つわりに効く・悪化させる食べ物とは?おすすめの食事20選!

【医師監修】妊娠初期には、ほとんどの妊婦さんが経験するつわり。つわりがひどくて食事がつらくなっていませんか?今回はひどいつわりに効く食べ物はどんなものなのか、悪化させる食べ物のはあるのか?と併せてオススメの食事と食べ物を紹介していきます。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. つわりとは?
  2. つわりに効く食べ物は?
  3. つわりを悪化させる食べ物は?
  4. つわりに効く食事と食べ物おすすめ20選
  5. つわりでも食べられる食事12選
  6. つわりでも食べられる食べ物8選
  7. つわりで食事が食べられない時のコツ
  8. つわりで食べ物が食べられない時の対処法
  9. つわりで食べ物が食べられない!病気の可能性は?
  10. 食事が取れない時は無理しないことも大切!

吐き気のひどい妊娠初期の妊婦でも食べられるのが、ヨーグルトです。プレーンヨーグルトは酸味が効いているためつわり中でも食べやすい食べ物です。まとめて栄養を取りたい場合は、果物を入れて食べるといいでしょう。甘いヨーグルトの場合は、甘さで気持ち悪さを悪化させてしまうことがあるため注意が必要です。

つわりに効く食べ物その5. アイスクリーム

吐き気のひどい妊娠初期の妊婦でも食べられるのが、アイスクリームです。アイスクリームは冷たくつわり中の妊婦でも食べやすく、つわりを緩和してくれる食べ物です。アイスは外食先でも買って食べることが出来ます。

しかし、アイスクリームも甘み成分が多く、胃もたれを起こしつわりを悪化させる可能性もあります。食べ過ぎには注意が必要です。さらにアイスばかり食べていると栄養も偏り、体が冷える原因にもなるため、注意しましょう。

つわりに効く食べ物その6. みかん

果物はつわりがひどい妊娠初期の妊婦でも食べられる場合が多いでしょう。みかんは酸味と適度な甘さが妊婦に好まれ、つわりを緩和してくれる食べ物です。ビタミンとともに水分も補給できるため、栄養面でも問題ありません。

新米ママ

20代

ここ何日かみかんが主食。それ以外受け付けない。つわりっていつまで続くの?

みかんには美肌効果もあり、胎児にもいい影響を及ぼします。しかし、糖が含まれているため食べ過ぎるとカロリーがオーバーします。みかんは1日2個までとされているため、注意しましょう。

つわりに効く食べ物その7. 梅干し

つわりがひどく、食欲がない妊娠初期の妊婦でも食べられるのが梅干しです。梅干しは食欲増進効果があるため、妊婦のつわりに効果的な食べ物です。しかし、梅干しは塩分も多く、そのままで食べ続けると栄養面でも妊婦の体によくありません。つわりが悪化してしまう可能性もあります。梅ぼしを食べる時はおかゆに乗せたり、お茶漬けと一緒に食べるようにしましょう。

つわりに効く食べ物その8. トマト

吐き気のつらい妊娠初期の妊婦でも食べられるのがトマトです。トマトには疲労回復や食欲増進の効果もあり、体内の塩分を排出してくれる効果もあります。

ミニトマトは一口で食べやすく、トマトは大抵サラダの中に入っているため外食先でも食べることができます。手軽にどこでも食べられる食べ物のため、おすすめです。

つわりで食事が食べられない時のコツ

妊娠初期のひどいつわりを緩和してくれる食事や食べ物を紹介してきました。何を食べる場合でも食べ過ぎはつわりを悪化させてしまいます。食べられる余裕があるときでも少しずつ食べるようにしましょう。

そして、塩分や油はなるべく少なめに摂るようにしましょう。塩分や油の過剰摂取はつわりを悪化させるだけではなく、妊娠高血圧症候群にもなりかねません。さらに、動物性たんぱく質の肉や、うなぎなどのビタミンAは摂りすぎると、赤ちゃんに影響を及ぼす危険があるため、摂りすぎないようにしましょう。

つわりで食べ物が食べられない時の対処法

妊娠初期のつわりを緩和させる食べ物を紹介してきました。しかし、ひどいつわりで食べ物が食べられないこともあります。ここからは、そんな時の対処法を紹介します。

食べ物が食べられない時の対処法その1. 水分補給をしっかりと

食べ物が食べられなくても水分補給だけはしっかり行いましょう。つわり中の妊婦でも飲みやすいと人気の飲み物が、炭酸水や炭酸飲料です。自分の飲める飲み物を探し、脱水症状にならないようにすることが大切です。

コーヒなどのカフェインが入っている飲み物はつわりを悪化させる原因となるため、極力控えましょう。しかし、カフェインの入っていない妊婦用のコーヒーも売っています。どうしても飲みたくなった場合は妊婦用の飲み物を活用しましょう。

(妊娠初期のコーヒーについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦はコーヒーをどれほど飲んでいい?妊娠初期のカフェインは要注意!

関連する記事