妊娠超初期の胃痛について!原因と対策!妊娠の兆候?体験談も!

【医師監修】妊娠超初期のつらい胃痛。経験する人が少なくないのに、なかなか知られていないつわり症状の一つです。妊娠の兆候として表れることもある、胃痛の原因と、痛みを少しでも和らげ、妊娠超初期のデリケートな時期を乗り切る方法をご紹介します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 妊娠超初期とは?
  2. 胃痛は妊娠の兆候?
  3. 妊娠超初期の胃痛・腹痛は流産の可能性も!
  4. 妊娠超初期の胃痛の原因はホルモンバランスの乱れ?
  5. 妊娠超初期の胃痛のその他の原因
  6. 妊娠超初期の胃痛の対処法
  7. 妊娠超初期の胃痛の種類と痛みの特徴
  8. 妊娠超初期の胃痛を和らげる食品
  9. 妊娠超初期の胃痛に関する先輩ママの体験談
  10. 妊娠超初期をリラックスして乗り切ろう!

妊娠超初期をリラックスして乗り切ろう!

このように妊娠超初期に起こる胃痛は、ホルモンバランスの変化やストレスや不眠などの精神的な要素も関わります。妊娠超初期は妊娠の自覚がない人も多く、生活のリズムが崩れていたり食事がきちんととれていなかったりと、胃酸をさらに悪化させてしまいがちの時期です。

しかし妊娠超初期は受精卵が着床し、妊娠が成立する大事な時期。デリケートな時期だけに「流産してしまったらどうしよう」「つわりに耐えられるだろうか」などと、不安になってしまう人もいるようです。過度なストレスはなるべく避けながらつわりへの対処法を身に着けて、上手にこの時期を乗り越えていきましょう。

関連する記事