2歳児の誕生日ケーキは市販・手作りどっち?クリームをヨーグルトで代用したレシピも!

この記事では、2歳の誕生日は市販のケーキでも大丈夫?2歳児のケーキを作る時の代用アイデアは?など、ママの疑問にお答えします。2歳の誕生日ケーキのレシピや、通販で買えるおすすめ商品もご紹介します。素敵なケーキで2歳の誕生日をお祝いしてあげましょう。

目次

  1. 2歳児に市販の誕生日ケーキをあげても大丈夫?
  2. 2歳児の誕生日ケーキを作る際のポイントは?クリームは代用?
  3. 生クリームをヨーグルトで代用した2歳児向けの誕生日ケーキレシピ5選
  4. ホットケーキで手作りした2歳児向けの誕生日ケーキレシピ6選
  5. 2歳児のご飯系誕生日ケーキレシピ5選
  6. 2歳児におすすめ!通販で買える市販の誕生日ケーキ11選
  7. 2歳の誕生日ケーキ、手作りした?【ママの体験談】
  8. 2歳の誕生日にはとっておきのケーキを食べよう!

2歳児に市販の誕生日ケーキをあげても大丈夫?

記念すべき2歳の誕生日に市販のケーキをあげてお祝いしても問題ありません。ただし、2歳頃は離乳食が完了して大人の食事に近づいていく時期であり、2歳児の身体や味覚はまだまだ発達段階です。そのため、糖分や脂質の量に気をつけることが大切です。栄養価や味を考慮してケーキを選ぶことをおすすめします。

ここでは、2歳児に市販のケーキを与える場合の注意点を4つご紹介します。糖分の多いケーキは2歳児にとって身体に良い食べ物ではありません。したがって、日常的にではなく、誕生日など特別な行事の時にだけあげるようにしてくださいね。

(2歳児の体重・身長の目安については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の体重・身長の目安は?発達が平均値と差がある場合の対処法も!

1.少量を与える

ケーキはあくまで嗜好品であり、糖分や脂質が多く含まれているため、食べさせる場合は少量にしましょう。糖分や脂質の過剰摂取は虫歯や肥満の原因となり、将来的に糖尿病・高脂血症などの生活習慣病や老化を引き起こす恐れがあります。また、2歳児の消化器官は発達が不十分です。消化・吸収に時間がかかる脂肪を過剰摂取すると、胃腸に負担をかけてしまいます。

薄味のものを食べていた子どもにとって、甘いケーキは刺激が強く、クセになりやすいです。味覚は3歳までに急激に発達するので、その段階で濃い味に慣れてしまうと薄味を嫌がるようになります。濃い味つけが好きになって調味料を多く使うようになると、腎臓に負担がかかってしまいます。

1~2歳児に与えて良い脂質摂取量は1日あたり5gで、糖分摂取量では10gです。また、カロリーで言うと、1〜2歳児に与えて良いおやつの量は1日あたり男児が145kcal、女児が135kcalです。市販のケーキを与える場合は、少量にするか生クリームを取り除いて食べさせるよう心がけましょう。ショートケーキを与える場合の目安は、1切れの1/3までです。

2.糖分や脂質が控えめのものを与える

2歳児に与えるケーキは、糖分や脂質が控えめのものがおすすめです。生クリームをたっぷり使用したショートケーキには、糖分や脂質が多く含まれています。また、パウンドケーキやタルトなどには生地自体にバターがたっぷりと使用されているので避けるようにしましょう。

アレルギー対応ケーキは、乳製品を使用しておらず、優しい甘さのものが多いです。また、豆乳クリームやヨーグルトクリームを使用した、乳幼児向けのケーキも販売しています。これらは、店舗だけでなく通販でも購入することができます。

シフォンケーキやゼリーには生クリームが使用されていないので、比較的糖分や脂質を抑えることが可能です。フルーツが乗っているケーキであれば、甘さが控えめのクリームを使用していても美味しく食べることができます。

3.生の卵やナチュラルチーズは避ける

免疫力が未熟な2歳児は大人に比べて食中毒にかかりやすいため、加熱されていない生卵やナチュラルチーズは避けてケーキを選びましょう。卵の殻にはサルモネラ菌が付着している可能性があります(※1)。サルモネラ菌は75℃で1分加熱することで死滅しますが、アイスケーキ・ムース・とろとろ食感のプリンなどには生卵が使用されていることがあるため注意が必要です。

また、ナチュラルチーズにはリステリア菌が付着している可能性があります(※2)。リステリア菌は65℃で数分加熱することで死滅します。ベイクドチーズは加熱されているのでリステリア菌による食中毒の恐れはありませんが、レアチーズケーキやティラミスなどといったナチュラルチーズを使用したケーキは避けたほうが無難です。

4.アルコールやカフェインに注意

胃腸が未発達な2歳児は、消化・分解に時間がかかり成分が長く体にとどまりやすいため、アルコールやカフェインが入っていないケーキを選びましょう。市販のケーキには、風味を良くすることを目的として未加熱の洋酒を使用しているものがあります。購入する際には洋酒を使用しているか確認するようにしましょう。

また、カフェインは刺激物であり、利尿作用による脱水、脱水による便秘、胃腸の刺激による下痢などを引き起こす恐れがあります。コーヒーだけでなく、抹茶やチョコレートにもカフェインが含まれているので、ケーキを選ぶ際は避けたほうが無難です。

2歳児の誕生日ケーキを作る際のポイントは?クリームは代用?

2歳児の誕生日ケーキを手作りする場合は、子どもの身体に配慮したものを作るようにしましょう。生クリームは控えるか、なしにして代わりに豆乳やヨーグルトを使うことをおすすめします。ここでは、2歳の誕生日用のケーキを手作りする際のポイントを4つご紹介します。

(2歳の男の子の誕生日プレゼントについては以下の記事も参考にしてみてください)

2019年・価格別|2歳の男の子の誕生日プレゼントおすすめ30選!人気の鉄板ものから変わり種まで

砂糖を減らす

自分で分量を調整できるという手作りの特権を生かし、砂糖は控えめにしてケーキを作るようにしましょう。スーパーなどで売っている既製品のスポンジや生クリームには砂糖が多く含まれているので、使用は避けることをおすすめします。

にんじんやかぼちゃ、さつまいもなどの甘味のある食材を使用すると、砂糖の使用量を抑えることができます。素材そのものの味を楽しむことができ、彩りも綺麗ですよ。

関連する記事