2歳児におやつをあげる量や時間帯は?市販のお菓子や手作りレシピのおすすめも!

2歳児は食事の補いとしておやつをあげる必要があります。この記事では、2歳児におすすめの栄養価の高いおやつの種類や与える量の目安、塩分・時間帯など与える際の注意点を紹介!また、おやつばかり欲しがる際の対処法や、おすすめの市販のお菓子、手作りレシピも紹介します。

目次

  1. 2歳児は食事の補いでおやつが必要?
  2. 2歳児におすすめのおやつの種類や量は?
  3. 2歳児におやつを与える際の注意点!塩分など
  4. 2歳児がおやつばかり欲しがる際の対処法
  5. 2歳児のおやつにおすすめの市販のお菓子6選
  6. 2歳児におすすめのおやつ・お菓子の手作りレシピ6選
  7. おやつで2歳児のエネルギーを補おう

2歳児は食事の補いでおやつが必要?

「おやつ」という言葉からは、甘いものなどの嗜好品をイメージする場合があるかもしれません。実際に体が成長した大人にとってのおやつは、生活の中で食べても食べなくてもどちらでも良い、娯楽のひとつとも言えるでしょう。

一方、2歳児の子供にとってのおやつは大人とは違い、身体を作るうえで必要なものとなります。2歳児にとってはおやつも1日の食事の一部なのです。

(2歳児のご飯の人気レシピについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児のご飯の人気レシピ15選!食事の量や献立は?食べない原因・対策も紹介!

2歳児にとってのおやつは栄養補給

2歳児ともなると、色々なものに興味を持ち、自分の意思で動き回るようになります。1歳の頃と比較しても消費するエネルギーが増えるため、その分食事からエネルギー補給をする必要があるでしょう。しかし、2歳の時点ではまだ大人のように胃が発達しているわけではありません。

まだ1回の食事で食べることができる量が少ないため、おなかいっぱい食べても食事だけではエネルギー不足になります。また、食事だけでは栄養分も足りません。そこで、そんな2歳児のエネルギー補給に役立つのがおやつによる栄養補給なのです。

(2歳児の遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の遊び!発達を促進できる室内・室外別のおすすめ15選を紹介!

2歳児におすすめのおやつの種類や量は?

2歳児にとって、おやつは栄養補給の上でも大事になります。そのため、お菓子をあげれば良いというわけではなく、栄養面には配慮する必要があるでしょう。また、適正な量を知っておくことも大事です。

(イヤイヤ期については以下の記事も参考にしてみてください)

イヤイヤ期はいつからいつまで?1〜2歳頃の対応方法は?ママの体験談をもとに紹介

おやつの量の目安

おやつの量の目安を考える場合には、2歳児が必要なカロリーを目安とすると、適正な量を判断しやすくなります。2歳児は1日に食事などから摂取する必要のあるカロリーは、900kcalから950kcal程度です(※1)。そのうちの2割程度が、おやつから補給するカロリーの目安となります。

そのため、130kcalから190kcal程度を目安として、おやつのメニューを考えるのがおすすめです。市販のお菓子などであれば、カロリーが表記されている場合が多いので参考にすると良いでしょう。市販のお菓子以外の果物などでも、検索すればカロリーの目安を知ることができます。

(2歳児がご飯を食べない理由については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児がご飯を食べない理由は?自分でモリモリ食べるようになる秘技を伝授!

栄養価の高いおすすめのおやつ

2歳児にとってのおやつは栄養補給の一環です。そのため、おやつとして与えるものは栄養の少ないスナック菓子などではなく、栄養のあるものを選ぶのが望ましいと言えます。特に、市販のお菓子は塩分の量が多いものもあるので、味覚の発達のうえでも与えすぎには注意が必要です。

2歳児のおやつとしておすすめなのは、果物や小魚、昆布などの素材そのものを活かしたおやつです。ドライフルーツなども甘みがあるので好んで食べる子供もいるでしょう。可能であれば、栄養のある食材を組み合わせた手作りのおやつを作るのもおすすめです。

(2歳のイヤイヤ期の対処については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳のイヤイヤ期の対処法10選!絶妙な叱り方や逆効果な対応も…!

2歳児におやつを与える際の注意点!塩分など

2歳児におやつを与える場合には、いくつか注意点があります。子供の健康を守るためにも注意点を把握しておくと安心です。

関連する記事