おしゃぶりは出っ歯に?歯並びが悪くなる?影響や正しい使い方、対策も!

【医師監修】おしゃぶりが赤ちゃんの歯並びや出っ歯に影響があるのでしょうか?この記事では、赤ちゃんのおしゃぶりは出っ歯になりやすい?という疑問をはじめ、歯並びへの影響、正しい使い方・対策について紹介します。さらに、おしゃぶりの卒業時期や、おすすめのおしゃぶりも紹介します。

専門家監修 | 小児科医 新井昇子
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、...
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、そしてモンテッソーリ教育の考え方を統合した普遍的な子育て論を構築し、子育てやご自身の人生について悩んでいる保護者様とその子供たち、両者にとっての幸せの形を一緒に探るお手伝いができればと思います。

現役小児科医のリアル子育ち・自分育て

目次

  1. 赤ちゃんのおしゃぶりは出っ歯に?歯並びへの影響は?
  2. おしゃぶりで歯並びが悪くならないための正しい使い方と対策
  3. おしゃぶりの卒業時期は?
  4. 出っ歯になりにくいおしゃぶりおすすめ6選
  5. おしゃぶりと歯並びに関する体験談
  6. おしゃぶりは正しく使えば出っ歯にならない!

赤ちゃんのおしゃぶりは出っ歯に?歯並びへの影響は?

赤ちゃんが指しゃぶりをしたり、おしゃぶりをするのは生理的な行動であり、過度に心配する必要はないといわれています。赤ちゃんの指しゃぶりやおしゃぶりを使うことは、ママが忙しい時に赤ちゃんが大人しくしていてくれるという育児においてのメリットにもなるでしょう。

しかし、赤ちゃんのおしゃぶりの使用や指しゃぶりは歯並びに影響するともいわれています。出っ歯を心配しておしゃぶりを与えるのを控えているというママもいるのではないでしょうか?まずは、おしゃぶりの使用が赤ちゃんの歯並びにどのような影響を与えるのかを紹介していきます。

(赤ちゃんのおしゃぶりについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児のおしゃぶりはいつから?効果や悪影響は?発語が遅れるって本当?

出っ歯になる可能性がある

おしゃぶりの長期の使用は子供の歯並びに影響があり出っ歯になる可能性があります。まだ歯が生えていない新生児期から生後6ヶ月くらいであれば、出っ歯になる影響はほぼないといえるでしょう。しかし、歯の生え始める時期におしゃぶりを頻繁に使っていると、歯並びに悪影響があると考えられます。

生え始めたばかりの歯はまだしっかりしておらず、おしゃぶりや指しゃぶりの力で簡単に動いてしまいます。動いた位置のまま歯が成長してすると、子供の歯は出っ歯になる可能性があるのです。

会社員

30代

うちの子はおしゃぶりを2歳半すぎても卒業できなかったためか、歯医者さんで「上顎前突」気味と言われてしまいました。出っ歯ということが分かってから、とても心配になってすぐにおしゃぶりは卒業させました。

おしゃぶりをたくさん使わせたせいで出っ歯になったらかわいそうなので…。

出っ歯の状態を歯科用語では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます(※1)。上顎が前に突き出した状態をいうため、簡単にいうと出っ歯ということになりますね。上顎が前に出た出っ歯の状態だと、噛み合わせも悪くなります。

噛み合わせが悪くなる

赤ちゃんの生え始めたばかりの歯はしっかりしていないため、おしゃぶりや指しゃぶりによって動くと噛み合わせが悪くなってしまうことも考えられます。長い期間ひんぱんにおしゃぶりをしていることで、前歯が出っ歯になるだけでなく奥歯にまで影響が出てしまうのです。

しっかり噛んでいるのに上と下でずれてしまう交叉咬合(こうさこうごう)と診断されると、子供の時期から矯正治療が必要になることもあります。

開咬になることも

事務

30代

新生児から、育児の助けとしておしゃぶりを使い始めました。本人もおしゃぶりが大好きになって手離せなくなり、結局子供は2歳半で開咬気味と診断されてしまいした。開咬を矯正するおしゃぶりもあると聞いて、それを使って治すことができたよ。

おしゃぶりの使用や指しゃぶりで、赤ちゃんが開咬になることもあります。開咬とは、奥歯はしっかり噛み合っているのに前歯の上と下が合わず隙間が出きてしまう状態のことです。開咬は、奥歯はあっているのに前歯は何かをくわえているような状態となるため、噛み合わせも悪くなり歯並びも悪くなります。

おしゃぶりで歯並びが悪くならないための正しい使い方と対策

子供の歯並びを悪くしたり出っ歯にしないためには、おしゃぶりを正しく使うことが大切です。ここでは、出っ歯や歯並びが悪くならないためのおしゃぶりの正しい使い方と対策について紹介します。

強く噛む場合は使用をやめる

おしゃぶりを使う時、赤ちゃんがおしゃぶりを強く噛む癖がある場合は使用をやめる必要があります。おしゃぶりを強く噛むと、おしゃぶりが破損して口の中を傷つけたり誤飲してしまう可能性があるため注意が必要です。また、正しいくわえ方でおしゃぶりを使っていないと、子供の歯並びに影響を及ぼすことも考えられます。

歯固めの代わりに使用しない

赤ちゃんの歯は生後6ヶ月頃から生え始めますが、おしゃぶりを歯固めの代わりに使用することは避けましょう。歯が生え始めるとムズムズするため、その時期におしゃぶりを使用している赤ちゃんはどうしてもおしゃぶりを強くかじってしまうことがあります。そうすると、おしゃぶりが破損し誤飲のリスクも考えられます。

また、おしゃぶりを通常の使用方法で使わないと、出っ歯など子供の歯並びに影響がある可能性も考えられるため注意しましょう。

習慣化させない

出典: https://b8m1bzvtgx4fsz.cdn.jp.idcfcloud.com/production/imgs/images/000/260/509/original.jpg?1568078614

おしゃぶりは育児の助けとなることも多いですが、あまり頼りすぎると悪影響があることも考えられます。おしゃぶりを習慣的に使うことは、子供の歯並びだけでなく言葉の発達に影響がある場合もあるため注意しましょう。

赤ちゃんにおしゃぶりを使用する場合は、習慣化させないことが大切です。いつもおしゃぶりや指しゃぶりをしたがる場合は、ママやパパが習慣にならないよう注意してあげましょう。

新井昇子

小児科医

おしゃぶりは習慣化すると、赤ちゃんにとってなくてはならないものになってしまいますので、そうならないような使い方を心掛けると卒業も比較的簡単ですね。どうしても手が離せないとき短時間だけ使用するなど工夫しましょう。 おしゃぶりを卒業した後、指しゃぶりをすることもあると思いますが、注意をしたり叱ったりしてやめさせるのは逆効果です。 こどもの意識を指しゃぶりに向けさせないように、自然な形で違うことに興味を持って行って気が付いたらやめていたというのが、お互いにとってストレスがなくていいですね。 指しゃぶりするたびに注意する必要はなく、ほかに注意を持っていけなくても大丈夫です。毎回成功する必要はありません。保護者の気が重くなるようなら、無理せず、ご自身の状態の良い時に試すという感じで進めていきましょう。 写真は開口状態の歯並びです。ものが咬みにくい、虫歯のリスク、発音が悪くなるなどの症状が出ます。もしこのような状態になっていたら矯正歯科を受診しましょう。

おしゃぶり以外のことで気を紛らわせる

おしゃぶりや指しゃぶりを習慣化させないためには、赤ちゃんの気を紛らわせてあげることも大切です。おしゃぶりを欲しがったり、指しゃぶりを始めたら、赤ちゃんとスキンシップをとったり手遊びをするなど、おしゃぶりから気持ちをそらせてあげましょう。

(赤ちゃんとの手遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんとの絆を深める手遊び!人気の手遊び歌7選【動画で解説】

おしゃぶりの卒業時期は?

おしゃぶりや指しゃぶりの卒業時期はいつ頃か知っていますか?赤ちゃんには新生児の頃から、吸いつく反射がありますが、この反射は大体生後5〜6か月にはおさまっていきます。そのため、おしゃぶりや指しゃぶりの卒業も大体1歳頃を目安と考えるとよいでしょう。

専業主婦

30代

育児の助けになるので、新生児の頃からおしゃぶりを使っていました。だから、卒業させるのがとても大変で…。おしゃぶりを与えないと今度は指しゃぶりをしてしまって。

ごはんをよく食べるようになって、子供がおしゃぶりより飲み物やおやつを欲しがるようになってようやく卒業できたよ。

おしゃぶりを無理やり卒業させるのはママも赤ちゃんも大変です。1歳ごろから徐々に回数を減らし、遅くとも2歳半のころまでには卒業できるよう注意してあげましょう。1歳6ヶ月以降もおしゃぶりを使っている子供は、開咬になりやすいというデータもあります。子供を開咬にしないためには、1歳半の卒業を目安にするとよいでしょう。

(赤ちゃんの指しゃぶりについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの指しゃぶりはいつから?止めさせるべき?悪影響はあるの?

出っ歯になりにくいおしゃぶりおすすめ6選

おしゃぶりの中には、出っ歯になりにくいものや歯並びに影響の少ない作りのものもあります。ここからは、赤ちゃんにおすすめの出っ歯になりにくいおしゃぶり6選を紹介します。赤ちゃんの出っ歯を防ぎたいママは、ぜひチェックしてみましょう。

(おしゃぶりの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

おしゃぶりの上手な選び方は?先輩ママのおすすめ13選!口コミ多数

1. チュチュベビー 蓄光デンティスター

チュチュベビー 蓄光デンティスター
894円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

正常な歯並びの形成をサポートする作りで、出っ歯になりにくいチュチュベビーのおしゃぶりです。台座部分が光るので、夜中に赤ちゃんに使う時でも安心です。新生児期から生後6ヶ月ごろまで使えます。

ドイツの医師が、子供の歯が出っ歯になりにくいように考案したおしゃぶりで、赤ちゃんへの歯への影響もしっかり考えられています。新生児〜6ヶ月用だけでなく、6~12ヶ月用も販売されており、子供の月齢にあわせて選ぶことができます。

楽天レビュー

★★★★★

出っ歯にはなって欲しくないけど、グズり対応のためにと探して、この商品にたどり着きました。
ウチの子は好きみたいで、ちゃんとおしゃぶりしてくれて、泣きやみます。
泣き出すとどうにもならず、頻回授乳してましたが、これのおかげでホントにお腹空くまで間隔あけられるようになって助かります。

素材シリコンゴム
対象年齢新生児から生後6ヶ月

2. チュチュベビー ミッフィー デンティスター

チュチュベビー ミッフィー デンティスター
918円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

チュチュベビーの出っ歯になりにくいおしゃぶりのミッフィーバージョンです。子供の自然な口腔の発達のために作られたおしゃぶりで、出っ歯など歯並びへの影響を気にせず使うことができます。かわいらしいミッフィーのデザインが嬉しいですね。

楽天レビュー

★★★★★

こういう物があることを知らなかったので早速購入しました。問題なく使えてます。

素材シリコンゴム
対象年齢新生児から生後6ヶ月

3. NUK おしゃぶり ジーニアス

NUK おしゃぶり ジーニアス
700円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

助産師や医師・ 栄養士などの専門家と共同で研究・開発を続ける、ドイツNo. 1ブランド「NUK(ヌーク)」のおしゃぶりです。ママの乳首の形を再現した作りで、赤ちゃんの歯並びや出っ歯への影響を最小限におさえられることが期待できます。

こちらはシンプルタイプのものですが、デザイン展開も豊富で選ぶ楽しみもあります。また3サイズ展開されているので、赤ちゃんの月齢にあわせて使うことができます。

Amazonレビュー

★★★★★

午前中ずっと泣いていて家事が進まないのと、授乳後に飲まないけれどおっぱいを探して泣くことが多いので買ってみました。
効果は抜群!!
くわえさせた瞬間からちゅぱちゅぱ吸い出し、静かになったと思ったら5分くらいで寝ました。これにはびっくりです。
依存すると怖いので、寝ない時やどうしても静かにしてほしい時のみ使おうと思っています。

素材ニップル・シリコン、ポリプロピレン、リング・ポリプロピレン、キャップ・ポリプロピレン
対象年齢Sサイズ0~6ヶ月、Mサイズ6〜18ヶ月

4. Eco Baby NATURSUTTEN 歯科矯正型

Eco Baby エコ ベビー社 おしゃぶり NATURSUTTEN
1,296円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

デンマーク「Eco Baby社」の、天然ゴム100%の安心・安全なおしゃぶり「NATURSUTTEN(ナチュアスッテン)」です。赤ちゃんが吸った時のママの乳首に限りなく形を近づけているため、赤ちゃんの口にしっかりフィットします。厳密には歯並びを矯正する作りではありませんが、歯並びや出っ歯への影響が少ない形のおしゃぶりになります。

楽天レビュー

★★★★★

指しゃぶりがやめられない娘(3才)のために購入。歯科医より「エコベビーの歯科矯正型」と使うようにと指示がありました。
指をしゃぶると少しずつ前歯が押し出されるので、かわりにおしゃぶりを与えています。2才半からつかっています。効果はよくわかりませんが、親としては今以上に前歯が押し出されるとこは避けたいので。定期的に買い換えています。

素材天然ゴム100%
対象年齢S・0歳(~6ヶ月)M・0歳(6~12ヶ月)L・1歳(12ヶ月~)

5. マッピー オーラルスクリーン ワイヤーガード付

マッピー オーラルスクリーン ワイヤーガード付
7,101円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

開咬気味になった子供におすすめの、ワイヤーガード付きのおしゃぶりです。5歳まで使えるタイプで、子供の口元の悪癖の抑制のために使用することができます。唇の後ろと前歯の前にゆるくはまる作りで、舌が出てきて開咬気味になってしまうのを抑制します。

開咬の症状を抑制するタイプ以外に、指しゃぶり防止のプレーンタイプ、下顎が後方に変位している症例にあわせたバイトキャップ付きなどさまざまなタイプのものが販売されています。

楽天レビュー

★★★★☆

出っ歯の方が気になり、子供の口元を観察していると舌が常に下前歯のところで待機しているように見えます。なので、舌が前歯に当たらないためにこのワイヤータイプを購入してみました。☆が4つなのはまだ結果が分からないのと、価格が高いからです。もう少し安ければいいんですが、こういう矯正器具は高いですよね。。

素材プラスティック製
対象年齢5歳まで

6. テテオ おしゃぶり 入眠ナビ

テテオ おしゃぶり 入眠ナビ サイズM スウィートホワイト
462円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

赤ちゃんが眠りにつく時に使う、テテオのおしゃぶりです。はずれにくく、コンパクトで寝付きやすい作りになっています。前歯に配慮した薄いフォルムで、出っ歯などの歯並びへの影響を軽減させます。赤ちゃんが眠ったら、忘れずにおしゃぶりをはずしてあげるよう注意しましょう。

楽天レビュー

★★★★☆

子供が非常に気にいって使ってます(^_-)-☆

素材シリコンゴム
対象年齢2、3ヶ月~10ヶ月頃

おしゃぶりと歯並びに関する体験談

ここからは、先輩ママたちのおしゃぶりと歯並びに関する育児体験談を紹介します。おしゃぶりの使用に不安があるママや、歯並びが心配なママは参考にしてみましょう。

(育児体験談については以下の記事も参考にしてみてください)

イヤイヤ期はいつからいつまで?1〜2歳頃の対応方法は?ママの体験談をもとに紹介

乳臼歯交叉咬合(にゅうきゅうしこうさこうごう)になってしまった

会社員

20代

新生児の頃からおしゃぶりを使っていて、特に外出の時はおしゃぶりにかなり助けられました。本当に育児の必須アイテムでした。でも、3歳まで使ってしまったからか、健診の時に乳臼歯交叉咬合と言われてしまい…。

でも、おしゃぶりを卒業したら約3ヶ月で普通の噛み合わせに!本当に安心したよ。

新生児の頃から3歳までおしゃぶりを使い続け、結果子供が「乳臼歯交叉咬合(にゅうきゅうしこうさこうごう)」になってしまったという体験談もあります。あまり長い期間おしゃぶりを使い続けるとやはり子供の歯並びに影響が出てしまうようなので、注意する必要があります。

1歳半までに卒業させたら歯並びに問題はなかった

パート

30代

1歳の頃は寝かしつけの時以外にも、日中もおしゃぶりをしゃぶる時間が長かったので歯並びのことが心配に…。

育児はかなりおしゃぶりに助けられたけど、そのせいで歯並びが悪くなったら本当に子供に申し訳ないと思い、1歳半までに卒業させました。おかげで、歯並びには何の影響もなかったよ。

子供の歯に影響が出ない頃までにおしゃぶりを卒業させてあげると、歯並びにはあまり影響がでないようです。子供のためにも、いつまでおしゃぶりを使い続けるかはママとパパがしっかり注意してあげましょう。

おしゃぶりは正しく使えば出っ歯にならない!

今回は、おしゃぶりの使用と歯並びや出っ歯への影響について紹介しました。おしゃぶりは使い方によっては、子供の歯並びに悪影響を及ぼす場合もあります。しかし、正しい使い方をすれば育児の助けになってくれるアイテムでもあります。

今回紹介したおすすめのおしゃぶりは、どれも歯並びや出っ歯に影響の少ない商品です。ぜひ赤ちゃんの歯並びや出っ歯に影響のないタイプのおしゃぶりを選んで、正しい使い方をしてあげましょう。

関連する記事