100均のジョイントマット7選!ダイソー・セリアなど!レイアウト実例も!

大判タイプなど100均のジョイントマットのサイズや、用途に合わせたそれらの選び方を《ダイソー》《セリア》《キャンドゥ》など店別に紹介。〈子供部屋〉〈リビング・ダイニング〉〈キッチン・バス・トイレ〉などでの100均のジョイントマットを使ったレイアウトのおすすめも多数ご紹介します。

目次

  1. 100均のジョイントマットが優秀!
  2. 100均のジョイントマットの素材やサイズ、選び方は?
  3. 100均《ダイソー》のおすすめジョイントマット3選
  4. 100均《セリア》のおすすめジョイントマット2選
  5. 100均《キャンドゥ》のおすすめジョイントマット2選
  6. 100均のジョイントマットを使った〈子供部屋〉レイアウトおすすめ4つ
  7. 100均のジョイントマットを使った〈リビング・ダイニング〉レイアウトおすすめ6つ
  8. 100均のジョイントマットを使った〈キッチン・バス・トイレ〉レイアウトおすすめ4つ
  9. 100均のジョイントマットを使った〈その他〉レイアウトおすすめ4つ
  10. 100均のジョイントマットで快適な暮らしを!

100均のジョイントマットが優秀!

100均のジョイントマットを活用したことがありますか?ちょっとした隙間に敷きたい、マット代わりに使いたい、フローリングの床を張り替えるまでもないけどリメイクしたいと思いますよね。そんな時に気軽にフローリングなどの上に100均のジョイントマットを敷く人が増えています。100均なので、リーズナブルに気軽にできる点がおすすめですよ。

(100均での部屋の模様替えや可愛い部屋の作り方は以下の記事も参考にしてみてください)

100均で部屋を模様替え!リメイク・収納術&インテリア実例30選
可愛い部屋の作り方*10のコツ&実例写真・画像集!100均や韓国のトレンドも

100均のジョイントマットの素材やサイズ、選び方は?

100均のジョイントマットの素材やデザインは?

ジョイントマットは、どんな素材でできているのでしょうか。100均のジョイントマットはポリエチレンやコルク素材のジョイントマットもありますが、多くがEVA素材でできています。EVA素材とは、「エチレン・ビニール・アセテート」の略です。ポリエチレンより柔らかで軽い素材で、クッション性と耐久性が特徴。また、有害物質を含まない素材です。

子供部屋などに敷くこともあって、耐久性だけでなく安全性も気になりますね。また、EVA素材でも木目調のものもあります。木目調は、他のフローリングともなじみやすい点がポイントですね。他にも、コルク素材のマットであれば暖かい雰囲気が出ますし、他にも子ども達に人気の楽しい絵が描かれたジョイントマットもあって可愛いですよ。

100均のジョイントマットのサイズは?

100均のジョイントマットのサイズですが、基本は正方形で通常のサイズは30cm×30cm×厚さが約1cmです。種類によっては6mmなどというものもあります。大判になると45cm×45cm×厚みが約1cmです。また、長方形の33cm×59cm×厚さ1cmなどというサイズもあります。

他の市販のメーカーの物も1辺が30cmや大判の45cm、60cmのサイズが一般的です。通常のサイズか大判サイズかはお好みによって選ぶといいですね。敷いた時の雰囲気もサイズによって少し変わってきます。細かく色を組み合わせて敷きたい時は通常サイズを選び、大きな柄にしたい場合は大判サイズを選ぶ方法もありますね。

100均のジョイントマットの選び方は?

100均のジョイントマットを選ぶ際には、クッション性も大事でしょう。厚みがあるジョイントマットですと、よりクッション性があって、フローリングだけの状態と比べて子ども達が転んだりしても安心です。ジョイントマットのサイズや厚さを参考に、どんな目的でジョイントマットを敷くのか、どこに敷くのかによってジョイントマットを選ぶのもいいでしょう。

フローリングの防音や保温効果も

ジョイントマットをフローリングの上に敷くのは、クッション性だけでなく、防音や床の保温効果のために敷く人も多くいますよ。フローリングの床が冷たく感じる場合がありますよね。特に冬はジョイントマットをフローリングに敷くと温かく感じておすすめとの声が多くあるようです。

(大判のジョイントマットについては以下の記事も参考にしてみてください)

大判のジョイントマット人気ランキング30選&配置実例集!上手な選び方は?

100均《ダイソー》のおすすめジョイントマット3選

関連する記事