2歳児の体重・身長の目安は?発達が平均値と差がある場合の対処法も!

【医師監修】赤ちゃんの成長はあっという間!段々と自意識が芽生えコミュニケーションが取れるようになってくる2歳児の体重・身長や発達の目安をはじめ、2歳児の体重・身長が気になるママが食事で気を付けるべきポイントもご紹介します。先輩ママの体験談も必見です。

専門家監修 | 小児科医 渡邉恵里
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。

目次

  1. 2歳児の身長・体重の目安は?
  2. 2歳はどんな発達が見える時期?
  3. 2歳児の言葉の発達の目安は?
  4. 2歳児の身長・体重が気になる…食事で気を付けるポイントは?
  5. 2歳児の子供の発達は個人差が大きい!

2歳児の身長・体重の目安は?

2歳児の各月齢ごとの平均身長、平均体重を男の子と女の子に分けて紹介します。

2歳男の子の身長・体重の平均値

2歳児月齢身長体重
2歳0ヶ月85.4cm11.5kg
2歳1ヶ月86.2cm11.7kg
2歳2ヶ月86.9cm11.9kg
2歳3ヶ月87.6cm12.0kg
2歳4ヶ月88.3cm12.2kg
2歳5ヶ月88.9cm12.4kg
2歳6ヶ月89.6cm12.5kg
2歳7ヶ月90.2cm12.7kg
2歳8ヶ月90.8cm12.8kg
2歳9ヶ月91.5cm13.0kg
2歳10ヶ月92.1cm13.2kg
2歳11ヶ月92.7cm13.3kg

2歳児の男の子は、1年間で平均8cm伸びます。男の子の場合は、女の子に比べて1cmずつ大きいと考えましょう。また、2歳児の男の子の体重は、1年間で平均2kg増えます。

2歳女の子の身長・体重の平均値

2歳児の女の子は1年間で平均8cm身長が伸びます。男の子よりも1cmずつ小さいというのが一般的な目安となっています。また、2歳児の女の子の体重は、男の子と同様に1年間で平均2kg増えます。

2歳児月齢身長体重
2歳0ヶ月84.3cm10.9kg
2歳1ヶ月85.0cm11.2kg
2歳2ヶ月85.7cm11.3kg
2歳3ヶ月86.4cm11.5kg
2歳4ヶ月87.1cm11.7kg
2歳5ヶ月87.7cm11.8kg
2歳6ヶ月88.4cm12.0kg
2歳7ヶ月88.4cm12.0kg
2歳8ヶ月89.0cm12.2kg
2歳9ヶ月90.3cm12.5kg
2歳10ヶ月90.9cm12.7kg
2歳11ヶ月91.6cm12.9kg

ただし、この平均身長はあくまでも目安の数値になります。平均から外れているからといって、すぐに何か問題があるということにはなりません。平均±2SDの範囲内なら正常です。「成長に関して問題ない」とされる範囲の幅は広いため、平均にとらわれる必要はないでしょう。成長曲線に沿ってその子なりの伸びを示していれば問題はありませんよ。(※1)

「±2SD」の意味が分からない、というママも多いでしょう。SD値というのは、標準偏差という意味を持っています。SDスコアと平均値を使用して、子供の成長が平均値からどのくらい離れているのかということを調べる方法です。難しく感じるかもしれませんが、SDスコアお早見表を見れば、子供の実際の身長を測るだけで簡単にSDスコアを知ることができます。

SDスコアの計算方法は簡単です。
●SDスコア=(身長の実測値-平均身長)÷SD(標準偏差)

一般的には+2SD~-2SDまでが問題ないとされる成長の範囲になります。-2SDの成長曲線を下回っているようであれば低身長になります。

渡邉恵里

小児科医

小児の発育の評価としては、大人のようなBMIを用いたワンポイントの評価ではなく、成長曲線に身長と体重をプロットして、その変動をみる事が一般的です。個人差が大きいので、平均にとらわれず、その子の成長の仕方に注目しましょう。成長曲線は母子手帳についているもので構いません。


(1~3歳の平均サイズについては以下の記事も参考にしてみてください)

1歳,2歳,3歳のサイズの平均は?正しい測り方は?間違うと足が歪む?

2歳はどんな発達が見える時期?

2歳になると少しずつ色々なことができるようになってきます。具体的にどんな発達がみられるのか紹介していきましょう。

1~3まで数を数えられる

2歳のママ

30代

指で3ができるようになった2歳の娘。街で出会ったおばちゃまトリオに「いくつ?」と聞かれて、「2ちゃい!」と言いながら指は3本しっかり伸ばすという…(笑)習得した「3」を実践したかったんだと思います。

2歳になると、1~3までを数えられるようになります。また「2個」を理解し、5個あるところから2個を手に取ることもできます。手先が器用になるので、指を「1」「2」「3」と伸ばすことができる子もいるでしょう。数字と伸ばす指の数が一致するように少し練習してみましょう。

関連する記事