出産祝いメッセージの書き方は?タイミングは?相手との関係別文例集

子供の誕生を祝う出産祝いには、メッセージを添えると贈る相手にも喜ばれます。しかし、初めて出産祝いを贈る人は「メッセージはどのように書くの?」「いつ贈ればいい?」などの疑問がありますよね。ここでは、贈る際のタイミングや相手との関係別に具体的な文例もご紹介します。

目次

  1. 出産祝いとは?注意点とともにご紹介
  2. 出産祝いのメッセージはどのようなもの?
  3. メッセージはカード以外の方法もある?
  4. 出産祝いのメッセージ!贈るタイミングはいつ?
  5. メッセージの一般的な書き方は?
  6. メッセージ文例集を関係別でご紹介
  7. 出産祝いのメッセージで注意すべき事は?
  8. メッセージは出産を祝う気持ちを大切に!

ご出産おめでとうございます。心ばかりですがお祝いの品をお贈りします。誕生した子供さんの成長とご家族の発展を心からお祈りします。

義理のおつきあいの人にはリサーチと一般的なメッセージを。

出産祝いのメッセージで注意すべき事は?

出産祝いのメッセージは贈る相手のママや家族を気遣う事が大切です。産後はママにとっても、とてもデリケートな時期。過剰にプレッシャーをかけたり、嫌な事を連想させるような望ましくない言葉は使わないようにマナーを守りましょう。

メッセージに使ってはいけない言葉はある?

出産祝いのメッセージカードなどでは使ってはいけない言葉がマナーとしてあります。消える・終わる・苦しいなどの忌み語といわれるものです。それぞれ、苦しみや悲しみなど悪いことを子育て中のママに連想させてしまいます。メッセージの中にこれらの言葉が入らないように気をつけましょう。

親しい友達と知人では内容は同じ?

親しい友人と知人では文章は変えるのがおすすめです。親しい友人は普段使っているような言葉使いで少し踏み込んだ内容でも良いでしょう。知人の場合は過度な敬語は必要ないですが、一般的な丁寧な言葉で書くのがおすすめです。あまり書く言葉が見つからない場合はカードが人気ですね。

メッセージは出産を祝う気持ちを大切に!

出産祝いのメッセージはお祝いの中でも特に大切な物ではないでしょうか。それは生命の誕生を祝うとても貴重なお祝いだからですよね。親になるというとても素晴らしい体験をしたママと、誕生した赤ちゃんへのお祝いの気持ちはとても大切です。その想いを込めてデリケートな産後のママへの配慮も忘れずにマナーを守って伝えましょう。

そして出産祝いは命に関わるデリケートなものです。贈る側の思いも大切ですが、贈る相手の思いを尊重し傷つける事がないようなメッセージが必要ですね。贈る側は出産祝いのメッセージ文例などを調べて相手のママの気持ちを沈ませる事が無いように気をつけましょう。

関連する記事