2歳児におやつをあげる量や時間帯は?市販のお菓子や手作りレシピのおすすめも!

2歳児は食事の補いとしておやつをあげる必要があります。この記事では、2歳児におすすめの栄養価の高いおやつの種類や与える量の目安、塩分・時間帯など与える際の注意点を紹介!また、おやつばかり欲しがる際の対処法や、おすすめの市販のお菓子、手作りレシピも紹介します。

目次

  1. 2歳児は食事の補いでおやつが必要?
  2. 2歳児におすすめのおやつの種類や量は?
  3. 2歳児におやつを与える際の注意点!塩分など
  4. 2歳児がおやつばかり欲しがる際の対処法
  5. 2歳児のおやつにおすすめの市販のお菓子6選
  6. 2歳児におすすめのおやつ・お菓子の手作りレシピ6選
  7. おやつで2歳児のエネルギーを補おう

2歳児は食事の補いでおやつが必要?

「おやつ」という言葉からは、甘いものなどの嗜好品をイメージする場合があるかもしれません。実際に体が成長した大人にとってのおやつは、生活の中で食べても食べなくてもどちらでも良い、娯楽のひとつとも言えるでしょう。

一方、2歳児の子供にとってのおやつは大人とは違い、身体を作るうえで必要なものとなります。2歳児にとってはおやつも1日の食事の一部なのです。

(2歳児のご飯の人気レシピについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児のご飯の人気レシピ15選!食事の量や献立は?食べない原因・対策も紹介!

2歳児にとってのおやつは栄養補給

2歳児ともなると、色々なものに興味を持ち、自分の意思で動き回るようになります。1歳の頃と比較しても消費するエネルギーが増えるため、その分食事からエネルギー補給をする必要があるでしょう。しかし、2歳の時点ではまだ大人のように胃が発達しているわけではありません。

まだ1回の食事で食べることができる量が少ないため、おなかいっぱい食べても食事だけではエネルギー不足になります。また、食事だけでは栄養分も足りません。そこで、そんな2歳児のエネルギー補給に役立つのがおやつによる栄養補給なのです。

(2歳児の遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の遊び!発達を促進できる室内・室外別のおすすめ15選を紹介!

2歳児におすすめのおやつの種類や量は?

2歳児にとって、おやつは栄養補給の上でも大事になります。そのため、お菓子をあげれば良いというわけではなく、栄養面には配慮する必要があるでしょう。また、適正な量を知っておくことも大事です。

(イヤイヤ期については以下の記事も参考にしてみてください)

イヤイヤ期はいつからいつまで?1〜2歳頃の対応方法は?ママの体験談をもとに紹介

おやつの量の目安

おやつの量の目安を考える場合には、2歳児が必要なカロリーを目安とすると、適正な量を判断しやすくなります。2歳児は1日に食事などから摂取する必要のあるカロリーは、900kcalから950kcal程度です(※1)。そのうちの2割程度が、おやつから補給するカロリーの目安となります。

そのため、130kcalから190kcal程度を目安として、おやつのメニューを考えるのがおすすめです。市販のお菓子などであれば、カロリーが表記されている場合が多いので参考にすると良いでしょう。市販のお菓子以外の果物などでも、検索すればカロリーの目安を知ることができます。

(2歳児がご飯を食べない理由については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児がご飯を食べない理由は?自分でモリモリ食べるようになる秘技を伝授!

栄養価の高いおすすめのおやつ

2歳児にとってのおやつは栄養補給の一環です。そのため、おやつとして与えるものは栄養の少ないスナック菓子などではなく、栄養のあるものを選ぶのが望ましいと言えます。特に、市販のお菓子は塩分の量が多いものもあるので、味覚の発達のうえでも与えすぎには注意が必要です。

2歳児のおやつとしておすすめなのは、果物や小魚、昆布などの素材そのものを活かしたおやつです。ドライフルーツなども甘みがあるので好んで食べる子供もいるでしょう。可能であれば、栄養のある食材を組み合わせた手作りのおやつを作るのもおすすめです。

(2歳のイヤイヤ期の対処については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳のイヤイヤ期の対処法10選!絶妙な叱り方や逆効果な対応も…!

2歳児におやつを与える際の注意点!塩分など

2歳児におやつを与える場合には、いくつか注意点があります。子供の健康を守るためにも注意点を把握しておくと安心です。

食べ過ぎに注意

2歳児の子供は目の前に大好きなおやつがあれば、満足するまで食べてしまうでしょう。しかし、その勢いに任せておやつを食べたい分だけ食べさせてしまうのは、栄養面でもあまり良いとは言えません。3食の食事を食べなくなってしまう可能性もあるでしょう。

おやつを与える時には1回分の量だけを出し、余っていても子供には見せないようにするのがおすすめです。

塩分・糖分の取りすぎに注意

市販のお菓子は、塩分や糖分が非常に多く含まれている場合があります。また、塩分や糖分の取りすぎは、正常な味覚の発達を妨げてしまう場合もあるでしょう。長い目で見た場合に、健康面でも害を及ぼす可能性があります。そのため、2歳児のおやつは基本は薄味のものを選ぶのがおすすめです。

また、砂糖には依存性があるとも言われています(※2)。砂糖を使用したお菓子を与えると、砂糖を使ったお菓子ばかりを欲しがるようになってしまう場合もあるでしょう。自然な甘みを楽しめる果物やさつまいも、栗などを取り入れるのもおすすめです。

食べさせる時間に注意

子供が欲しがるたびにおやつを与えてしまうと、食事を食べずにおやつばかりを求めるようになってしまう場合があります。また、朝昼晩の食事に近い時間におやつをあげてしまうと、食事の時間にお腹が空かない可能性もあるでしょう。おやつをあげる時間は、食事とのバランスを考えた時間帯にする必要があります。

おやつは毎日同じような時間帯に与えるのがおすすめです。

2歳児がおやつばかり欲しがる際の対処法

2歳児ともなるとイヤイヤ期真っ只中の子供もいるでしょう(※3)。激しく自己主張をして、おやつばかり欲しがるケースも多々あります。でも、おやつばかり欲しがられてしまうと困ってしまうよね。ここでは、そんなおやつばかりを欲しがってしまう場合におすすめの対処法をお伝えします。

遊びに夢中にさせる

自営業

30代

我が家はどうやらおもちゃが少ないということに気づき、電車のおもちゃを買ってみました。すると、息子の心をつかんだようで、すっかり電車のおもちゃの虜に。おかげでおやつ攻撃の頻度が減りました。早く買えばよかったです。

2歳児の子供は色々なものに夢中になります。遊びに夢中になっている時にはおやつに見向きもしない場合もあるかもしれません。一方で、特に夢中になれるものがないと退屈感からおやつを欲しがる場合もあります。

そのため、おやつばかり欲しがる場合には夢中になれる遊びがない場合もあるでしょう。遊びやおもちゃを見直してみることで、おやつを欲しがりすぎないようになる可能性があります。

一緒におやつを作る

保育士

20代

2歳の息子がおやつをせがむ時は、一緒にクッキー、パン、スイートポテトなどのねんど感覚で遊びながら作れるものを作るようにしました。自分の手でできることが嬉しかったようで、作った後も喜んで食べるしおすすめです。

おやつの時間が子供にとって楽しみの時間だからこそ、おやつばかり欲しがる場合もあります。そのような場合には、それを利用して、子供の学びの時間にしてしまうのもおすすめです。学びの一環として、手作りのおやつを一緒に作ってみるのも良いでしょう。

子供にとっても楽しいだけでなく、食育としても良い経験となります。手作りのおやつであれば、塩分や糖分をコントロールでき、保存料や添加物も入りません。市販のお菓子にくらべると健康的だといえるでしょう。また、苦手な野菜を取り入れたおやつを一緒に作れば、好き嫌い解消にもつながります。

おにぎりやパンをおやつにする

医療関係

30代

普段の食事ではご飯をあまり食べてくれません。でも、おやつをせがまれた時にミニ海苔巻きにして出してみたところ、娘はこれがなぜか気に入った様子。栄養も取れるし、おやつ欲も満たせるし、ミニ海苔巻きが定番おやつになっています。

おやつばかりを欲しがる時に市販のお菓子などを与えすぎてしまうと、栄養のバランスが偏ってしまう場合もあるでしょう。栄養バランスが心配な場合には、おにぎりやパンをおやつとして与えるのもおすすめです。

時間を決める

専業主婦

30代

2歳半のお菓子攻撃にずっと疲れ果てていました。そのくせご飯は食べない。でも粘り強くおやつの時間の存在の説明をしつづけたところ、だんだんと理解してくれたようです。それに、幼稚園に行くようになったら自然とご飯も食べてくれるようになりました。

おやつをせがむ子供におやつを与えて満足させることは楽です。しかし、それではせがめばおやつがもらえるということを学習してしまいます。そのような習慣をつけないためにも、おやつの時間はしっかりと決めておくことが大事です。最初はせがむかもしれませんが、やがて子供自身もおやつの時間以外は食べられないことを学びます。

2歳児のおやつにおすすめの市販のお菓子6選

手作りのおやつの方が体に良いとわかっていても、なかなか時間がなくて手作りできない場合もありますよね。ここでは、そのような場合でもしっかり栄養も取れるおすすめの市販のお菓子を紹介します。

1.OH!オサカーナ100g(チーズミックス)

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61YciKFX-PL._SL1000_.jpg-amazon.com/images/I/61YciKFX-PL._SL1000_.jpg

OH!オサカーナ100g(チーズミックス)
OH!オサカーナ100g(チーズミックス)

OH!オサカーナ100g(チーズミックス)は、片口イワシとアーモンド、乾燥プロセスチーズが入った栄養満点のおやつです。タンパク質やカルシウム、ビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。また、保存料・香料を使用していないので子供のおやつとして与えるのにも安心です。

チーズミックス以外にも色々な味のラインナップがあるので、色々な種類を揃えるのも良いでしょう。

楽天レビュー

★★★★☆

甘めでおいしく、子供達も喜んで食べてます。つまみでもいけます。

2.干し芋 ころいもちゃん お徳用

出典: https://item.rakuten.co.jp/tea-agent/10000070/

干し芋 ころいもちゃん お徳用

干し芋 ころいもちゃんは、国産の無添加サツマイモを使用し、昔ながらの製法で3日間に渡って天日乾燥させた干し芋です。

原料はサツマイモのみで、砂糖や添加物などは一切使用しない、サツマイモの自然な甘みが凝縮された一品です。余分なものが含まれていないので、小さな子供にも安心して食べさせることができるでしょう。

楽天レビュー

★★★★★

やわらかくて、甘くて美味しいです。子どももおいしいと言って、あっという間になくなってしまいました。

3.西村衛生ボーロ本舗 西村のエイセイボーロ

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61hbEeVsoEL._SL1123_.jpg

西村衛生ボーロ本舗 西村のエイセイボーロ
西村衛生ボーロ本舗 西村のエイセイボーロ

西村衛生ボーロ本舗 西村のエイセイボーロは、明治26年創業当時から続く技術を守って生産されているボーロです。新鮮な素材を厳選してたっぷり使用しており、国産の馬鈴しょでん粉を主原料としています。原材料は、馬鈴しょでん粉・砂糖・水飴・鶏卵・小麦粉となっており、添加物は一切使用していません。

子供も大人も一緒に楽しめる優しい味わいのお菓子です。

Amazonレビュー

★★★★★

三種類のボーロを一緒に買いました、息子がこれが一番食べるです!口に入れて、すぐ溶けるように、いい香り〜

4.森永乳業 フルーツでおいしいやさいジュレ 70g×6袋

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91OvLOhct1L._SL1500_.jpg

森永乳業 フルーツでおいしいやさいジュレ 70g×6袋
森永乳業 フルーツでおいしいやさいジュレ 70g×6袋

森永乳業 フルーツでおいしいやさいジュレは、8種類の野菜と果物を使用した、子供が自分で手に持って飲みやすいジュレタイプのおやつです。着色料や香料、保存料、砂糖を使用せずに、素材の味わいを活かした味わいに仕上がっています。

野菜とフルーツをうまくブレンドすることで、野菜が苦手な子供でも飲みやすい味になっている商品です。おやつを楽しみながら野菜や果物の栄養を取り入れることができるでしょう。

Amazonレビュー

★★★★★

赤ちゃんの頃から大好きで、3歳になっても食べてます。
暑い時期の外出先へも、安心して持っていけるし、ちょっと小腹が空いたときにも安心してあげられるので、重宝してます。

5.カルケット 5つの無添加素材だけで作ったビスケット 70g×6箱

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81BsbI4DxZL._SL1500_.jpg

カルケット 5つの無添加素材だけで作ったビスケット 70g×6箱
カルケット 5つの無添加素材だけで作ったビスケット 70g×6箱

カルケット 5つの無添加素材だけで作ったビスケットは、厳選した5つの無添加素材である小麦粉とメープルシュガー、バター、牛乳、食塩を原料として作られているビスケットです。

白砂糖は使用せずにメープルシュガーを使用しているので、子供に白砂糖は与えたくないと考えているママでも安心して与えることができるでしょう。

Amazonレビュー

★★★★★

シンプルな素材のみで作られており、油脂や糖分が控えめに作られているので、小さい子供にも安心して与えられます。赤ちゃん向けのぼうろなどからいきなりスナック菓子などにはしたくないなあ、というお母さんにオススメです。自分のおやつにもなります。

6.塩無添加 健康にぼし 150g ×5袋 セット

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41EhuwbR8lL.jpg

塩無添加 健康にぼし 150g ×5袋 セット
塩無添加 健康にぼし 150g ×5袋 セット

塩無添加 健康にぼし 150g ×5袋 セットは、にぼしの栄養をそのまま取り入れることができる健康的なおやつです。塩や酸化防止剤も一切使用していないので、子供のおやつとしても安心して取り入れることができます。素材の味をそのまま味わうことで、子供の味覚の発達にも役立てることができるでしょう。

また、チャック付袋に入っており、開封後は冷蔵庫で保管することができます。

Amazonレビュー

★★★★★

おつまみとして売られているにぼしと比べると全くといっていいほど塩気はありませんが、魚の味がしっかりしてておいしいです。
塩気が無いものをあえて購入しているので不満はありません。これでもかと言わんばかりに、安全性の主張がパッケージにされてて、ああ自分みたいな食の安全と健康を気にしてる人向けだな、と届いてから改めて感じました。
私の所に届いたものは大体一年後まで期限がありましたのでゆっくり食べていけそうです。一袋の150gは結構量が多く、個人差はあるとは思いますが一回では到底食べきれない満足サイズだと思います。
飽きなかったらまた買おうと思います。

2歳児におすすめのおやつ・お菓子の手作りレシピ6選

2歳児のためにおやつを手作りしようと思っても、どのようなレシピが良いのか迷ってしまう場合もあるでしょう。ここでは、2歳児にぴったりの栄養やエネルギー補給もできるおやつのレシピを紹介します。

1.いももち

出典: https://cookpad.com/recipe/4203701

【材料】
じゃがいも・500g
片栗粉・25g
油・適宜
●醤油・大さじ1
●砂糖・大さじ4
●水・大さじ1
●片栗粉・小さじ2

【作り方】
①じゃがいもの皮をむき、鍋で茹でる
②じゃがいもが柔らかくなったら熱いうちにつぶし、片栗粉をよく混ぜる
③②のじゃがいもが滑らかな状態になったら5cm程度の平らな円形にする
④熱したフライパンに油を引き、軽く焦げ目がつく程度まで焼いて皿にあげておく
⑤●印の片栗粉以外の材料をすべて小鍋に入れ、煮立てる
⑥⑤が沸騰したら、適量の水で溶いた片栗粉を入れとろみをつける
⑥④で焼き上がったいももちに⑤のたれをかけて出来上がり

フライパンで焼く以外に、トースターを使用したり、あるいは油で揚げてもまた違った味わいになります。円形にする過程などは、子供と一緒に調理してみるのも良いでしょう。作り方の④で油を使用していますがテフロン加工のフライパンなら油なしでもいいですよ。

2.人参の焼きドーナツ

出典: https://cookpad.com/recipe/5398789

【材料】
人参・1本(70g)
砂糖・大さじ2
油・大さじ2
レモン汁・大さじ1
卵・1個
ホットケーキミックス・100g
ホワイトチョコ・お好みで

【作り方】
①オーブンを180℃に予熱し、ドーナツの型に薄く油を塗る
③人参をボウルにすりおろして、砂糖・油・レモン汁・卵・ホットケーキミックスをそれぞれ混ぜながら順番に入れる
③②をスプーンなどを使ってドーナツ型に入れたらオーブンで20分焼く
④あら熱が取れたら型から取り出す
⑤お好みで溶かしたホワイトチョコをかける

人参の栄養も一緒に取り入れることができる手作りドーナツのレシピです。野菜を嫌がるようになってきた子供も、おやつなら喜んで食べてくれる可能性があるでしょう。混ぜるだけなので、子供と一緒に作るのもおすすめです。

3.焼きおにぎり

出典: https://cookpad.com/recipe/4062366

【材料】 (小さめのおにぎり2個分)
ごはん・お茶碗軽め一杯
醤油・小さじ1〜2
胡麻油・小さじ1〜2

【作り方】
①温かいご飯に醤油を混ぜる
②①のご飯で小さめのおにぎりを2つ作る
③フッ素加工のフライパンに②で作ったおにぎりを並べ、胡麻油をまわしかけたら弱めの中火で3分焼く
④ほんのり焼き色がついたら裏返し、ハケなどを使って醤油を塗る
⑤反対側の面も3分焼き、焼き色がついたらハケなどで醤油を塗る
⑥火を止めてから裏返し、⑤で醤油を塗った面をフライパンの余熱で軽く焼いたら出来上がり

普通のご飯は嫌がる場合でも、焼きおにぎりにすると醤油や胡麻油の香りを好んで食べてくれる場合があります。食事にもおやつにもおすすめのレシピです。醤油の量は塩分を調整するためにも、子供の成長に応じて変えると良いでしょう。

4.トマトの冷製あっさりお出汁煮

出典: https://cookpad.com/recipe/1411268

【材料】 (トマト1パック分)
ミニトマト・1パック
昆布・大きいもの2本(昆布だしなら小さじ1)
水・200cc
塩・少々
醤油・少々

【作り方】
①ミニトマトを湯剥きする
②鍋に昆布、水を入れてだしを取り、そこに①で湯剥きしたトマトを入れる
③塩と醤油で味付けして冷やす

トマトと昆布だしは相性が良いため、トマトの美味しさが引き出されるレシピです。また、調理中に出る水分には昆布とトマトのエキスが詰まっているので、味噌汁や雑炊などに活用するのもよいでしょう。

5.桜エビのパット簡単おつまみ

出典: https://cookpad.com/recipe/1235061

【材料】
桜エビ・適量
塩・適量

【作り方】
①フライパンに桜エビを入れ、乾煎りしたら塩を少々まぶす

非常にシンプルなレシピですが、桜エビの良い香りに子供も喜ぶレシピです。材料も桜エビと塩だけなので、子供にも安心して与えることができます。また、桜エビはカルシウムが豊富なので、栄養補給としてもぴったりでしょう。

6.ごまと豆乳の米粉クッキー

出典: https://cookpad.com/recipe/4691121

【材料】(40枚〜50枚分)
米粉・100g
すりゴマ・10g
きび砂糖・15g
豆乳・大さじ5
菜種油・大さじ3

【作り方】
①すべての材料をボウルなどに入れて手で混ぜる
②綿棒で①の生地をクッキングシートに伸ばす
③カッティングして180度のオーブンで15分〜20分程焼く

白砂糖や小麦粉、乳製品を使用していない、アレルギーに悩む子にも優しいレシピです。歯ごたえがあるので、噛む力をつけるのにも役立つでしょう。

おやつで2歳児のエネルギーを補おう

2歳児はたくさんのことに興味を持ち、常に動き回る年頃です。2歳児は毎日たくさん動き回る分、エネルギーや栄養を必要としています。また、健康的に成長するためにもしっかりエネルギーを補ってあげることが大事です。

2歳児にとってはおやつも大事な栄養源です。2歳児のおやつは栄養もエネルギーもしっかりと補えるものを選ぶと良いでしょう。

関連する記事