お宮参りとお食い初めは同時でもOK?意味の違いや一緒に行うメリットも!

赤ちゃんが生まれると、お宮参りとお食い初めのお祝いがあります。こちらでは、お宮参りとお食い初め(100日祝い)の違いや、同時に行う場合のメリットについて、お宮参りとお食い初めを同時に行う場合のポイントや、服装や写真を撮る時の違いなども紹介します。

目次

  1. お宮参りとお食い初めはの違いは?
  2. お宮参りとお食い初めは同時でもOK?一緒に行うメリットは?
  3. お宮参りとお食い初めを一緒に行う時のポイントは?
  4. お宮参りとお食い初めの服装の違いは?
  5. お宮参りとお食い初めの写真を撮る時の違いは?
  6. お宮参りとお食い初めを同時に行っても大丈夫!

お宮参りとお食い初めはの違いは?

赤ちゃんが誕生してから少しすると、お宮参りやお食い初めなどの行事が待っています。同じ行事じゃないの?と思っている人も多いようですが、それぞれ違った行事です。こちらでは、お宮参りとお食い初めはの違いについて紹介します。

お宮参り

お宮参りとは、初めて赤ちゃんを連れて神社にお参りに行く行事のことです。赤ちゃんが無事生まれ1ヶ月になりましたという報告と、これからの無事に成長をしていくことを祈願する行事です。他にも、初宮参り・初宮詣とも言われています。

一般的なお宮参りの日程は、男の子の場合で生後31・32日目、女の子の場合は生後32・33日目とされています。しかし、必ずそうでないといけないという決まりはありません。赤ちゃんやママの体調・季節や天候などを考慮し、3ヶ月~4ヶ月頃までにお宮参りをすれば問題ないでしょう。

お食い初め

お食い初めは、赤ちゃんが一生食べ物に困ることがないように願いを込めて行う行事です。赤ちゃんにお食い初め専用の食事を準備して、食べさせる真似をします。準備する料理・お食い初めのやり方などは、地域によって違いがあるので確認してみましょう。お食い初めは100日祝いとも言われており、一般的には生後約100日に行います。

また、お食い初めと一緒に、歯固め儀式という行事を一緒に行うのもおすすめです。準備に余裕がある人は試してみるのもいいでしょう。

(お食い初め服装については以下の記事も参考にしてみてください)

お食い初め服装は?赤ちゃんに人気の和装・洋装や、大人の服装選びのコツも!

お宮参りとお食い初めは同時でもOK?一緒に行うメリットは?

それぞれ違う行事ですが「お宮参りとお食い初めを一緒にしてしまおうかな」と迷っている人も多いのではないでしょうか。お宮参りとお食い初めは同時でもいいのか、一緒に行うメリットはあるのかを詳しく見ていきましょう。

同時でもOK?

お宮参りとお食い初めは同時に行っても構いません。一般的に行う予定日がことなりますが、お宮参りは3ヶ月~4ヶ月後までに行えば問題ないので、お食い初めの100日目と同じ日程で行うことが可能です。無理して別の日に日取りを決める必要はなく、一緒にすませてしまう家庭も少なくありません。

1日に予定を詰め込むと、赤ちゃんやママが疲れてしまうこともありますから、無理に一緒に行う必要もありません。それぞれの都合に合わせて日取りを決めるといいでしょう。

先輩ママ

(30代前半)

2月にお宮参りするのは寒すぎたので、4月にお宮参りとお食い初めを一緒にしました。3ヶ月を過ぎると赤ちゃんもしっかりしてくるし、産後の私の体調も回復していたので良かったです。冬の神社より春の神社の方が歩きやすかったです。

無理して寒い時期にお宮参りをするのではなく、外出しやすい暖かい時期に合わせるのもいいですよね。

一緒に行うメリットは?

お宮参りとお食い初めを一緒に行うメリットは、ママの負担が少なくなるということです。楽しいイベントをたくさん赤ちゃんとしたいという気持ちにもなりますが、なるべく行事を少なくしたいという人もいますよね。生後1ヶ月の赤ちゃんを初めて外出させたり、産後1ヶ月のママの体調で外出するのは大変でしょう。

また、両親が遠方に住んでいる場合は、両親がどちらの行事にも参加できるメリットもあります。何度も足を運ぶのが難しいことを考えると、お宮参りにもお食い初めにも参加できれば喜ぶのではないでしょうか。

一緒に行う場合、生後1ヶ月のお宮参りを生後3ヶ月後に変更するのですから、赤ちゃんもしっかりしているし、ママの体調も復活しているでしょう。両家の両親と予定を合わせたり、食事会をするのも1度で済むのも嬉しいですよね。

男の子のママ

(20代後半)

産後の私の体調が悪く、結局100日を過ぎてからでした。お食い初めの食事の準備も出来なかったので、料亭で赤ちゃん用と大人用の食事を準備してもらいました。出産・お宮参り・お食い初めのお祝いを全部1日ですませて楽でしたよ。

個室の和室がある料亭などは、食事会の場所におすすめです。ゆっくり食事を楽しんだり、授乳することもできるので便利ですよね。

お宮参りとお食い初めを一緒に行う時のポイントは?

関連する記事