新生児の生理的体重減少とは?計算式は?体重が戻らない場合は危険?

【医師監修】新生児の生理的体重減少について知っていますか?この記事では、新生児の生理的体重減少の原因や、生理的体重減少率の計算式や〈母乳育児〉〈ミルク育児〉で変わる目安について紹介します。さらに、生理的体重減少がない、減った体重が戻らない場合などについても紹介します。

目次

  1. 新生児の生理的体重減少とは?原因は?
  2. 新生児の生理的体重減少率の計算式を紹介!
  3. 母乳・ミルク育児での新生児の生理的体重減少率の目安
  4. 新生児に生理的体重減少がない、減った体重が戻らない場合は危険?
  5. 新生児の生理的体重減少は自然な現象!

新生児の生理的体重減少率の目安は、母乳育児とミルク育児とで異なります。母乳育児の場合の生理的体重減少率は、およそ5~7%です。また、ミルク育児場合の生理的体重減少率はおよそ3~5%になります。

生理的体重減少率の許容範囲の目安は10%です。そのため許容範囲の体重減少は、出生時の体重×0.1(10%)=生理的体重減少の許容範囲(g)という計算式で求められます。この数値からはみ出してしまった時は注意が必要になります。

会社員

30代

うちは授乳するとすぐに寝ちゃう赤ちゃんで、おかげで授乳量が足りず生理的体重減少率がピーク時で10%以上に…。そのため入院期間も長引いて大変だった。何とか寝ないように母乳を飲ませ、入院9日目で体重が増加傾向になって退院できました。

母乳、ミルク育児どちらの場合でも、生理的体重減少率が10%以上になると、赤ちゃんの身体に何か異常がある可能性が出てきます。生理的体重減少率がピーク時で10%を超えていたり、減少のピークからなかなか戻らない時は医療機関を受診するようにしましょう。

(新生児の育児については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の授乳時間の目安を知りたい!時間が長い原因と対策は?

新生児に生理的体重減少がない、減った体重が戻らない場合は危険?

新生児の生理的体重減少は、ほとんどの赤ちゃんに起こる自然な現象です。そのため、生理的体重減少がなかったり、減った体重が戻らない、10%以上も減少してしまう時は何らかの問題があることも考えられます。

生理的体重減少がない場合

新生児の生理的体重減少がない・少なすぎる場合、赤ちゃんの身体に問題や異常が隠れている可能性が考えられます。腸などの消化器官に問題があり、おしっこやうんちの回数や量が少ないと生理的体重減少がないこともあります。また、皮膚からの水分蒸発がうまくいかずに生理的体重減少が起こっていない場合もあるでしょう。

この場合、家庭で生理的体重減少がない原因を突き止めるのはとても難しいといえるでしょう。おしっこやうんちの量・回数が少ない、生理的体重減少がないという時は、すみやかに医療機関を受診するようにしましょう。

出生時より10%以上減少する場合

新生児の生理的体重減少が10%以上だった場合、赤ちゃんの身体に脱水や新生児黄疸、低血糖などの異常が起こっている可能性があります。また、母乳やミルクをうまく飲めていない可能性もあるでしょう。

専業主婦

30代

生まれてすぐ、思うように母乳も出ないし赤ちゃんもうまく飲めず、生後2日目に出生体重からマイナス11%になってしまいました。これがピークだったけど、そのまま横ばいで体重が増えず。生後3日目からミルクを足して、8日目にようやくマイナス3%まで戻り退院できました。

生後間もない赤ちゃんの身体はとても小さいため、10%以上の体重減少は身体への負担や影響がとても大きいと考えられます。出生時よりも10%以上体重が減ってしまった場合は、すみやかに医師に相談するようにしましょう。

富田規彦

小児科医

産院で出産された方は、入院中の体重変化をもとに、助産師さんからのアドバイスがあります。気になること、分からないことは、まずはご相談下さい。

減った体重が戻らない場合

新生児の生理的体重減少で減った体重が標準的でも、なかなか体重が出生時に戻らない場合は注意が必要です。特に、出生後1週間たっても体重が減り続ける場合や、出生後2週間たっても体重が戻っていない時は医師に相談する必要があるでしょう。

サービス業

20代

赤ちゃんの生理的体重減少は知っていたけれど、なかなか戻らないので心配になった。減少率は大丈夫だったけど、その後戻らないから入院が伸びるかもと言われました。結局、母乳がちゃんと足りてなくてミルクを足すようにしたら体重は戻ったよ。

体重が10%以上減少した時と同様に、赤ちゃんの身体に病気などの問題が隠れていることも考えられます。また、母乳やミルクが足りておらず赤ちゃんの成長に影響が及んでいる可能性もあります。なかなか体重が戻らない時は、その原因を見つけるためにも医療機関を受診することをおすすめします。

また、減った体重は戻っても、その後体重が増えないというケースもあります。特にミルクを足さず母乳のみで育ている場合に多いと言えるでしょう。授乳回数が少なかったり、母乳がしっかり飲めていないということも考えられます。新生児の体重が増えないのを放置していると、その後の成長に影響がある可能性もあるため慎重に推移を確認しましょう。

新生児の生理的体重減少は自然な現象!

関連する記事