抱っこ紐を嫌がる…。理由は?赤ちゃんが泣く時の対処法や、慣らすコツも

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由や、泣く時の対処法などを紹介、また赤ちゃんを抱っこ紐に慣らすコツ・練習方法も紹介します。誤った使い方をすると、赤ちゃんは抱っこ紐を嫌がるようになります。抱っこ紐を正しく使って、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

目次

  1. 赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由は?体勢・ベルトの長さなど
  2. 抱っこ紐を泣いて嫌がる際の対処法は?
  3. 抱っこ紐に慣らすコツ・練習方法は?
  4. 赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる時は徐々に慣らそう

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由は?体勢・ベルトの長さなど

赤ちゃんとの外出に便利なものといえば、抱っこ紐です。しかし中には抱っこ紐を嫌がる赤ちゃんもいます。嫌がる赤ちゃんをみて、抱っこ紐の使い方が間違っているのかもしれないと何度も説明書を見直したというママは少なくありません。どうして赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのか、その理由を紹介します。

暑さ

飲食業

27歳

ようやく赤ちゃんが抱っこ紐に慣れたと思ったのに、泣き出すようになったのです。衣服を確かめたところ、少し汗で湿っていました。私の体と密着した部分が蒸れて、暑くなったようです。抱っこ紐を使用すると、自分が思う以上に赤ちゃんは暑く感じてしまうのかなと思いました。

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由として、暑さが考えられます。抱っこ紐を装着すると赤ちゃんの体に抱っこ紐の生地やママの体が密着するので、暑く感じてしまうようです。赤ちゃんは体温調整が苦手なことから、ママが思う以上の暑さを感じている可能性があります。

暑さで洋服が汗ばんでいないかなど、抱っこ紐の中の赤ちゃんの様子をこまめにチェックしてあげましょう。

体勢

抱っこ紐を嫌がる理由に、赤ちゃんが体勢を気に入っていないことが考えられます。抱っこ紐を装着すると、赤ちゃんは自分で体勢を変えることができません。赤ちゃんが気に入らない体勢の場合、とても不快に感じて泣きだすことがあります。赤ちゃんが抱っこ紐の中で快適に過ごせるように、心地のいい体勢を作ってあげましょう。

(抱っこ紐については以下の記事も参考にしてみてください)

コンパクトな抱っこ紐11選!簡単に装着可能!2本目に人気のクロスタイプなど!

ベルトの長さ

主婦

30歳

うちの子は抱っこ紐を嫌がる様子を全く見せず慣れていたのに、生後4ヶ月ころから急に嫌がるようになりました。成長して体が大きくなったので、抱っこ紐のベルト部分がきつく感じたのかもしれません。

派遣社員

32歳

パパが赤ちゃんと外出した際に抱っこ紐を使ったのですが、そのまま私が使うと赤ちゃんが嫌がる様子を見せて泣き出してしまいました。パパが抱っこ紐のベルトを長くしたらしく、そのまま私が使ったので、普段とサイズ感が違ってしまったようです。

抱っこ紐のベルトや肩紐の長さが赤ちゃんのサイズに合っていないので、赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がっていることがあります。赤ちゃんは成長とともに、体のサイズも大きくなります。抱っこ紐のベルトや肩紐の長さが赤ちゃんのサイズにぴったり合っていたとしても、赤ちゃんが成長するとサイズは合わなくなります。

赤ちゃんはベルトや肩紐が短すぎるあまり、窮屈に感じて泣きだしたのかもしれません。ベルトや肩紐の長さは常に調整して、赤ちゃんのサイズに合わせましょう。

機嫌の悪さ

接客業

25歳

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるときは、歌を歌って気をそらすようにしています。どうも退屈すぎて不機嫌になっているように見えたので、普段から機嫌がよくなる赤ちゃんお気に入りの歌を歌うんです。わりとすぐに機嫌がよくなりますよ。

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由として、機嫌の悪さが考えられます。抱っこ紐の中で赤ちゃんがスヤスヤと寝ているときは問題ありませんが、赤ちゃんが起きていてあまりにも退屈に感じた場合、その状況が嫌で泣きだす場合があります。またお腹を空かしている時も赤ちゃんは機嫌が悪いので、泣いて嫌がる様子をみせることがあります。

相性が合わない

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのは、抱っこ紐そのものが合っていない場合があります。抱っこ紐には、各メーカーごとに微妙にサイズや形などに違いがあります。ですから赤ちゃんと抱っこ紐には、合う合わないの相性があるようです。

(トイレでの抱っこ紐の使い方については以下の記事も参考にしてみてください)

抱っこ紐でのトイレはどうやる?外出中に役立つ首すわり前対策など工夫を紹介!体験談も

抱っこ紐を泣いて嫌がる際の対処法は?

関連する記事