妊娠初期につわりの症状!吐き気の原因と対策!つわりにも種類がある?

【医師監修】妊娠初期には多くの妊婦さんが吐き気を伴うつわりを経験します。「つわりの吐き気をなんとかしたい」という方も多いでしょう。そこで今回は妊娠初期のつわりによる吐き気の原因と対策、つわりの種類などについてご説明します。本記事を参考に、辛いつわりを乗り越えましょう。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠初期のつわりはいつから始まるの?
  2. 妊娠初期の吐き気の原因は?
  3. 妊娠初期の吐き気対策
  4. 妊娠初期のつわりは吐き気だけではない!
  5. 妊娠初期の吐き気やつわりはいつから治まるの?
  6. 妊娠初期の吐き気による弊害
  7. 突然つわりや吐き気の症状がなくなったら
  8. 妊娠初期はつわりの症状に合わせた対策をしよう

(高温期については以下の記事も参考にしてみてください)

高温期はいつからいつまで?平均期間は?基礎体温が下がるのはいつ?
高温期とは?体温は何度くらい?基礎体温の測り方と妊娠しやすいタイミング!

吐き気の症状がぶり返すことも

「つわりが終わったと思ったのに、また吐き気がぶり返した」という妊婦さんも少なくありません。妊娠初期だけでなく、妊娠中期から後期にかけても「大きくなったお腹が内臓を圧迫する」「ホルモンバランスが乱れる」といった理由で吐き気の症状がぶり返すこともあります。ただ、妊娠初期のものに比べると症状は軽度であるケースがほとんどです。

妊娠初期の吐き気による弊害

妊娠初期に強い吐き気を経験することで、つわりの時期以降も身体に不調がみられることがあります。早めの対処が必要なものもありますので、吐き気が治まった後も不調を感じたら病院を受診しましょう。では、こちらで妊娠初期の吐き気による弊害についてご説明します。

胃痛

妊娠初期にひどい嘔吐を繰り返すと、胃に負担がかかった状態が続きます。そのため、吐き気が治まって以降も胃痛を感じる妊婦さんも少なくありません。「小分けして食事を摂る」「ゆっくり噛んで食べる」「お腹を温める」といった対処をしても改善されない場合は、病院を受診すると良いでしょう。

(妊娠中の胃痛については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の胃痛!原因と対処法は?薬は大丈夫?流産の可能性は?

逆流性食道炎

妊娠初期に強い吐き気がみられた場合、胃酸が逆流して食道の炎症を引き起こす「逆流性食道炎」になっている可能性があります。初期症状には「げっぷ」「胸やけ」などが挙げられますが、悪化すると強烈な胃痛などが起こるでしょう。逆流性食道炎は早期のうちに治療することが大切です。気になる症状があれば、早めに病院を受診してくださいね。

カズヤ先生

産婦人科医

この辺りの症状に有効な薬剤として、胃粘膜保護薬があります。 妊娠中の胃痛を和らげる作用もありますし、消化管の保護の意味もあります。 比較的妊娠中にも安全に使用できるお薬ですので、かかりつけ産婦人科医に相談してみましょう。

(妊娠中のげっぷについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期にげっぷが多い原因は?つわりと関係が?症状と対処法!

突然つわりや吐き気の症状がなくなったら

妊娠初期には「まだつわりが落ち着く時期じゃないのに、吐き気が突然なくなった」という状況になることもあるでしょう。つわりが落ち着く時期には個人差があるため、妊娠初期で吐き気がなくなってしまうこともあります。

しかし、つわりの消失に伴って「出血」「基礎体温の低下」などの症状がみられた場合は、赤ちゃんが危険な状態に陥っている可能性も否定できません。「つわりがなくなったと思ったら、稽留流産していた」というケースも非常に多いので、早めに病院を受診しましょう。

(稽留流産については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事