縦抱きので授乳はいつからOK?新生児でも安全?やり方も【動画】で解説!

縦抱き授乳はいつからできるのかや、新生児の首への影響などをはじめ、縦抱き授乳のやり方のコツを【動画】でわかりやすく紹介します。さらに、縦抱き授乳をする際の注意点や、先輩ママの体験談を元に赤ちゃんが嫌がる際の対処法を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 縦抱き授乳はいつから?新生児の首への影響は?
  2. 縦抱きで授乳をするメリット・デメリットは?
  3. 縦抱き授乳のやり方のコツ!【動画】
  4. 縦抱き授乳をする際の注意点
  5. 赤ちゃんが縦抱き授乳を嫌がる際の対処法は?【先輩ママの体験談】
  6. 縦抱き授乳を楽にするアイテム5選!
  7. 縦抱き以外におすすめの授乳方法はある?
  8. 縦抱き授乳で赤ちゃんもママのハッピーに!

縦抱き授乳はいつから?新生児の首への影響は?

縦抱き授乳がいつからできるか知っていますか?首が座らない新生児の頃は、縦抱っこに不安を感じるママも多いでしょう。縦抱き授乳はママだけでなく赤ちゃんにもメリットがあります。正しい抱っこの仕方ですれば新生児の縦抱きも問題はありません。

新生児の頃の縦抱き授乳は、首が座っていないため抱っこの仕方に注意が必要です。赤ちゃんの首をしっかり支えてあげながら授乳するようにしましょう。

(赤ちゃんの授乳については以下の記事も参考にしてみてください)

授乳中に暴れるし、うなるし大変…。母乳を楽にあげる裏技を紹介!

縦抱きで授乳をするメリット・デメリットは?

赤ちゃんの縦抱き授乳には、メリットとデメリットがあります。ここではまず、赤ちゃんとママにわけて縦抱き授乳のメリット・デメリットを紹介します。

(赤ちゃんの縦抱きについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の縦抱きのメリット・デメリットは?安全な方法を教えて!

「赤ちゃん」のメリット・デメリット

縦抱き授乳にすると、赤ちゃんが乳首をくわえやすくなり母乳を飲む量が増えると考えられています。また、いつもの抱っこと違うため赤ちゃんの視界がかわり、ご機嫌になりやすいのもメリットといえるでしょう。縦抱き授乳の場合、赤ちゃんが空気を飲み込みにくくなるため、苦しくなりにくいのもメリットです。

縦抱き授乳のデメリットとして考えられるのは、ママが正しく抱っこできていない場合の赤ちゃんへの負担です。特に首が座っていない新生児の場合、ママの抱っこの仕方が悪いと縦抱きの姿勢が赤ちゃんに負担となりやすいので注意しましょう。

「ママ」のメリット・デメリット

縦抱き授乳の場合、上述した通り赤ちゃんが母乳を飲みやすくなるため、母乳の飲み残しがなくなります。そのため、縦抱き授乳なら、母乳が残って乳腺炎になってしまうのを予防することもできます。

また、横抱きよりも縦抱きの方が赤ちゃんと乳首の高さが合いやすく、ママの姿勢に負担がかかりにくくなります。ママが楽な姿勢で授乳できるのもメリットといえるでしょう。ただし、ママは楽チンでも赤ちゃんにとって長時間の縦抱っこは負担となる可能性もあります。

縦抱き授乳のやり方のコツ!【動画】

上手に縦抱き授乳をするためには、やり方のコツやポイントをおさえておくことも大切です。正しい縦抱き授乳のやり方のコツは、動画で確認してみましょう。

まず、ママの背中にクッションを入れて楽な姿勢で座ります。足がつかない時は、踏み台を使って安定させることが上手く縦抱き授乳をするコツです。

準備が整ったら、赤ちゃんの頭とおしりを手で支え、向かい合わせになるよう抱っこしましょう。授乳したい方の太ももに赤ちゃんをまたがらせるように座らせます。赤ちゃんの鼻の位置が乳首の高さになるように合わせるのがコツです。高さが足りない時は、クッションなどを使って高さを調整しましょう。

会社員

30代

縦抱き授乳がいいと助産師さんに聞いて試したんだけど、新生児の頃は高さが足りなくてかなり苦戦しました。新生児期は授乳クッションに座らせて高さを調整すると上手く母乳をあげられたよ。高さが合わないと赤ちゃんが嫌がるんだよね。

高さを調整できたら、赤ちゃんのアゴが少し上向きになるように支え、乳首を深くくわえさせます。この時、ママは前かがみにならず、胸を張るように背筋を伸ばすのがコツです。

縦抱き授乳をする際の注意点

赤ちゃんを縦抱き授乳をする時は、赤ちゃんの体に負担をかけないことが大切です。赤ちゃんが楽でいられる姿勢を心がけ、赤ちゃんの体や首がねじれないよう注意しましょう。

また、長時間の縦抱きは赤ちゃんの体の負担となってしまうので、短時間で授乳を終えることが大切になります。縦抱き授乳に限ったことではありませんが、赤ちゃんを胸に押し付けすぎないように注意しましょう。

赤ちゃんが縦抱き授乳を嫌がる際の対処法は?【先輩ママの体験談】

赤ちゃんが縦抱き授乳を嫌がる時、先輩ママたちはどのように対処していたのでしょう。ここでは、赤ちゃんが縦抱き授乳を嫌がる時の対処法について体験談を紹介します。

無理はしなかった

パート

20代

うちはとにかく縦抱き授乳を嫌がるので、無理にするのはやめました。赤ちゃんが嫌がるのを無理にしてたら、授乳の時間が嫌いになるんじゃないかと思って…。横抱きでちゃんと母乳を飲んでたので、嫌がる赤ちゃんに縦抱きを強要しなくてもいいかなと思ったよ。

やはり、縦抱っこを嫌がるという赤ちゃんも中にはいます。嫌がる赤ちゃんに無理やり縦抱き授乳すると、おっぱいが嫌いになってしまうのでは…と不安に感じるママもいますよね。赤ちゃんが縦抱き授乳を嫌がるときは、無理をする必要はありません。

抱き方を見直した

専業主婦

30代

縦抱き授乳で飲ませてたけど、たまに嫌がる時もありました。そんな時は大抵赤ちゃんが乳首をちゃんとくわえられていない時で、抱っこの仕方をちゃんとするようにしたらゴクゴク飲んでくれるようになったよ。

普段は縦抱き授乳ができていても、突然嫌がるという場合もあります。そんな時は、抱っこの仕方を見直すとうまく対処できるでしょう。

スリングを使った

会社員

30代

赤ちゃんが縦抱き授乳を嫌がった時は、スリングで密着感を高めました。スリングに包まれると安心できるみたいで、すんなり縦抱き授乳ができたよ。スリングを出すとおっぱいとか抱っこと分かるのか、うちの子は嬉しそうにします。

縦抱き授乳を嫌がる時、スリングで抱っこして対処したというママの体験談です。スリングや抱っこ紐で密着すると、赤ちゃんは安心して落ち着いてくれるでしょう。

縦抱き授乳を楽にするアイテム5選!

縦抱き授乳を楽にするアイテムもいろいろあります。ここからは、縦抱き授乳におすすめのアイテム5選を紹介していきます。

(授乳で使えるアイテムについては以下の記事も参考にしてみてください)

【初心者必見】授乳ケープの使い方!ポンチョ・エプロン・ストールのタイプ別に解説!

1. 青葉製 らくらく授乳セット

らくらく授乳セット 青葉製
9,342円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

授乳クッションとあぐら用クッションのセット商品です。あぐらクッションは、ママが良い姿勢をキープできます。また、腰ベルトで授乳クッションを固定できるので、縦抱き授乳の体勢もとりやすくなります。

楽天レビュー

★★★★★

他社のものと比べると分厚いので赤ちゃんをしっかりホールドしてくれます。しかも腰ベルト付きでズリ落ちません。とっても使いやすいです。
あぐら用クッションの上に授乳クッションを置くと赤ちゃんの寝床に大変身。このときベルトを小さめに留めてから赤ちゃんを乗せるとズレません。よく寝てくれます。

------------------------
サイズ:授乳クッション:幅 約50cm ×奥行 約43cm ×高さ 約25cm
あぐらクッション:幅約42cm×奥行約32cm×高さ約8cm
------------------------

サイズ 授乳クッション:幅 約50cm ×奥行 約43cm ×高さ 約25cm
あぐらクッション 幅約42cm×奥行約32cm×高さ約8cm

2. ババスリング ベビースリング

ババスリング ベビースリング
14,040円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

横抱き・縦抱きなどさまざまな抱っこの姿勢に対応してくれるベビースリングです。スリングで抱っこしたまま授乳できるので、縦抱き授乳の時にも役立ちます。ママにぴったり密着するので、縦抱きを嫌がる赤ちゃんにもおすすめです。

楽天レビュー

★★★★★

非常に使いやすいと噂で聞いたので購入しました。
2人目なんですが1人目から使えば良かったです。
オススメ商品です♪

------------------------
素材:コットン100%
対象年齢:新生児から2歳(体重13kg)くらいまで
------------------------

素材 コットン100%
対象年齢 新生児から2歳(体重13kg)くらいまで

3. babybrezza 授乳用抱っこサポーター

babybrezza 授乳用抱っこサポーター ピンク(1コ入)
3,092円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

縦抱きの姿勢を保ってくれる、授乳用抱っこサポーターです。首が座っていない新生児もしっかり支えてくれるので、ママやパパの負担も軽減できますよ。

楽天レビュー

★★★★★

長女の第一子の時に購入して、とても助かりました。沢山使いました。
今度、次女の出産が近いので 新しいのを購入。今度も とても役立つと思います。

4. はぐまむ 洗える授乳クッション

はぐまむ 洗える 授乳クッション
2,399円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

授乳クッションは、さまざまな授乳姿勢の時に役立つアイテムです。縦抱き授乳で高さを出したい時にも重宝します。お座りの練習にも使えるので、いつからいつまでという期間に関係なく長く使い続けられるのも魅力ですよ。

楽天レビュー

★★★★★

使って3ヶ月になります。毎日10回近く使っているし、何なら授乳枕の上で子供が寝たりしてるのに、全然へたりません!
ミルクをこぼしたらカバーも洗えるし、何ならクッションも洗ってます^_^;洗って使ってるせいか、湿気とかでへたれたりするのが解消されるのか、弾力がキープされてます!すごく気に入ってます!!

------------------------
素材:カバー 綿100%/中綿 ポリエステル100%
サイズ:幅 約60×45cm/高さ 約16~17cm
------------------------

素材 カバー 綿100%/中綿 ポリエステル100%
サイズ 幅 約60×45cm/高さ 約16~17cm

5. 授乳が楽になる補助クッション 授楽

授乳が楽になる補助クッション 授楽 
2,376円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

授乳姿勢を楽にしてくれる補助クッションです。滑り止め付きなので、どんな場所でも安心して使えます。縦抱き授乳で高さが足りない時、赤ちゃんを座らせて使うこともできます。

------------------------
素材:側 綿100%(ブロード)/中身 ウレタン
サイズ:約25×15×4~9cm
------------------------

素材 側 綿100%(ブロード)/中身 ウレタン
サイズ 約25×15×4~9cm

縦抱き以外におすすめの授乳方法はある?

赤ちゃんに授乳する時は、縦抱き以外にもさまざまな抱っこの仕方があります。ここでは、縦抱き以外のおすすめの授乳方法を紹介していきます。

(赤ちゃんの抱っこについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの抱っこの良い抱き方は?コツや注意点・嫌がる抱き方とは?

横抱き

一般的な授乳姿勢が、こちらの横抱きです。授乳する方の腕に赤ちゃんの頭を乗せて、赤ちゃんのお腹とママのお腹が向き合うように引き寄せて抱っこします。授乳クッションなどを使って赤ちゃんの口元と乳首の高さが合うようにします。

ラグビー抱き(フットボール抱き)

授乳方法には、ラグビー抱き(フットボール抱き)と呼ばれる姿勢もあります。ラグビーボールのように赤ちゃんを脇に抱えて、母乳をあげる姿勢になります。

授乳クッションは授乳する側に置いて、その上に赤ちゃんを乗せて脇に抱えるように抱っこしましょう。授乳する側の腕全体で赤ちゃんを支え、母乳を飲ませてあげます。

斜め抱き(交差横抱き)

斜め抱き(交差横抱き)の抱っこの仕方は、横抱きとほぼ同じになります。手の位置だけが代わり、授乳する方と反対側の手で赤ちゃんを支えて母乳を飲ませてあげましょう。赤ちゃんの体全体がママに密着し、安定した体勢で飲ませることができますよ。

添い乳

添い乳は、寝かしつけや夜中の授乳に便利な寝ながら授乳する方法です。ママの頭は枕を使って高くして疲れない姿勢を保つようにしましょう。

赤ちゃんの体を横向きにして寝かせ、ママも赤ちゃんの方を向いて横向きになります。向かい合わせになったら、赤ちゃんの口が乳首の位置にくるようにします。赤ちゃんが母乳を飲み始めたら、赤ちゃんの背中に丸めたタオルやクッションを当ててあげると体勢が安定しますよ。

縦抱き授乳で赤ちゃんもママのハッピーに!

縦抱き授乳は、ママにも赤ちゃんにもメリットがたくさんあります。ぜひ、新生児の頃から縦抱き授乳を試してみてくださいね。

関連する記事