抱っこ紐で自転車に乗れるのはいつから?抱っこは違反でおんぶは適法?

自転車を乗車する際の基本ルールをはじめ、抱っこ紐を使用して自転車を運転できる期間を紹介します。抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗って起こった事故例や、抱っこ紐を使用して運転する際の注意点も一緒に見ていきましょう。実際乗車するときために見てみてくださいね。

目次

  1. 抱っこ紐で自転車を運転するのは法律違反?
  2. 抱っこ紐で赤ちゃんと一緒に乗車できるのはいつからいつまで?
  3. 抱っこ紐を使用した自転車の事故例
  4. 抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗る際の注意点
  5. 抱っこ紐で自転車に乗る場合は抱っこはダメ!

抱っこ紐で自転車を運転するのは法律違反?

抱っこ紐をしながら自転車を運転できるのでしょうか。結論から言うと抱っこ紐で子供を背負って自転車に乗車するのは法律違反にはあたりません(※1)。しかし、抱っこ紐で子供を前に抱っこしながら乗車となると法律違反となります。

あくまで法律違反にならないのは、おんぶをしながら自転車に乗車するという条件だけです。また住んでいる地域によって定められている交通ルールが若干違います。自転車に乗車する前に住んでいる地域の警視庁のホームページで確認しておいた方が安心ですね。

(赤ちゃんとの自転車走行については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんと自転車はいつからOK?おんぶ自転車は法律にも注意!?

抱っこ紐で赤ちゃんと一緒に乗車できるのはいつからいつまで?

抱っこ紐で子供と自転車に乗車できるのはいつからいつまでなのでしょうか。法律違反をせずに抱っこ紐で子供と一緒に自転車に乗車するには、抱っこ紐で子供をおんぶしなければなりません。そのため子供がおんぶできる年齢になっていないと難しいでしょう。

赤ちゃんの首がすわってからおんぶをすることが可能になります。首がすわる目安が大体生後3~4ヶ月なので、それくらいからおんぶをして自転車に乗ることが可能になります。

いつまで抱っこ紐で乗れるかというと、使用している抱っこ紐のメーカーが推奨している年齢が目安になります。しかし、地域によってはおんぶできる幼児の年齢制限を設けているところもあるので、住んでいる地域の交通ルールを確認してみてください。ある程度大きくなってきたら、きちんと幼児用の座席に座らせた方が安心ですね。

(抱っこ紐については以下の記事も参考にしてみてください)

抱っこ紐はいつまで使えるの?やめたきっかけなど先輩ママの体験談も!

抱っこ紐を使用した自転車の事故例

抱っこ紐を使用しながら自転車を運転した際に起きた事故例を具体的に見てみましょう。2度と同じようなことが起こらないよう、よく学んで運転者がなによりも気をつけることが重要です。子供と楽しく自転車に乗れるよう細心の注意を払い、安全運転を心掛けましょう。

抱っこ紐で前抱っこしながらの転倒

電動自転車の前のシートに2歳の幼児を乗せ、運転者であるママが1歳の幼児を抱っこ紐で前抱っこしながらの運転でした。その日は雨が降っており、運転するママの左腕には大人用の傘が引っかけられていました。

運転中その傘が自転車の前輪に挟まり、バランスを崩して転倒しました。その際抱っこ紐で抱っこしていた1歳の幼児が頭を強く打ち、亡くなりました。

抱っこ紐で前抱っこしているとバランスも崩しやすくなりがちです。荷物などは運転者の手で持つことは極力避けましょう。雨が降っていて視界も悪くなっていると余計に転倒を起こしやすいので、普段よりもさらに注意が必要です。

(抱っこ紐とリュックを併用するコツについては以下の記事も参考にしてみてください)

抱っこ紐とリュックを併用するコツ!着用する順番や、スッキリコーデのポイントも!

道路横断途中に車と接触

運転者であるママは生後7ヶ月の赤ちゃんを抱っこ紐でおんぶしながら自転車に乗り、横断歩道のない道路で止まっている車の間をすり抜けて横断しました。そしてセンターラインを越えたあたりで走ってきた車と接触し転倒しました。そしてその際、おんぶしていた赤ちゃんは強く頭を打ち亡くなりました。

抱っこ紐で赤ちゃんをおんぶをしながらの自転車走行は法律違反にはならないものの、横断歩道のない道路で横断しようとしたことが事故の原因です。子供を乗せての自転車走行では、運転者はさらに安全運転を心掛けないといけません。信号無視や横断歩道のない場所での横断などは絶対にやめましょう。

さらに幼児を乗せて自転車に乗る際は、必ずヘルメットを着用させましょう。万が一事故が起きてしまっても頭が守られていれば、死亡事故や大けがをするリスクを減らすができます。

(赤ちゃんのヘルメットについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんヘルメットとは?治療・矯正用、自転車や室内転倒対策も!

前抱っこして走行中ヒヤリ…

運転者であるママが抱っこ紐で子供を抱っこしながら自転車で走行中、子供が周りを見たがり体を反り返したところ落ちそうになって慌てて自転車を停めたという例もあります。

前抱っこをしての自転車走行だとどうしても自転車を漕ぐ際は体が前傾姿勢になりがちなので、子供とママとの間に隙間もできてしまいます。その時に子供に反り返られたら落ちそうにもなりますよね。幸い、転落・転倒事故とまではいかなかったものの、危なかった例と言えるでしょう。

抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗る際の注意点

抱っこ紐で赤ちゃんと一緒に自転車に乗車する際の押さえるべき注意点を紹介します。運転者がきちんと注意点を学んで、子供と楽しく自転車に乗れるようにしましょう。

住んでいる地域の交通規則を確認しよう

住んでいる地域によって自転車の交通ルールが少し異なります。自転車に乗車する前に住んでいる地域の警視庁のホームページから交通ルールを確認すると安心です。自転車乗車の際、抱っこ紐が使用できる幼児の年齢制限が4歳未満と定めている地域もあるので注意が必要です。

ヘルメットは必ず着用させる

「子供が嫌がるから…」「ちょっとそこまでだから…」とついついヘルメットをかぶせるのをやめてしまった経験はありませんか?事故はいつどこで起こるかわかりません。だからこそ自転車に乗車するときは必ずヘルメットを着用させましょう。

ヘルメットもブカブカだったりとサイズが合っていないとかぶせても意味がないので、きちんと子供の成長に合わせてベルトを調節します。乗車する際は、子供の頭に合ったサイズのヘルメットを必ずかぶせてあげましょう。

抱っこ紐をきちんと固定させる

抱っこ紐で子供をおんぶするので、自転車走行中はママからは後ろの様子が見られません。走行する前にちゃんと抱っこ紐が子供とママの体をしっかり固定しているか確認が必要です。抱っこ紐の調節が緩いと走行中に子供が落下してしまうといったリスクも高くなります。きちんと確認をしてから自転車に乗車しましょう。

おんぶは前抱っこの時よりも少し高い位置で固定すると安定します。隙間から赤ちゃんが落下しないよう細心の注意を払って確認しましょう。

シートベルトをきちんと締める

抱っこ紐がまだ使用できても、子供が1歳くらいになれば自転車についている子供用シートに座らせることができます。その際はきちんとシートについているシートベルトを着用させます。子供の体に合ったベルトの長さを調節して固定します。

自転車の前につける子供用シートは15kg未満(2歳頃まで)と制限されています。ある程度大きくなってきたら後ろにつけるタイプの子供用シートに移行しましょう。後ろにつける子供用シートは6歳未満まで使用できます。

天候の悪い日はなるべく自転車に乗らない

「天気が悪くても子供を連れて出かけなくてはいけない…」ということは、子育てをしているとよくあることです。ですが、天候が悪い中で自転車に乗車すると転倒・事故を起こすリスクも高くなります。できるだけ自転車で出かけるのは避け、時間に余裕を持って歩いていくなど交通手段を変えてみましょう。

交通ルールをちゃんと守ろう

時間が無く急いでる時やちょっとだからと、信号無視や道路横断をすることは絶対にやめましょう。子供を乗せながらの自転車走行では、1人で乗っている時よりバランスを崩しがちです。また、思いがけないところでハンドルを取られてしまったりと転倒や事故のリスクが高くなります。

急いでいる時こそ交通ルールをきちんと守り、無茶な運転はやめましょう。子供の命は運転者である大人にかかっています。ぜひとも安全運転を心掛けましょう。

抱っこ紐で自転車に乗る場合は抱っこはダメ!

「ちょっとそこまで行くのに…」「車だと混んでるから…」などさまざまな理由で自転車を利用するママも多いでしょう。保育園の送り迎えや買い物など子供を連れての移動手段として、日常的に自転車を利用しているママもいます。

「子供の様子も見られるから」とついつい抱っこ紐で前抱っこしたまま自転車に乗ってしまいがちです。しかし、前抱っこをしながらの自転車乗車には危険がたくさんあります。バランスを崩しやすかったり、前抱っこしてるせいで手元や足下が見えづらかったりと事故や転倒のリスクが高くなってしまいます。

抱っこ紐を使用して自転車に乗車する際は、必ずおんぶにしましょう。きちんと交通ルールを守って自転車に乗ることが大事です。子供と一緒に自転車に楽しく乗るためにも無理な運転はせず、安全運転を心掛けましょう。

関連する記事