保育園には夏休み・冬休みがない?保育料は別途発生する?一時保育の利用方法も!

保育園の夏休み・冬休み・春休みなどの長期休暇の有無をはじめ、各シーズンの休みの一般的な日程・期間を紹介します。両親が仕事の場合の対処法や、一時保育の利用方法、保育園が夏休みなどで休みの日に、忙しいママ・パパでも子供に思い出作りをさせてあげられる過ごし方も見てみましょう。

目次

  1. 保育園に夏休みなど長期休暇はあるの?
  2. 保育園の夏休み・お盆休みの一般的な日程・期間
  3. 保育園の冬休み・年末年始の一般的な日程・期間
  4. 保育園の春休みの一般的な日程・期間
  5. 保育園の夏休み・冬休み・春休みは普段の保育方法と異なる?
  6. 保育園が夏休み・冬休み・春休みで両親が仕事の場合の対処法
  7. 保育園が長期休暇の際の一時保育の利用方法は?
  8. 忙しいママ・パパにおすすめの子供の過ごし方!
  9. 保育園が夏休み・冬休み・春休みの際どうしてた?【体験談】
  10. 保育園が休みでも色々な対策がある!

保育園に夏休みなど長期休暇はあるの?

共働き世帯にとって、保育園は一緒に子育てをしてくれる頼もしい存在です。しかし保育園の休園日と仕事の休日がなかなか合わない人もいるでしょう。多くの保育園は土曜日も子供を預かってくれるので、基本的な休みは日曜日ですが、その他に長期休暇はあるのでしょうか?

学校では夏休みや冬休みといった長期期間の休みがあり、その期間は学童保育などで子供たちは過ごします。幼稚園でも基本、夏休みや冬休みといった長期の休みがありますが、保育園ではどうでしょうか?保育園の長期休暇についてみてみましょう。

(保育園については以下の記事も参考にしてみてください)

保育園・幼稚園の入園に必要なものは?手続きや流れ、入園基準など!

保育園の夏休み・お盆休みの一般的な日程・期間

保育園は基本的に夏休みがありません。あったとしても、学校の夏休みのような長期的な休みではなく、お盆期間中の2~3日程度でしょう。しかし夏休み期間中、お盆時期をずらしてまとまった休みをとる人がいるため、保育園は前もって長期に休む期間があるかどうかの調査を行うところがあります。

一般艇な夏休みにあたる期間は、パパママの休みに合わせて夏休みをとる子供も少なくありません。ですので、さまざまな年齢の子供をひとつの教室に集めて一緒に保育を行う保育園もあります。その期間中、保育士も交代で夏休みを取得します。

保育園の冬休み・年末年始の一般的な日程・期間

保育園の冬休みは、基本的に年末年始の4~6日程度でしょう。カレンダーにもよりますが一般的に、仕事納めとされる12月28日の翌日29日から仕事始めの1月4日の前日3日までの期間が保育園の冬休みとなります。

どうしても休みが取れず子供の預け先に困る家庭もいることから、年末保育を実施してくれる地域や施設もあります。その際は別途保育料が必要となる保育園もあるでしょう。

保育園の春休みの一般的な日程・期間

保育園には地域や施設にもよりますが、2~3日程度の春休みがあります。新入園児が入ってくるための準備や施設メンテナンスのために必要な期間として設けられています。

(保育園については以下の記事も参考にしてみてください)

保育園・幼稚園の給食はどんなの?献立例は?アレルギーの対応は?

保育園の夏休み・冬休み・春休みは普段の保育方法と異なる?

一般的な夏休みや冬休み前になると、連休をとる予定があるかどうかの調査を行う保育園があります。保護者も仕事を休み帰省や旅行に出かけるため、子供も保育園をお休みすることがあるでしょう。保育園にくる生徒の数が少なくなることから、異なる年齢の子供も一緒にまとめて保育を行う保育園があり、これを「合同保育」と言います。

合同保育には、異なった年齢のこと遊ぶ機会を設けていつもと違った環境で学べるという利点があります。またいくつかの部屋にまとめて保育を行うことができるため、保育士が交代で休みをとることができるのも大きなメリットです。

保育園が夏休み・冬休み・春休みで両親が仕事の場合の対処法

保育園が夏休みなどの長期的な休みで両親が仕事を休めない場合の対処法を見てみましょう。さまざまな対処法を準備しておくと、いざという時にあわてずにすみますね。

夫婦交代で休みを取る

年末年始は会社全体で休みになることが多いですが、お盆休みは祝日ではないため、お盆期間前後に職場の人が交代で夏休みをとるというケースもあるでしょう。ですので、夫婦の休みが重ならないようにし、保育園の夏休みにも自宅保育ができるようにします。

祖父母や親戚にお願いする

遠方や近場かということに限らず、子供の預け先として祖父母や親戚を頼る人もいます。祖父母の家に預けに行く場合や、家に来てもらう人もいるでしょう。今は共働きしている夫婦も多いことから、夫婦交代で休みを取るように、親戚同士交代で子供を見る場合もあります。お盆や年末年始なら親戚一同集まる家族もいます。

子供たちに任せる

小さい子供の場合は難しいですが、少し大きな子供がいる場合は、思い切って子供たちだけで任せるという家庭もあります。家の中で楽しめるように好きなDVDを用意したり、お昼ご飯はお弁当などを用意し火を使わなくてすむ工夫などをしましょう。仕事を休めない代わりに短時間勤務に変えて、子供だけの時間を減らす方法もあります。

一時保育を利用する

いつもとは違う施設で一時保育を利用します。いつもの保育料とは別に料金が必要になってしまいますが、どうしても休めない場合はとても助かるサービスです。前もっての手続きや面談が必要な場合がありますので、利用する可能性があるなしにかかわらず登録をすませておくと、いざという時に困らないでしょう。

ファミリーサポートを利用する

ファミリーサポートとは、仕事や急用で子供の世話ができない時に、会員同士で助け合いをする地域子育て支援事業です。保育料は比較的お手頃価格になっていますので、気軽にお願いすることができます。前もって登録する必要がありますので、説明会などに参加して利用方法などを調べておきましょう。

ベビーシッターを利用する

保育料が高いイメージがありますが、自宅で保育してもらえるベビーシッターはいざという時に共働き夫婦の強い味方になるでしょう。サービス内容も充実していて、近年では家事代行なども引き受けてくれるところもありますので、食事作りなどを任せることもできます。

高額な保育料に利用をあきらめてしまう人もいますが、保育のプロに預けられる安心感で満足度が高く、1度利用すると繰り返しお願いする人もいます。

(ベビーシッターについては以下の記事も参考にしてみてください)

ベビーシッターのサービス内容や料金相場は?関東圏おすすめ業者7選!

ママ友同士交代で休みをとる

稀なケースではあるものの、近くに仲の良い信頼のおけるママ友がいた場合など、ママ友同士で休みをずらして交代で子供のお世話をすると言う人もいます。日頃から帰宅が遅くなった場合にお迎えをお願いしたり、困っているママ友を助けてあげたりしていると、いざという時も助け合いができるのかもしれませんね。

保育園が長期休暇の際の一時保育の利用方法は?

保育園が長期休暇になる際、一時保育を利用する人もいるでしょう。一時保育が利用できる施設は、自分が住んでいる地域の自治体のホームページに掲載されていることがあります。保育園や小規模保育事業、認定こども園などに一時保育を受け入れてくれる施設がありますので、前もって確認しておきましょう。

一時保育には、一時的に保育困難な場合は「非定型保育」、冠婚葬祭や緊急の入院または介護などの場合は「緊急保育」、保護者の心理的または肉体的な負担を軽減するための「リフレッシュ保育」があります。急に子供の預け先に困った場合、24時間一時保育に対応してくれる施設もあり自治体が把握していますので、事前に確認しておきましょう。

申請・利用方法は?

住んでいる地域の役所に確認してみましょう。利用を考えている保育園で直接申し込むのが一般的です。施設によって受け入れてくれる年齢や利用時間に若干違いがありますので、保育料も合わせて事前に調べておくことが必要です。申し込みをしてすぐに利用できるのではなく、子供の様子や利用する目的、日数などを確認するための面談があります。

(育児と仕事の両立については以下の記事も参考にしてみてください)

育休復帰!育児と仕事の両立を行うための準備と心構え!

忙しいママ・パパにおすすめの子供の過ごし方!

保育園が長い期間の休みに入るときに、仕事が忙しくて休みがとりにくい家族におすすめの子供の過ごし方を紹介します。

遠方の親戚の家へ泊まりに行く

子供の祖父母や親戚の家へ泊まりに行くことをおすすめします。いつもと違った環境で、見慣れない景色や生活スタイルに新鮮味を感じて楽しく過ごせるでしょう。一般的な夏休みや冬休み期間中は、お祭りや花火大会などの季節に合わせたイベントや自然をゆっくり満喫するような遊びがたくさんできますね。

お盆や年末年始なら親戚一同が集まる家庭もあるでしょう。日頃は気軽に会いに行くことができない距離に親戚が住んでいる家族もいます。長期休暇はそういった家族にも会いに行きやすい機会ですので、家族が予定を合わせやすいように早めに相談すると良いでしょう。

習い事の夏期講習

習い事の夏期講習へ申し込むのも良いのではないでしょうか。送迎のあり・なしや、どのくらいの時間子供を預けられるかも習い事を選ぶ際のポイントになるでしょう。身近にいる夫婦共働き世帯から情報を集めて、うまく乗り切る方法を探しましょう。

宿泊サマーキャンプに参加する

夏休み期間中などは、地域のサマーキャンプなどもあります。親と離れて宿泊するものもあり、自然を満喫したり日頃なかなかできない経験を積ませてもらえたりと、子供が成長するきっかけにもなるでしょう。家族以外の人とのふれあいから学べることもあります。

ファミリーサポートや一時保育を利用する

地域の子育て事業にサポートをしてもらうのも良いでしょう。事前登録しておけば、保育園の長期休暇だけにかぎらず、いざという時にも利用できます。

共働き世帯にとって、保育園が休みの日に仕事が休めない日があるというのは想定内のことですね。常に同じ環境にある人達から情報収集をしておき、様々な方法で乗り切れるよう準備しておきましょう。

保育園が夏休み・冬休み・春休みの際どうしてた?【体験談】

保育園が冬休みなど長い期間の休みに入った場合、仕事や休めないパパママはどうしていたのでしょうか?体験談を見てみましょう。

アパレル販売員

30代前半

年末年始は福袋の販売などもあって1人でも多く出勤してほしいという職場。夫婦そろって休みが取れないから、両親にお願いしたよ。「年末年始に家族バラバラじゃ子供がかわいそう」ということで、両親がうちに来てくれた。帰宅は遅くなったけど、年越しは家族で過ごせて両親に感謝。

大型スーパー勤務

30代後半

同じ職場の近所のママ友と一緒にベビーシッターをお願いしました。いつもどちらかの家でまとめてみてもらっているので、保育料も割り勘ですごく助かってる。子供同士も仲良しなので、シッターさんも「2人で遊んでくれるので安心して見守っています」と言って喜んでくれますよ。

飲食店勤務

30代前半

夫婦共に休みがとれないお盆休みがあった。認可外保育の一時保育もいっぱいだったから、仕方なく仕事場につれていくことに。休憩室で待っててもらったら、職場の人が休憩入った時に交代で子供みてくれて。「良いところに勤めているな」と感謝してさらに仕事頑張ったよ。

どうしても休みがとれない時に、さまざまな手段で乗り切る方法があります。年末年始を始め、一般的な連休に休みがとりにくい仕事についている人は、前もってどのように対処すればよいのか調べておきましょう。家族だけでなく周囲の人から助けてもらうこともできます。日頃から周りの人と助け合いながら関係を築いておくことが大切です。

保育園が休みでも色々な対策がある!

保育園が休みの時に、休みが取れない仕事をしている人も多くいます。しかしながら、家族や地域のサポートや職場の人の協力により乗り越えている人もいるでしょう。そのためには日ごろからの家族つきあいや周囲との関係作りが大切です。住んでいる地域にどのようなサポートがあるのかも、前もって調べておくと良いでしょう。

関連する記事