出産祝いメッセージの書き方は?タイミングは?相手との関係別文例集

子供の誕生を祝う出産祝いには、メッセージを添えると贈る相手にも喜ばれます。しかし、初めて出産祝いを贈る人は「メッセージはどのように書くの?」「いつ贈ればいい?」などの疑問がありますよね。ここでは、贈る際のタイミングや相手との関係別に具体的な文例もご紹介します。

目次

  1. 出産祝いとは?注意点とともにご紹介
  2. 出産祝いのメッセージはどのようなもの?
  3. メッセージはカード以外の方法もある?
  4. 出産祝いのメッセージ!贈るタイミングはいつ?
  5. メッセージの一般的な書き方は?
  6. メッセージ文例集を関係別でご紹介
  7. 出産祝いのメッセージで注意すべき事は?
  8. メッセージは出産を祝う気持ちを大切に!

出産祝いでまず大切なことは出産の無事を確認することです。出産の無事を確認できた場合、生後7日から1ヶ月ぐらいのタイミングで贈ると良いでしょう。子育て中のママと赤ちゃんともに体調がすぐれない時は例外です。相手が親と同居している場合は特にですが地域によっては風習が違う場合があります。確認して贈るとなお良いですね。

(出産祝いの時期については以下の記事も参考にしてください)

出産祝いを贈る時期は?渡し方やマナーなど9つの注意点!時期を逃したら?

出産祝いのタブーは?

出産祝いは、基本的には赤ちゃんの誕生をお祝いをする気持ちが大切とされており、あまり細かい決まりやマナーはありません。ですが、一般的に贈り物に向いていないとされる品物があります。例えば日本茶は、弔事によく贈られる品物です。刃物は、縁が切れると言われています。このような品物は避けましょう。

出産祝いのタイミングのタブーは妊娠中です。順調だと言われていても出産は何がおこるかわかりません。命がけです。例え友人や友達であっても産後に親と子の無事を確認してから出産祝いを贈るのがマナーとして良いでしょう。

出産祝いのメッセージはどのようなもの?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/738449670141271323/

出産祝いのメッセージカードなどは、郵送の場合、特に子育て中のママや家族へのお祝いの気持ちが伝わる大切なものですね。そしてメッセージは贈ってもらったママや家族の心が温かくなるような内容が良いでしょう。メッセージを贈るママへの出産の無事を喜ぶ気持ちと、ベビーの誕生を祝う気持ちが素直に伝わる言葉が良いですね。

そして大切なのは贈る相手との関係性ですね。友人と義理、上司や先輩などでは言葉遣いや選ぶカードや手紙の用紙や文例など全く異なります。選び方によってはとても失礼です。せっかくの出産祝いなので、それぞれ関係性にあった物を適切に選び失礼のないようにしましょう。

出産祝いのメッセージは子育て中のママや家族が開けて読むときにとても楽しみなものですね。そして、もらったママやベビーと家族の事をよくわかってくれている文章が友達からだとなお嬉しいのではないでしょうか。マナーを守った文例を参考にしてより良いメッセージを贈りましょう。

メッセージはカード以外の方法もある?

出産祝いのメッセージは友達だとカードが人気ですが、それ以外にも封書の手紙、電話や電報そして最近は電子メールやSNSなども人気です。相手の家族との関係性や相手が親と同居の場合などによって、色々とおすすめの方法は変わります。義理のおつきあいや友人・友達のそれぞれの良さやマナーをご紹介しましょう。

出産祝いは関係性にもよりますが、産後はママやベビーの体調が優れなかったり、子育てで忙しかったりするのでお祝いに添えるのであればママや家族が読みやすいカードがおすすめですね。ですが相手が産後順調で「遠方に住んでいて伝えたい言葉がたくさんある」という場合は手紙でお祝いの気持ちを込めるのも良いのではないでしょうか。

義理のお付き合いのメッセージは?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/614319205419455970/

出産祝いを贈る時に義理のおつきあいの場合、相手の子育て中のママとベビーや家族の事情を深く知らない事もありますよね。お祝いのメッセージを添えたいけれど内容をどうしようと悩むのではないでしょうか。そういう場合は一般的な文章をカードで贈るのがおすすめです。ほどよい内容でマナーに反することもないでしょう。

メッセージは電話でも良い?

出産祝いに添えるメッセージカードなどは手書きの方が心がこもっていて良いものですが、文章が苦手、文例がよく分からない、親しい友達なのでママの声を聞きたいという人はもちろん電話でお祝いを伝えるのも良いでしょう。その場合相手の都合のいい時間を聞いて電話をするのがマナー的におすすめですね。

今はテレビ電話などもあるので赤ちゃんの顔が見れたり、親になった喜びに溢れた友達や家族の顔を見ることもできます。子育て中のママの奮闘ぶりも見ることができるので人気です。

身内の場合でもメッセージは必要?

関連する記事