抱っこ紐でのトイレはどうやる?外出中に役立つ首すわり前対策など工夫を紹介!体験談も

赤ちゃんと2人で外出している時、抱っこ紐をつけているのにトイレに行きたくなって困るママは多くいます。この記事では、外出時に赤ちゃんがいる場合のトイレ対策や、抱っこ紐でのトイレの仕方などを先輩ママの【体験談】を交えて紹介します。

目次

  1. 抱っこ紐でのトイレは大変?
  2. 外出時に赤ちゃんがいる場合のトイレ対策は?
  3. 抱っこ紐を使用しながらのトイレ対策
  4. 首すわり前の赤ちゃんとの外出はトイレ対策をしよう

抱っこ紐でのトイレは大変?

歯科衛生士

20代

外出先で、抱っこ紐つけてて自分がトイレに行きたくなってしまうと、本当に困ります。ストラップとか下手に外すと、トイレの中に落ちてしまいそうだし。とにかく大変だと感じるので、何度も我慢してたらついに膀胱炎になってしまいました。

専業主婦

30代

まだ首すわり前の我が子と、病院へ。病院に着いた途端、トイレに行きたくなってしまったんだけど、首すわり前の状態ではベビーチェアも使えないしどうしたらいいの?となってしまいました。パパと来ればよかったと後悔。

抱っこ紐をつけたままトイレに入ると、腰回りにベルトがあったりストラップを外す必要があったりと、色々大変ですよね。ママがトイレを済ませている最中に、赤ちゃんの足がバタバタと動いてしまうこともあるでしょう。

実際、抱っこ紐なしでトイレを済ませる時と比べると、抱っこ紐をつけた状態でのトイレは大変になります。しかし、抱っこ紐をつけたままトイレを済ませるためのコツを把握しておくと、少し大変さを減らすことができるでしょう。

(エルゴの抱っこ紐のおすすめについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児期からOK!エルゴの抱っこ紐のおすすめ10選!口コミで人気な商品を厳選!

外出時に赤ちゃんがいる場合のトイレ対策は?

外出時にトイレに行きたくなった場合、上手にトイレを済ませるための対策はいくつかあります。外出時のトイレは、同行者がいるか、トイレに赤ちゃんや子ども用の設備があるかどうかでも変わってくるでしょう。

ここでは、外出時に赤ちゃんがいる場合の、抱っこ紐を使用しないトイレ対策をいくつか紹介します。

(赤ちゃんの首すわりの時期については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの首すわりの時期はいつから?練習の必要性や確認方法の動画も!

同行者に預ける

専業主婦

20代

お互いにトイレが近いことを知っている仲良しのママ友とは、しょっちゅうかわりばんこでトイレに行っています。子どもも同じくらいの月齢なので扱いにも慣れているし、安心です。そのタイミングでオムツ替えもしています。

公務員

30代

パパと一緒に出かけるときは、必ずパパに預けてからトイレに行っています。首すわり前も使えるベビーカーを使っていたので、特に心配はありませんでした。でも、このベビーカーなら、広いトイレなら一緒に入れば大丈夫だと思います。

パパやママ友などと一緒に外出をしているのであれば、トイレの時だけ赤ちゃんを同行者に預けるのが、一番楽な方法です。いつも通りトイレを済ませることができるでしょう。

実際、赤ちゃんを連れているママ友同士の場合には、交代でトイレに行ってお互いの赤ちゃんを見ているケースも多くあります。その場合には、ベビースペースなども上手に活用すると楽でしょう。

ベビーチェアを活用

アパレル関係

20代

一人で座れるようになってからは、外出先のトイレではベビーチェアを使っています。ただ、最初のうちは抱っこ紐から降ろすとすぐ泣いてしまっていましたね。でもおもちゃなどを使ってあやしていたら、だんだん慣れてくれたみたいです。

自営業

40代

うちの子どもはトイレのベビーチェアに座らせれば、比較的おとなしく待っててくれます。ただ、ベビーチェアが鍵から近い位置にあるので、先日息子が鍵をいじって開けてしまい、ドアが開いてしまいました。ほんと恥ずかしかった。

外出先のトイレにベビーチェアがついている場合は、ベビーチェアを活用するのも良いでしょう。大体のベビーチェアは30kgくらいまでの子供に対応しています。ただし、ベビーチェアに首すわり前の子どもを座らせるのは危険です。首すわり後の、一人で座れるようになった時期を目安に使い始めると良いでしょう。

また、ベビーチェアを使う場合には、子どもが鍵を開けてしまわないよう注意が必要です。子どもの手が届きそうな位置に鍵がついている場合には、開けてしまわないよう気をつけた方が良いでしょう。

広い個室を利用

建築業

30代

私がよく利用するショッピングモールでは、おむつ替えスペース付きの広い個室が各フロアにあるので、本当に助かっています。そういうトイレがない施設の場合には、車椅子の方などが使う多目的トイレを使わせてもらうようにしています。

Webライター

30代

首すわり前の子どもが一緒だったんですが、ベビーカーが入れるくらいの個室のトイレがあれば、一緒に入ることができています。ただ、外出先だと、広めのトイレがあってもなかなか開かなかったりして困ることも多いんですけどね。

ベビーカーを使用している場合には、広い個室を利用すれば、ベビーカーのままトイレを済ませられる場合があります。最近ではベビーカーのまま入ることができる個室のトイレを設置している施設も増えてきました。中にはオムツ替えスペースも個室内に備えている場合もあるので、あらかじめ場所を確認しておくと安心です。

(新生児のベビーカーについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児のベビーカーの選び方は?A型B型どっちがおすすめ?体験談も!

施設の人に頼る

IT関係

30代

お腹の風邪を引いてしまった日に、どうしても病院に行きたくて子連れでいきました。でもベビーチェアがなく、どうしようもない状態に。でもお腹が限界だったので、受付のお姉さんに預かってもらいました。周りの方も協力してくれて本当にありがたかったです。

ベビーカーでトイレに入ることができなかったり、ベビーチェアがなかったりと、どうしても自分一人ではトイレに入ることができない場合もあるでしょう。ママのお腹の調子が悪い日などは、どうしてもトイレを我慢できない場合もありますよね。

その場合には、信頼できる人にママがトイレを済ませる間だけ赤ちゃんを預かってもらうのも、一つの手段です。病院であれば受付の人や看護師の方などにお願いしてみるのも良いでしょう。

抱っこ紐を使用しながらのトイレ対策

トイレにベビーチェアがない場合や、ママ一人で外出しているような場合には、抱っこ紐をつけたままトイレを済ませる必要があります。しかし、留め具も多い抱っこ紐をつけたままトイレを済ませるのは、色々な苦労があるでしょう。トイレでの苦労を減らすためには、いくつかの対策を知っておくと便利です。

ここでは、抱っこ紐を使用しながらのトイレ対策について紹介します。

(新生児対象の横抱き抱っこ紐のおすすめについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児対象の横抱き抱っこ紐のおすすめ11選!安全なインサート付きの人気商品も!

スカートを着用

ショップ店員

20代

一度ズボンを履いて抱っこ紐のままトイレに入ろうとしたら、外さなければいけないものが多すぎて大変でした。それからは、子どもと2人で外出するときはなるべくスカートで出かけています。スカートの方が断然トイレは楽ですね。

専業主婦

30代

前びらきできるワンピースで出かけると、トイレも授乳も本当に楽なのですが、スカートの後ろの部分が段々上がってきてしまうのが問題です。とりあえず、スカートの下にレギンスを履いたりして誤魔化してはいますが。

抱っこ紐は腰回りをしっかりと固定する形状のものも多く、ズボンを履いているとトイレでズボンを脱ぐのに苦労する場合があります。そのため、抱っこ紐のまま一人で出かけるような場合には、スカートを履いておくとトイレの時には安心です。

また、前びらきできるワンピースなどを選べば、授乳の時にも便利でしょう。ただし、丈の短いスカートの場合、抱っこ紐の腰ベルトによってスカートのすそが少しずつめくれ上がってしまう場合があります。できれば、長めのスカートを選んだ方が安心して過ごすことができるでしょう。

なお、便座に座る時には腰ベルトの余った部分に注意が必要です。余った部分が下に向かって出ていると、便器の中に入ってしまう場合があるでしょう。あらかじめ他の部分に引っ掛けるなどの対策をしておく必要があります。

赤ちゃんの位置・姿勢を調整する

看護師

30代

前抱きのままトイレをするときは、赤ちゃんの位置を気持ち普段より上に上げておくとと、下着もすんなりおろせるような気がしています。だいたい、おへそのあたりにお尻が来るよう、調整するようにしています。

食品加工業

30代

トイレの時は赤ちゃんの位置を調整するといいってことを知らなかった時、いつも通りの状態のままトイレに入ったら、我が子の足が用を足した便器の中にびちゃっと見事に入りました。そして私の服にもびちゃっと。それからは必ず位置を調整してます。

赤ちゃんのお尻が、ママのおへそよりも低い位置にあると、ママがトイレをする時に下着を上げ下ろししづらくなります。そのため、ママがトイレに入る時には、赤ちゃんの位置を少し高くしておくことがポイントです。

また、赤ちゃんの足が下に向かってぶら下がるようになっていると、便座の中に足が入ってしまう危険性があります。下にぶら下がるような形状の抱っこ紐を使用している場合は、ママが座る時に赤ちゃんの足を上げておくことが大事です。

開脚タイプの抱っこ紐の場合にも、しっかりと赤ちゃんの足を開かせた状態にしておくと、赤ちゃんの足のトラブルを防ぐことにつながります。

おんぶする

パート社員

20代

おんぶで和式トイレを使うと楽なことに気づいたのですが、基本的に前かがみにならないと赤ちゃんの足がつきそうなので気をつけてます。でも、赤ちゃんがいる分、1人の時とはちょっと重心が違うので、結構ハラハラしますね。

外国語教師

30代

首すわり後は、おんぶでトイレに入れるようになりました。前抱っこの時に比べて、おんぶでのトイレは断然楽になりました。ただ、最初に試したときは慣れなくて子供が怖がったので、何度か家で練習するようにしましたね。あと、浅く座るのがポイントです。

前抱きのままトイレに入ると、手元が見えないので手探りでどうにかするしかなくて苦労しますよね。その点、抱っこ紐を使っておんぶした状態でトイレに入れば、手元が見えるので前抱きに比べるとトイレがスムーズになります。

ただし、おんぶに慣れていない子どもは、まずおんぶに慣れさせることを優先した方が良いでしょう。また、場合によってはおんぶの場合は和式トイレの方が楽な場合もあります。ただし、抱っこ紐の形状によってはママがしゃがむと赤ちゃんの足などが床についてしまう場合もあるので注意が必要です。

スリングを活用

スポーツインストラクター

40代

スリングは、普通の抱っこ紐に比べて高い位置で抱っこできるので、トイレの時にはすごく便利です。足もスリングの中におさまってるので、便座に入ってしまったりといった心配もないですしね。スリングは持ち運びも楽なので併用しています。

抱っこ紐の中でも、スリングタイプの抱っこ紐を使うのも、トイレ対策の一つの手段です。赤ちゃんの足をスリングの中におさめておけば、赤ちゃんの足のトラブル防止にもなるでしょう。

赤ちゃんの足を外に出した状態のままトイレに入る場合には、しっかりと足を広げておくことが大事です。また、スリングの形状によっては、余った部分がトイレの便器などについてしまわないよう注意が必要になります。

首すわり前の赤ちゃんとの外出はトイレ対策をしよう

赤ちゃんと2人だけで外出すると、1人の時のようにトイレを済ませることはできなくなります。ベビーチェアを活用したり、ベビーカーのままトイレに入ったりと、対策をする必要が出てくるでしょう。特に首すわり前の赤ちゃんはベビーチェアを使うことができないので、注意が必要になります。

赤ちゃんと一緒に出かける時は、トイレに入った時に困らないよう、しっかりと対策をしておくのがおすすめです。

関連する記事