抱っこ紐の洗濯方法は?頻度や洗い方を人気のメーカー別に紹介!体験談も

抱っこ紐の洗濯方法は手洗い・洗濯機どっち?といった疑問をはじめ、《エルゴ》《ベビービョルン》《コンビ》など人気メーカー別の洗濯頻度・洗い方を体験談を交えて紹介します。記事を参考に上手にお洗濯をして、抱っこ紐を清潔に使いましょう。

目次

  1. 抱っこ紐は手洗い?洗濯機?
  2. 《エルゴ》製の抱っこ紐の洗濯頻度・洗い方
  3. 《ベビービョルン》製の抱っこ紐の洗濯頻度・洗い方
  4. 《コンビ》製の抱っこ紐の洗濯頻度・洗い方
  5. 《その他》の抱っこ紐の洗濯頻度・洗い方
  6. 抱っこ紐を洗濯した後の干し方は?
  7. 抱っこ紐は定期的に洗濯しよう

抱っこ紐は手洗い?洗濯機?

赤ちゃんの抱っこ紐の洗濯について、悩んだ経験があるママは多いのではないでしょうか。抱っこ紐は使用頻度が多い分、汗やよだれなどで汚れやすいでしょう。赤ちゃんに使うものなので、できれば清潔にしておきたいですよね。しかし、抱っこ紐をどうやって洗っていいかわからず、あまり洗えていないという人も結構いるのではないでしょうか。

専業主婦

30代

2年半使った抱っこ紐を初めて手洗いしたら軽くもみ洗いしただけで茶色の水が出てきてびっくりしました。洗濯機が使えないから洗わずにいましたが、今後は数ヶ月に一回は洗いたいと思います。

他の家庭ではどのように抱っこ紐を洗濯をしているのか、手洗い派と洗濯機派の声を紹介します。洗剤選びのポイントや柔軟剤の使用についても紹介するので、洗濯の仕方の参考にしてみてくださいね。

(抱っこ紐の汗が気になる時は以下の記事も参考にしてみてください)

抱っこ紐の暑さ対策には保冷剤シート!夏におすすめの9選!100均グッズで手作りも!

手洗い派の声

抱っこ紐を手洗いしているという家庭はどのように抱っこ紐を洗濯しているのでしょうか。手洗い派の人の洗い方を紹介します。

専業主婦

30代

洗面台に水を張って手洗いしています。洗剤で1時間漬け置きしてからもみ洗いをし、洗濯機で脱水することもできないのでびしゃびしゃなまま外に干して乾かします。厚みがある部分はなかなか乾かないので、諦めて湿ったまま使ってしまいます。

3児のママ

40代

抱っこ紐に洗濯の表示がなく、洗濯機の利用はできないと思ったため洗濯石鹸で手洗いしました。10分くらいで済んだので大した手間には感じませんでしたよ。洗濯機の自動モードで脱水して外干しをしたら4時間くらいで乾きました。

手洗いをする場合、脱水をどうするかという点も大きな問題です。脱水機にかけられないとなかなか乾かず、抱っこ紐を長時間使用できずに困ってしまいますよね。中には、手洗いをしてから脱水だけは洗濯機を使用しているという人もいます。

洗濯機派の声

自営業

30代

buddy buddyの抱っこ紐を使っていますが、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗濯をしています。公式には洗濯機の利用はしないで手洗いをするようにとなっていますが、全然大丈夫でした。脱水機と乾燥機は怖いので試していません。

抱っこ紐の中には、洗濯機で洗えることが明記されている商品もあります。中には手洗いを推奨されている抱っこ紐を使っているけれど、自己責任で洗濯機を使用して洗濯しているという家庭もあります。

洗剤の選び方

抱っこ紐を洗濯する際は、中性洗剤を使用するようにしましょう。生地や素材の傷み、色落ちを防ぐことにつながります。中性洗剤ではない洗剤には、漂白剤や蛍光増白剤が含まれていて赤ちゃんの肌荒れや湿疹の原因になることがあります(※1)。赤ちゃんのお肌のためにも中性洗剤を使用しましょう。

抱っこ紐を洗濯する際は、柔軟剤の使用も避けたほうが無難です。柔軟剤には合成活性剤が含まれているため、洗濯物に残ってしまうとアレルギーの原因になることがあります。また、柔軟剤に含まれる香料や着色料、防腐剤が赤ちゃんの肌への刺激になることもあるので注意が必要です。

(赤ちゃんの洗濯の洗剤や柔軟剤については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの洗濯物を分けるべき?いつまで?洗い方と注意点!体験談も

《エルゴ》製の抱っこ紐の洗濯頻度・洗い方

エルゴ製の抱っこ紐の洗濯のおすすめ頻度や洗い方を紹介します。

関連する記事