銀行員との結婚の注意点!現役妻達が語るメリ/デメ!年収や円満の秘訣も!

銀行員の男性との結婚生活ってどんなのか気になりますよね…!この記事では、実際に銀行員男性と結婚した現役妻たちが語る、彼らとの結婚生活のメリット・デメリットや、平均年収など赤裸々に激白!銀行員旦那との円満生活の秘訣や、そもそも銀行員の男性との出会いの作り方も。

目次

  1. 銀行員との結婚は要注意!その理由は?
  2. 銀行員旦那の特徴は?平均年収は?結婚すると出世するってホント?
  3. 銀行員と結婚してわかったメリット・デメリット7つ
  4. 転勤ばっかりな銀行員旦那との円満生活の秘訣5つ
  5. そもそも銀行員と出会う方法は?
  6. 銀行員の彼氏を上手に探そう!

銀行員との結婚は要注意!その理由は?

銀行員というと結婚相手としてどんな印象がありますか?高収入で安定性がある職業、旦那さんも真面目そうで…と思うかもしれません。でも実は銀行員と結婚してみて初めてわかる、あまり知られていない現実があるようで少し注意も必要です。この記事では銀行員との結婚生活について、その特徴やメリット・デメリット、円満生活の秘訣を現役妻の意見も交えながら解説していきます。

彼氏の結婚本気度診断・25のチェック項目!発言など彼のサインを見逃すな!
結婚したい男の特徴は?性格・外見から職業・年齢など女子の本音炸裂!

銀行員旦那の特徴は?平均年収は?結婚すると出世するってホント?

銀行員は結婚する年齢が比較的早い人が多いのが特徴です。早い人は20代半ばから学生時代の恋人などと結婚し始め、30歳以上になると支店のほとんどが既婚者というケースも珍しくありません。また信用に重きを置く職業のためか、現在では減ってきていますが、結婚の時に本人または親が相手の身辺調査をすることもあります。

気になる銀行員の年収ですが、昔ほどの高収入ではないもののやはり全業種の平均から考えると高めの傾向にあるようです。ちょうど結婚の時期である30歳前後から役職に就く人が出て、平均年収がぐんと伸びる特徴があるので、結婚すると出世するイメージを持たれやすいです。ここで地銀とメガバンクにわけて、その特徴を説明します。

地方銀行

銀行によって差はありますが、地銀の新入行員の年収は300万円台からスタートします。30歳前後から年収がぐんぐん上がり、50歳頃平均年収は800万円を超えピークとなります。メガバンクと比べると地銀の収入は見劣りするかもしれませんが、転勤があっても転居を伴うものは少ない、地元密着で働きやすい、などの地銀ならではのメリットも考えられます。

結婚前提の付き合い!プロポーズまでの期間&流れ!告白や同棲の挨拶なども!

メガバンク

メガバンクは総合職の新卒の年収が400万円前後からスタートします。20代後半から30代前半にかけて収入が伸び、40代で平均年収が1,000万円台となりますが、個々の年収は役職や実績によりかなりの差があります。また50歳を過ぎると出世を続ける人もいる一方で、メガバンクの関連会社へ出向または転籍となる人が増え、年収格差は大きなものとなります。

遠距離恋愛から結婚したカップルに学ぶ…幾多の試練&やるべき10のこと!

銀行員と結婚してわかったメリット・デメリット7つ

ここまで銀行員の特徴や収入についてご紹介してきましたが、実際に結婚してみて初めてわかることもあるのでしょうか?そこで現役妻たちに、銀行員と結婚してわかったメリット・デメリットについて教えてもらいましょう。

男が結婚を後悔する瞬間&その理由9選!結婚後悔症候群かも?実体験多数!

関連する記事