自信をつけるための20の習慣&心構え!恋愛・仕事・勉強など具体策も!

前半では、自信がない人の特徴や、その理由・原因、自信をつけるための20の習慣&心構えをご紹介。後半では、〈恋愛〉〈仕事〉〈勉強〉など、より具体的なシーンとその解決策を解説します。自分に自信をつける言葉・名言集や、自信をつけるためにおすすめしたい本も紹介するので、参考にしてくださいね!

目次

  1. 自信をつけるには?
  2. 自信がない人の特徴7つ
  3. 自信が持てない人の理由・原因5つ
  4. 自信をつけるための20の習慣&心構え!
  5. 〈恋愛〉で自信をつけるための具体策!
  6. 〈仕事〉で自信をつけるための具体策!
  7. 〈勉強〉で自信をつけるための具体策!
  8. 自分に自信をつける言葉・名言集
  9. 自信をつけるために読みたいおすすめの本5選
  10. 自信をつけるには習慣・心構えから!

自信のない人は、他人と比較する傾向があります。もともと生まれた時から個人差があり、また得意不得意があるはずなのにそれを認めず、他人と比べて劣っている点で自分を攻撃します。

自信のある人は、自分と他人を比べるよりも、今の自分と過去の自分を比べて、自分の成長が素晴らしいものだと考えます。よく考えると、周りと比較して幸せになる事はほとんどありません。

4.他人に依存する

自信のない人は、他人に依存するメンタルが癖になっています。これは幼少期に原因があることが多く、親が子供に対してあれこれと多くのことを指示することで、子供の「自分で決めよう」とする自立心の発達を遅れさせたことにあります。

とはいうものの、大人になってしまえば自分の行動は自分自身が決めることができます。他人の意見や存在に依存することは、自分の自立心を抑えてしまうので、少しずつ自分の意見を伝えたり、したいことを行動とっていきましょう。

5.自信がなくなる習慣がついている

自信がつかない原因として、「自分には無理」「自分はたいしてすごくない」と言った「考え」や「言葉」が習慣になってしまっていることがあります。これは習慣なので直すことができます。

自信をつけるためには、「自分には無理」という考え方や言葉が出てきたら「まずやってみよう」、「自分はたいしてすごくない」が出てきたら「でも、素晴らしい存在だ」と変換して言葉に出してみましょう。

自信をつけるための20の習慣&心構え!

ここでは自信をつけるための習慣や心構えをお伝えします。どれもシンプルなものばかりなので、自信をつけるために、この方法を実際に行動に移して習慣かしてみてはいかがでしょうか。

1.自分の感情に気付く

自分の感情に気付くことは、自信をつけるための第一歩となります。自分が嫌だと思っていることを、その感情に気が付かずに行っていると、物事がスムーズに行かずに自己否定につながることがあります。

女性の方が男性よりも自分の感情に気が付くことが上手とされていますが、女性も男性も感情に振り回されるのではなく、感情に気が付いて、自分がどのように感じているのかを受け入れることが大切です。自分の感情を意識すると物事を客観的にみれるようになる心理的効果もあります。

K.E.

40代

自分って今どんな感情なんだろう?って考えるようになったら、感情に振り回されることがなくなってきました。嫌な感情の時は環境を変えるように意識したら、家族関係が良好になってきました。

2.自分を大切にする

自分の一番近くにいる存在、それは自分自身です。人からいくら大切にされても、自分自身を大切にしていなければ、本心はさびしく感じ明るくなれません。これも自己否定につながります。誰よりも自分を大切に考えましょう。

どうしても自己犠牲にならないといけない状況の時は、自分自身に「ごめんね」と謝ると、自分を大切にする想いが心に伝わります。

3.完璧主義をやめて自信をつける

関連する記事