新生児の縦抱きのメリット・デメリットは?安全な方法を教えて!

【医師監修】「新生児は横抱き」「縦抱きは首が据わった生後3~4か月ごろから」というイメージがあります。しかし、実は新生児も縦抱きすることができて、さまざまなメリットがあります。ただし、「首をしっかり支える」などいくつか注意したいポイントがありますので、詳しく解説します。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 新生児を縦抱きしてもいいの?
  2. 新生児の縦抱きで体に良くない影響はないのか
  3. 正しい方法ですれば新生児でも問題ない
  4. 縦抱きのメリット
  5. 新生児の縦抱きにはこんなデメリットも
  6. 安全な新生児の縦抱きの方法とは
  7. 縦抱きがしやすくなる便利グッズ
  8. 安全な縦抱きで赤ちゃんもママも楽しい時間を

新生児を縦抱きしてもいいの?

赤ちゃんの抱っこの仕方について、産前の母親学級や産後の助産師さんから「新生児は横抱きにする」と教わりませんか。縦抱きは「首がすわる3~4か月くらいから」と言われています。生まれてきた赤ちゃんは小さくやわらかいので、初めて抱っこするママやパパは、慣れるまでは落とさないか不安な気持ちがありますよね。

でも、産院や健診でお世話になる助産師さんや看護師さん、保健師さんが新生児を縦抱きするのを見たことありませんか?実は短時間であれば、縦抱きしても体に悪い影響は出ないのです。逆に、縦抱きにはさまざまなメリットがあります。

(新生児については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児とは?いつまでを新生児と呼ぶの?乳児とどう違うの?
新生児に必要なものは?出産前に準備しておきたいものまとめ

新生児の縦抱きで体に良くない影響はないのか

新生児の基本的な抱っこの方法は、横抱きです。赤ちゃんの首から頭を曲げたひじの部分に乗せ、反対の手で体全体を支えて寝かせるように抱きます。これは、頭や体をしっかりと支えてあげることができるのです。またお腹の中の姿勢に近いため赤ちゃんが安心するともいわれています。

昔から「縦抱きをしてもよいのは首がすわってから」といわれてきました。これは、骨格や筋肉の発達によくない影響が出るという考えからです。「首がすわる」とはどういう状態なのか、なぜその状態ならば縦抱きをしてもよいのか考えてみましょう。そこから、新生児の縦抱きが体に良くない影響があるのかどうか検証していきます。

新生児の縦抱きで体に良くない影響はないのか【首すわりとは】

「首すわり」「首がすわる」と言われるのは、自分の首を自由に動かせるようになった状態です。頭を支えてもらわなくても、後ろにガクンと倒れなくなります。

これには首の辺りの筋肉の発達や、背骨の形状などが関連しています。赤ちゃんをうつ伏せに寝かせても初めは首を動かすことができないため、頭を持ち上げることも顔の向きを変えることもできません。しかし首がすわるようになると、ぐいっと頭を持ち上げて、周囲のものを興味深そうに見るようになります。

新生児の縦抱きで体に良くない影響はないのか【首がすわるのは3か月ごろから】

首がすわるのは、生後3か月~5か月とされています。具体的な「首すわり」の判断基準はありませんが、寝返りができるならば完了しているといえるでしょう。

また、3か月健診などでは首すわりのチェックを保健師や小児科の医師などが行います。まず赤ちゃんを仰向けに寝かせて、赤ちゃんの両手を持ってゆっくりと引き起こしましょう。それで、首がついてくる様子を見て首がすわっているかどうかを確かめることが多いようです。

正しい方法ですれば新生児でも問題ない

縦抱きが危険といわれる理由は、まだしっかりとしていない首や腰に負担がかかり、成長に悪影響が出るリスクがあるためです。したがって、首や背中を適切に支えて、負担にならないよう短時間でやめるならば悪影響はなく、新生児に縦抱きをしても問題ないといえるでしょう。

(新生児への注意点については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児・赤ちゃんの体重や身長、育児の注意するポイントは?
新生児の手足が冷たい原因や対処法は?紫の時は注意!?体験談も!

縦抱きのメリット

関連する記事