ベビーシッターのサービス内容や料金相場は?関東圏おすすめ業者7選!

ベビーシッターのサービス利用が東京近郊で急増しているのはご存知ですか?保育園に比べて時間やサービスも多様化されているベビーシッターは、使い方によってとても便利に利用できます。実際に使ったことのあるママの体験談・口コミと一緒に東京のおすすめ業者をご紹介します。

目次

  1. ベビーシッターって何?
  2. ベビーシッターの主なサービス内容とは?
  3. 東京のベビーシッターはどのように利用するのがいい?
  4. 東京近郊では特徴的なサービスを提供している業者も
  5. ベビーシッターはどんな時に使う?体験談も!
  6. 東京のベビーシッターの料金体系はどうなってるの?
  7. 東京でおすすめのベビーシッター業者7選
  8. ベビーシッターを便利に活用しましょう!

ベビーシッターって何?

ベビーシッターという職業は聞いたことがあるけど、そのサービス内容や使い方まで詳しく知らないというママはたくさんいます。確かに欧米ではとても一般的な職業ですが、日本での利用はそこまで普及していないイメージがありますよね。

ベビーシッターとは、主にパパやママが仕事や病気など、何らかの理由で子供を預けなくてはいけない場合に預かってくれる人のことを指します。日本では最近まであまり耳にしない職業でしたが、今は育児中のママたちにとって欠かせない職業になりつつあるのです。

育児中のママは一度は調べたことがあるかもしれませんが、ベビーシッターのサービス内容やおすすめの使い方も詳しくご紹介します。

ベビーシッターの主なサービス内容とは?

ベビーシッターの主なサービス内容とは「保育」ですが、近年のベビーシッターサービスでは保育以外のサービスも充実してきています。

家事代行や病児保育、習い事などをしてくれる業者も。必要であれば外国語で対応してくれるシッターさんを依頼することも可能です。使い方によってはベビーシッターの方がたくさんのメリットを得られるということですね。

保育理由は特に制限されていないので、希望の時間に空きがあれば利用することができます。保育園とはまた違うところも多いので、便利に使い分けているママもいます。育児中のママにはとても強い味方ですね。

認可保育園とベビーシッターの違い

保育と言えば認可保育園が一番に思いつくママが多いですよね。保育料も比較的安く、集団で保育してもらえる認可保育園は働くママにとって強い味方です。

ベビーシッターは認可保育園とは違って費用はとても高いですが、サービス内容に柔軟性があるのが大きなメリットです。認可保育園は親の就労や介護、病気など預ける理由が厳しく定められていますが、ベビーシッターは預ける理由に制限はありません。リフレッシュが目的でも気軽に預けることができます。

また、病児保育に対応している企業もあります。認可保育園は感染症にかかったときなどは預けることができませんが、ベビーシッターなら対応できることがあるのです。

保育園と違ってシッターと子供は1対1~の少人数なので、受けられる対応もきめ細やかです。集団生活が苦手な子供にもおすすめ。子供にとっても楽しい時間になるかもしれません。

育児に疲れてママも息抜きしたいけど、集団生活が苦手な子供を育てているママも検討してみてはいかがでしょうか?

東京のベビーシッターはどのように利用するのがいい?

東京では全国の他の地域に比べて、ベビーシッターが多く利用されています。認可保育園に空きがなく、育休の延長ができない場合や保育園でカバーできない保育をベビーシッターでカバーしているママが多いです。

利用の仕方によっては、料金相場と比べてもメリットの方が多くなることも少なくありません。ベビーシッターはどのように利用するのが便利なのか、おすすめの利用方法をご紹介します。

一時保育としてベビーシッターを利用する

一時保育としてベビーシッターを使用しているママはたくさんいます。急な休日出勤や、仕事をしていないママのリフレッシュ利用などが例です。

利用する日が決まっていれば日時を指定して予約をして利用できますし、急用の場合は当日でも対応してくれる業者もあります。もしもの時の保険として登録しておく場合は、一社では対応できないこともあるので複数社に事前登録しておくのがおすすめです。

サービス内容は様々なので、内容によっては料金以上のメリットを得ることができます。通常の保育だけでなく、いろんな使い方を模索してみましょう。

定期利用としてベビーシッターを利用する

定期利用は主に仕事をしている家庭で使われることが多いです。毎週火曜日の8時から19時など、定期的に利用が決まっている場合には定期利用となります。毎週出なくても、隔週や月に1回など利用頻度は家庭に合わせて相談しましょう。

パパもママも忙しく、頻繁にシッター派遣を利用する場合は定期利用がおすすめです。定期利用の場合のみ料金の割引を設けている業者も多く、たくさん利用すればするほどメリットがあります。

仕事と育児の両立には息抜きも大切なので、保育園では対応してくれない日にベビーシッターを依頼して息抜きするのもおすすめです。

東京近郊では特徴的なサービスを提供している業者も

関連する記事