プラバンのきれいな着色方法9選!色鉛筆・ポスカなどおすすめ商品も

大人気のプラ板(プラバン)、油性ペン・ポスカ・色鉛筆・パステル・絵具など着色の材料や方法によって仕上がりが様々な所が人気となっています。そんなプラバンをより美しく着色するコツや作り方、更に色鉛筆やポスカを綺麗に塗れるおすすめ商品もご紹介します。

目次

  1. 子供から大人まで夢中になる人気のプラ板(プラバン)
  2. 昔ながらの油性ペン
  3. 鮮やかで立体感のある仕上がりのポスカ
  4. 繊細な表現が可能な色鉛筆
  5. 絵本のようなふんわり優しい表情のパステル
  6. 色彩が鮮やかなアクリルの絵の具
  7. プラ板(プラバン)のきれいな着色方法9選!
  8. おすすめ商品、色鉛筆の着色に対応のプラバン!
  9. プラ板(プラバン)は遊び心のある大人の趣味

子供から大人まで夢中になる人気のプラ板(プラバン)

昔はプラ板(プラバン)といえば子供の遊びというイメージでした。しかし今のプラバンは子供から大人まで幅広く楽しめる遊びに進化しています。様々な着色方法により、クオリティの高い作品作りが可能となったプラバン、そんなプラバンに今では子供のみならず大人も夢中になっています。

子供の遊びについては以下の記事も参考にしてみてください。

粘土遊びは子供の知育に最適!年齢別・おすすめ商品15選!口コミあり!
【2021最新】今年もダイソーおもちゃが充実しまくり!子供〜大人用まで多種!

色鉛筆やポスカなど様々な材料で着色可能なプラ板(プラバン)

昔のプラ板(プラバン)遊びは油性ペンで好きなイラストを描くのが一般的でした。しかし現在では色鉛筆やポスカで着色したり、レジンでコーティングしたりマニキュアを塗ったり、様々な着色方法で作品を作るのが主流となっています。

色鉛筆やポスカ、様々な着色方法でオンリーワンの作品に

着色方法によって全く違った仕上がりになるのもプラ板(プラバン)作りの人気の1つです。着色方法によって遊びの域を超えた作品になるプラバン、そんなプラバンに大人も夢中になるのは当然の事ですね。同じデザインでも着色の材料によって全く違った仕上がりになります。作品の一つ一つがオンリーワンな所も人気ですね。

色鉛筆、ポスカ、着色する材料が豊富

プラ板(プラバン)作品の作り方は、まず透明のプラ板に好きなデザインを油性ペンで描く事からです。ここまでは昔と同じ作り方です。昔ならその後に油性ペンで着色するのが通常でしたが、趣味の世界のクオリティが高くなった今のプラバンは色鉛筆やポスカなど様々な材料で着色します。ではどの材料を使うと、どういう仕上がりになるのでしょうか。

昔ながらの油性ペン

昔ながらの油性ペンによる着色も、昔と今とは塗り方や作り方が進化して、クオリティの高いプラ板(プラバン)作品が作れます。昔は単にプラバンに油性ペンで絵を描きトースターで焼いて、縮んで小さくなったプラバンを見て子供達が大喜びするというのがプラバン遊びでした。しかし今の油性ペンによるプラバンはステンドグラスのように美しく仕上がります。

関連する記事