新生児微笑や社会的微笑の意味って?赤ちゃんの笑顔を引き出す方法も紹介!

生まれたばかりの新生児の笑顔にはとても癒やされます。しかし、新生児の笑顔の意味は心から面白いと思って笑う、社会的微笑と言われるものではなく、生理的に起こる新生児微笑と言われるものなのです。赤ちゃんの笑顔の秘密や笑顔を引き出す方法についてもご紹介していきます。

目次

  1. 新生児微笑・社会的微笑とは?意味は?
  2. 赤ちゃんの新生児微笑・社会的微笑はいつ見られる?〜みんなの体験談!
  3. 赤ちゃんは自分の意思でいつ笑う?笑わない原因は?
  4. 赤ちゃんの笑顔を引き出す方法!
  5. かわいい瞬間を収めよう!赤ちゃんの笑顔を写真で撮る方法!
  6. 新生児微笑・社会的微笑の違いを赤ちゃんで確認してみて!

新生児微笑・社会的微笑とは?意味は?

新生児の表情を見ていると、ときどき「いま、笑った?」と思わせるような笑顔が見られるます。それを見て家族は、「反応して笑顔を見せてくれたのだ」とと大喜びするかもしれません。ですが、まだ新生児は心から笑っている訳ではないのです。感情や表情をつかさどる機能が未発達なため、生理的に起きている現象と言われています。

その不思議なメカニズムや笑顔の意味をご紹介していきます。

新生児微笑(生理的微笑)

新生児微笑とは、赤ちゃんが生まれ持った本能によって無意識に起こるほほえみのことです。専門的には、生理的微笑とも呼ばれています。生理学的には単なる筋肉の動きが、笑顔のように見える現象だと言われてるのです。

赤ちゃんは、生まれたての頃には片方の唇だけをキュッと上げることが多く、日齢を重ねるごとに、徐々に両方の唇を上げられるようになります。授乳のあとに見られることが多いのは、お腹が満たされて満足しているサインのためとも言われているからです。

日本以外の国でも、新生児微笑は「エンジェルスマイル」と呼ばれ、まさに天使のような無垢な笑顔に癒されるのは万国共通の感覚として知られています。

社会的微笑

新生児微笑(生理的微笑)が本能的な動きなのに対して、社会的微笑とは、赤ちゃんの感情表現で見られるものです(※1)。一般的には生後2~3ヶ月頃に見られるため「3ヶ月微笑」とも呼ばれています。ママやパパを見てにっこりと笑ったり、時には声を出したりします。新生児微笑とは様子が違うので、ママもすぐに気づけることでしょう。

社会的微笑は、赤ちゃんが周囲の刺激に対する反応として起こる微笑みなので、赤ちゃんの中に社会性が芽生えていることの証だと言われています。

(赤ちゃんの笑顔と発達については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児の笑顔の発達はいつから?笑う理由って何?

赤ちゃんの新生児微笑・社会的微笑はいつ見られる?〜みんなの体験談!

2児のママ

30代

びっくり!2人目の息子は出産後6時間という早さで、新生児微笑を見せてくれました!あまりの早さに写真や動画におさめることも出来ず…。お兄ちゃんの時には生後しばらく経ってからのことだったので、こんなに早くに見られるなんて驚きでした。

産後すぐに新生児微笑がみられることもあります。新生児の表情の変化を余計に見逃せなくなりますね。

りさママ

20代

笑った?笑っていない?生後2週間頃の微妙な表情を発見!なんとかその笑顔を写真に収めようと、一人でスマホと格闘することもしばしば…。でも、スマホをかざすと、いつの間にか赤ちゃんは真顔に。手元にのこったのは「手ブレ写真」ばかりでした(笑)。

新生児の天使のような笑顔を写真に撮るのは、とても難しいというお悩みが多いです。タイミング良く撮れずに、試行錯誤している新生児のママに良くみられる体験談です。

2人の子育てママ

30代

お兄ちゃんが寝ている横で、下の娘を寝かしつけいたときのことでした。隣で眠る兄に向かって「パンチー!」と言わんばかりにグッと両手を伸ばしながら、ニヤ〜っと新生児微笑してました(笑)。

新生児微笑は赤ちゃんが寝たばかりの頃に良くみられます。時には体を動かしながら微笑むこともありますよ。

にっこりママ

20代

生後1ヶ月になる息子のおむつ替え中、お尻がオープンになっているときに、ゆるゆるうんちを大噴射!私の服がうんちまみれに…。その直後、満面の新生児微笑を見せてにっこり。服が汚れたショックも、笑顔のかわいさで許せちゃいました(笑)。

授乳後や寝ている時だけでなく、排泄後にもスッキリ感から新生児微笑を見せることもあります。

みくママ

20代

生後79日目になりました。数日前からニコニコしながら話しかけると、にこっと笑い返してくれています。生理的微笑じゃなくて社会的微笑になってきたかも?と感じています。

社会的微笑は2~3ヶ月頃になると増えてきます。その反対に新生児微笑は徐々に減っていく時期でもあるのです。

ねねママ

30代

生後2ヶ月半を過ぎ、新生児微笑の代わりに社会的微笑が増えてきて、目が合ったり楽しかったりするとニコニコしている。たまに声を出してエヘヘって笑うようになったけど、自分を見てこんなに無条件に嬉しそうにしてくれて、いつも感激してる。

社会的微笑が見られるようになると、声を出して笑うことも多くなります。声を出して笑う瞬間を見られると、まだ数ヶ月しか経っていない時期でも、子供の大きな成長を感じられることでしょう。

ぺこりママ

20代

生後2ヶ月をすぎた息子。まだあんまり笑わない…。社会的微笑は顔真似から始まるらしく、つまり私が笑顔であやしてないから、笑うようにならないのかも…と反省。けっこうワンオペしんどくて無表情だったせいなのかも。

社会的微笑は、ママやパパの表情を見て喜んでいる証拠です。慣れない育児は大変ですが、赤ちゃんの表情を見ると心が穏やかになるでしょう。「育児がつらい」と思ったら、1度赤ちゃんの表情をゆっくり見てみるのも良いかもしれませんね。

赤ちゃんは自分の意思でいつ笑う?笑わない原因は?

新生児微笑(生理的微笑)と社会的微笑は、ほほえみの名の通り、にっこりと表情を作ることです。赤ちゃんが「キャッキャッ」と声を出して笑うようになる時期は、個人差がありますが、だいたい生後6ヶ月前後からだと言われています。

生後6ヶ月頃になると、赤ちゃんの好きなおもちゃに触れたり、音や刺激を感じたりすることで、声を出して笑う機会が多くなります。その頃の赤ちゃんの笑わない原因には、ママの表情が固かったり、刺激不足によることもあるのです。しかし、成長過程には個人差があるので、あまり神経質になりすぎずに成長を待つ気持ちも大切になるでしょう。

(赤ちゃんの笑顔については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔の理由は時期ごとに違う?体験談多数

赤ちゃんの笑顔を引き出す方法!

可愛い笑顔を引き出すためには、どのような方法があるのでしょうか?赤ちゃんの貴重な笑顔の瞬間を見たいというママやパパの声に応えられるような、すぐにできる方法をご紹介していきます。

いないいないばあ

「いないいないばあ」と言いながら、赤ちゃんに良く見えるように、顔を赤ちゃんの顔から30センチぐらいの距離まで近づけてあやすと効果的です。赤ちゃんの笑顔を引き出すためには、ちょっと大げさな位にびっくりした表情を見せると喜びます。

鼻に息を吹きかける

新生児は鼻に息を吹きかけたり、風を当てたりすると口を動かす様子が良くみられます。直接息を吹きかけたり、内輪であおいでみると効果的です。

お腹やわき腹をくすぐる

個人差はありますが、赤ちゃんも大人と同じように脇ばらやお腹は刺激に敏感なので、くすぐると笑顔を見せてくれることが良くあります。こちょこちょと優しく刺激をして遊んでみましょう。

スキンシップを意識する

新生児は肌に触れるものに敏感で「安心する」「落ち着く」など多くのことを肌から感じています。ママやパパ、家族とのスキンシップを増やすことを意識して、抱っこやベビーマッサージを行い肌に直接ふれるようにしましょう。赤ちゃんが喜んで笑顔をみせてくれることも増えるはずですよ。

おもちゃであやす

赤ちゃんのお気に入りのおもちゃであやしてみましょう。赤ちゃんの目の前でおもちゃを動かして、反応を見ていると興味を強く示すおもちゃが見つかることでしょう。光ったり、音が出たりするおもちゃにも良く反応して笑顔を見せることがあります。

(新生児の頃からおすすめのおもちゃについては以下の記事も参考にしてみてください)

月齢別・新生児のおもちゃ人気おすすめ20選!あやし・知育効果が高いものは?

かわいい瞬間を収めよう!赤ちゃんの笑顔を写真で撮る方法!

赤ちゃんの笑顔の瞬間を写真に収めることは、多くの方が難しいと感じることですよね。笑顔の瞬間を写真に収めるには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか?

まず、カメラを向けると真顔になってしまう赤ちゃんには、視界を外して目線をずらした位置から撮影することが大切です。スマホで撮るときにはインカメラ機能で画面を見せると笑う子もいるので、試してみましょう。

ママ1人で撮影するとタイミングが難しいので、周囲に人がいるときに誰かにあやしてもらったり、撮影をお願いすると、ベストショットが撮りやすくなりますよ。

新生児微笑・社会的微笑の違いを赤ちゃんで確認してみて!

生まれてすぐの頃からみられる新生児微笑から、話しかけたり、あやしたりした時に見せる社会的微笑へと変化していく様子は、ハッキリとママの感覚で分かることでしょう。「あ、笑い方が変わった」と気づくタイミングは赤ちゃんの成長を感じられる感動のひとときです。

わずかである新生児微笑を見られる時期はとても貴重ですし、成長した様子を実感することもまた別の喜びを感じられるはずです。1度しかない赤ちゃんの成長のひとときを間近で感じて、味わってみてくださいね。

関連する記事