数の認識にも個人差があります。

「りんごを2つちょうだい」などと数と遊びを繋げていくと、子どもは自然と数を覚えられるようになると言われています。

色・形を認識する

色の違いや三角や丸などの形も認識できるようになってきます。色の違いに興味を持ち、自分の好きな色の名前から覚え始める子が多いです。

形は三角・四角・丸など簡単なものであれば認識できます。ハートや星などを知っている子もいます。

3歳の子どもの成長を見守ろう

3歳の言葉・運動・生活の面での発達段階の目安について紹介しましたが、あくまで発達段階の目安となります。これらのことが全てできていいないとだめというわけでは決してありません。

子どもの成長には個人差があります。お子さんの性格や成長の速度に合わせてあげることが大切な場合もあります。子どもの成長を見守りましょう。

関連する記事