おむつメーカーおすすめ7選を徹底比較!サイズ・利便性など選び方のポイントも紹介!

赤ちゃんが使用するおむつにはいろいろなメーカーがありますが、この記事では〈Merries〉〈GOO.N〉〈MamyPoko〉などおすすめおむつメーカーを紹介しています。サイズ・通気性・吸収力をメーカーで徹底比較していますので、チェックしてみてくださいね。

目次

  1. おむつ選びのポイントは?
  2. おむつメーカーのおすすめ《Merries》
  3. おむつメーカーのおすすめ《GOO.N》
  4. おむつメーカーのおすすめ《MamyPoko》
  5. おむつメーカーのおすすめ《Genki!》
  6. おむつメーカーのおすすめ《Pampers》
  7. おむつメーカーのおすすめ《王子ネピア Whito 》
  8. おむつメーカーのおすすめ《moony》
  9. おむつのサイズはメーカーでどう違うの?
  10. おむつの通気性が一番いいメーカは?
  11. おむつの吸収力が良いおすすめのメーカーは?
  12. マイナーな隠れ人気おむつメーカー4選!
  13. 赤ちゃんのおむつメーカーを選ぼう!

おむつ選びのポイントは?

新生児の頃はおむつを1日10回以上取り替えるので、小さいうちはかなりの枚数が必要になります。3歳頃になっておむつが外れるまでは毎日おむつが必要になるので、おむつにかかるコストをできるだけ抑えたいママやパパは多いでしょう。そのため、おむつを購入する時は枚数が多く、値段の安いコスパの良いオムツを選ぶのがポイントです。

またおむつは毎日つけるものなので肌に優しく、しっかりとおしっこやうんちを吸収してくれる機能性に優れたおむつを選ぶことも重要です。この記事では各おむつメーカーの特徴も紹介しているので、他のおむつメーカーを比較しながらおむつ選びの参考にしてみてくださいね。

(布おむつの使い方や選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

布おむつの使い方は?種類や時期別の選び方は?カバーなど関連グッズも紹介

おむつメーカーのおすすめ《Merries》

Merries(メリーズ)は1983年の発売以来、通気性にこだわったおむつの開発に取り組んできたメーカーです。うさぎのマスコットとカラフルな水玉模様が可愛らしいパッケージのMerriesは、多くのママに人気があります。

(おむつの切り替え時期については以下の記事も参考にしてみてください)

おむつのパンツはいつから?テープはいつまで?切り替えや併用するポイントを解説

通気性の良さを考えて作られたおむつ

Merriesのおむつは、おむつによるかぶれや湿疹などの肌トラブルを起こさないために、おむつの中が蒸れないような工夫がされているのも特徴です。その工夫とは、おむつの真ん中に通気性を良くするための凸凹シートを付けておむつに触れる赤ちゃんの肌の面積を減らし、空気を通りやすくするという工夫です。

2018年には「立体凸凹ハイブリッド表面シート」という独自開発のシートを採用し、今まで以上に通気性がよく1年中快適に過ごせて赤ちゃんの肌にも優しい作りになりました。

うんち漏れを防いで安心

ゆるいうんちやおしっこの場合はおむつから漏れてしまうことが心配されます。しかしMerriesのおむつの中には凸凹の加工がされていて、外に広がらないようにうんちやおしっこをせき止めてくれるのです。ゆるいうんちを多くする赤ちゃんでも、Merriesのおむつなら漏れにくい構造なので安心できるでしょう。

赤ちゃん用の石けんやローションも

赤ちゃんの肌トラブルが心配なママにもMerriesはおすすめのおむつですが、Merriesはおむつだけでなくベビー用の石けんやベビーローションも取り扱っており、おむつのように赤ちゃんの肌に優しく赤ちゃんの肌を守ることを考えた商品となっています。

Merriesのおむつを使いながら、肌トラブルを予防するために石けんやベビーローションを一緒に使ってみるのもおすすめですよ。

(ベビーローションの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

ベビーローションは選び方が重要!人気おすすめ11選!口コミ多数

おむつメーカーのおすすめ《GOO.N》

GOO.N(グ~ン)はティッシュペーパーで有名なメーカーの1つであるエリエールの商品です。GOO.Nのおむつは他のメーカーと比較すると少し小さめにできていますが、その分赤ちゃんの体にぴったりと合うのでパンツタイプのおむつになった時にも快適に過ごせるでしょう。

また、GOO.Nのおむつは大きく分けて3種類あり、通気性の良いテープタイプ・赤ちゃんの色々な動きにも合うように作られた通気性の良いパンツタイプ・素材のふわふわ感にこだわったマシュマロ仕立ての3つになります。

通気性の良いおむつとマシュマロ仕立てのおむつ

GOO.Nのおむつにはおしっこを素早く吸収する「まっさらさらシート」という技術が採用されており、赤ちゃんがおしっこをした後も表面がさらさらになり蒸れを防ぎます。そしてマシュマロ仕立てのオムツは、ほかのおむつにはないふわふわ感とおむつの柔らかさが特徴です。

オムツをマシュマロ仕立てにすることにより、刺激に弱い赤ちゃんの肌を守り、おしっこやうんちの回数が多い赤ちゃんでも快適に過ごせるようになっています。

おむつのサイズについて、テープタイプは生まれてすぐの赤ちゃんにも合う3Sからおむつを卒業するまで履けるBIGサイズまであり、種類が豊富です。パンツタイプはSサイズからBIGより大きいサイズまであるので、成長に合わせて細かく使い分けることができます。

コスパの良さも魅力

GOO.Nのおむつはそのコスパの良さもママに人気の理由です。またオムツの柄は赤ちゃんの好きなEテレのキャラクターである「ワンワン」のイラストになっています。可愛い柄のおむつを見れば赤ちゃんもおむつを嫌がらずに交換してくれるかもしれませんね。

おむつメーカーのおすすめ《MamyPoko》

MamyPoko(マミーポコ)は生理用品などを取り扱っているユニチャームの商品です。MamyPokoのおむつはミッキーやミニーなどディズニーキャラクターの絵が描かれており、期間限定のものや季節によってもイラストが変わるおしゃれなデザインが特徴のおむつです。可愛い絵が描かれているとママもおむつ交換の時間が楽しみになりますね。

また、ベビーグッズ専門店の西松屋などではMamyPokoのおむつが低価格で購入できることも魅力です。

月齢の低い赤ちゃん用のオムツはないので注意

MamyPokoでは月齢の低い赤ちゃん用のおむつは取り扱っておらず、パンツタイプであるMサイズからの取り扱いになります。そのため、赤ちゃんが小さい時期はMamyPokoのおむつを使うことができません。

MamyPokoのおむつを使いたい場合は、新生児の時にはMamyPoko以外のおむつを使い、成長してパンツタイプのオムツが必要になった時にMamyPokoのおむつに移行すると良いでしょう。

吸収も良くコスパも良いおむつ

MamyPokoのおむつには高吸収性ポリマーが使われているので、赤ちゃんがおしっこをたくさんしてしまってもしっかり吸収してくれるというメリットがあります。

さらに、新しくなったMamyPokoのおむつは今まではなかったおしっこサイン(おしこで濡れるとおむつについているラインの色が変わりおむつの交換時期がわかるサイン)も採用され、今まで以上に使いやすいおむつとなっています。可愛いデザインとコスパを重視するならMamyPokoのおむつがおすすめです。

おむつメーカーのおすすめ《Genki!》

Genki!(ゲンキ)はティッシュペーパーなどの製造で有名な王子ネピアの商品になります。Genki!は他のおむつメーカーと比較して、布のような柔らかさのおむつが特徴です。また、他のメーカーと比較すると体にフィットしたサイズなので、漏れを防いで動きやすいのも特徴になります。

アンパンマンのデザインが赤ちゃんに人気!

Genki!のおむつは柔らかい素材や機能性が高いこともママに人気の理由です。また、おむつのデザインが子供の大好きなアンパンマンなので、子供にも人気のあるおむつです。おむつの前側にはアンパンマンが描かれており、後ろにはアンパンマンの仲間が描かれています。

1袋に2種類の絵柄が入っており、アンパンマンのイラストが嬉しくて子供も積極的におむつを履いてくれるかもしれません。またGenki!のおむつのサイズについては、MサイズからBIGよりも大きいサイズまでの4種類のサイズ展開になっていて、すべてパンツタイプのみになります。

べたつきを軽減していつでもさらさら

おむつをはいていると、お尻以外にもお腹周りが汗をかいて蒸れて、赤ちゃんが不快に感じることもあるでしょう。しかしGenki!のおむつは、お腹周りの通気性を良くしているのでお腹周りも蒸れずに快適に過ごせるのです。ほかにもおしっこをした後の肌のべたつきを少なくする工夫もされているので、お腹周りもお尻も快適な状態を保つことができるでしょう。

赤ちゃんのお腹周りの蒸れが気になる場合や、アンパンマンがお気に入りの赤ちゃんの場合には、Genki!のおむつを選ぶことをおすすめします。

おむつメーカーのおすすめ《Pampers》

Pampers(パンパース)は多くの病院でも使われているおむつで、日本だけではなく海外でも人気のあるメーカーです。Pampersは他のメーカーと比較して少し小さめのサイズなので、生まれたての赤ちゃんにもフィットしやすいでしょう。また、おしっこをよく吸収しますが通気性が良いのでお尻が蒸れたり赤くなったりもしにくいことも特徴です。

さらに、他のオムツメーカーにはない独自の加工で、おむつのシートを弱酸性に保つことができます。それによりおしっこやうんちによる刺激を少なくし、赤ちゃんの肌を守るのです。

(赤ちゃんのおむつかぶれの治し方や原因については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのおむつかぶれの治し方・原因は?かぶれやすいのは何故?

薄くても吸収力のあるおむつ

Pampersは多くのママに人気のおむつですが、他のメーカーと比較するとかなり薄く作られていて、おむつを持って外出する時にもかさばらないというメリットがあります。薄いのにおしっこもよく吸収し、赤ちゃんの肌にも優しいおむつということが人気の理由と言えるでしょう。

ワンランク上のおむつ「肌へのいちばん」

Pampersのおむつには通常のおむつのほかに「肌へのいちばん」という、クオリティも値段も高めのおむつがあります。このシリーズは通常のPampersよりも柔らかい素材が特徴的で、ふわふわな素材でありながらおしっこや緩めのうんちもすぐに吸収し肌をさらさらに保つことで人気です。

通常のPampersの柄がしまじろうのデザインに対し「肌へのいちばん」のおむつは水玉模様で、シンプルですが可愛らしいデザインになっています。

おむつメーカーのおすすめ《王子ネピア Whito 》

王子ネピアはGenki!以外にもWhito(ホワイト)という種類のおむつも取り扱っています。Whitoには2種類のおむつがあり、新生児の頃などのこまめに取り替える時期や日中着用する時に適した3時間用と、夜でも安心できる12時間用のおむつです。

3時間用はおむつの薄さが特徴ですが、独自のキルティング加工されたおむつにより、吸水性と肌をさらさらに保つ通気性を兼ね揃えています。またキルティング加工が赤ちゃんの肌にフィットするので、赤ちゃんが動いてもおしっこを漏らさず吸収してくれます。さらに、こまめに取り替えることで赤ちゃんの肌への負担を軽減することができるのです。

Whitoのサイズ展開に注意

Whitoにはテープタイプとおむつタイプがあり、テープタイプは新生児から使用できるSからXLまでのサイズがあります。パンツタイプは3時間用はMのみ、12時間用はM・L・BIGの3種類になります。テープタイプとパンツタイプのサイズ展開に違いがあるので、購入する時は間違えないように注意してくださいね。

どのオムツもさらさらとした柔らかい触り心地が特徴で、赤ちゃんの肌を健康に保つことができるでしょう。

動物モチーフの可愛い絵柄が人気のおむつ

おむつの絵柄は熊やライオン・うさぎなど、動物がモチーフとなった可愛らしいデザインです。しかしWhitoのおむつは、ベビー用品専門店やドラッグストアでもあまり見かけないので、購入する場合はネットで選ぶと良いでしょう。他の赤ちゃんとかぶらないデザインのおむつを選びたいママに、おすすめのおむつです。

おむつメーカーのおすすめ《moony》

ユニチャームの商品であるmoony(ムーニー)も、ママに人気のおむつの1つです。moonyのおむつは伸縮性に優れていて、横モレや背中漏れをしっかりガードしてくれます。おむつのデザインは同じユニチャーム商品であるMamyPokoと同様にディズニーですが、moonyの場合は熊のプーさんの絵柄が優しいタッチでデザインされています。

吸収性も通気性も良いおむつ

通常のmoonyは赤ちゃんの体の形に沿っておむつがフィットするので、赤ちゃんも動きやすくママも横漏れや後ろ漏れを気にせずに安心して履かせられるおむつです。ほかにも、通気シートが使われているのでおしっこを十分吸収しても素肌はさらさらのままを保つことができます。

素材や機能性にこだわった「Natural moony」

moonyは通常のmoonyのおむつのほかに「Natural moony」という素材にこだわったおむつも取り扱っていることも特徴です。「Natural moony」は、おむつの表面のシートにオーガニックコットンを使用しており、さらに弱酸性シートや合成着色料などの成分は無添加なものが使われています。

また、一般的なおしっこお知らせラインは真ん中に1本ですが「Natural moony」は3本のラインが付いていて、ママがすぐに見てわかるような工夫もされています。ほかにも、新生児や月齢の低い赤ちゃんのゆるいうんちが漏れないように、しっかり吸収する技術が使われているなど履き心地と機能性に優れたおむつと言えるでしょう。

少し上ランクのおむつを選びたいというママに「Natural moony」はおすすめのおむつです。

おむつのサイズはメーカーでどう違うの?

おむつのサイズは各メーカーで新生児サイズから取り扱っていますが、同じサイズでもメーカーによって大きさが違っています。そのため、MerriesのSサイズが丁度よくてもmoonyのSサイズは少し小さいという場合があるのです。各おむつメーカーを比較してサイズを把握したうえで選ぶことが大切になります。

そうすることで別なメーカーの同じサイズのおむつを使う際も、おむつの大きさにそれ程違いを感じずに使用することができるでしょう。おむつの大きさについてはPampersは小さめにできており、Merriesはほかのおむつと比較すると大きめにできています。moonyは伸縮性があるので、どのような体型の赤ちゃんにもフィットするのでママに人気のおむつです。

赤ちゃんの体型と各メーカーのおむつの大きさを知って、赤ちゃんに合ったおむつを選びたいですね。

(安いオムツを買う方法については以下の記事も参考にしてみてください)

オムツが安いのはどこ?最安値で買う方法は?店舗&通販を徹底比較!

おむつの通気性が一番いいメーカは?

通気性の良いおむつを選びたいなら、Merriesとmoonyがおすすめです。この2種類はほかのおむつメーカーと比較しても通気性が良いと言えます。Merriesは通気性にこだわったおむつ作りに力を入れており、肌トラブルを防いで刺激に弱い赤ちゃんの肌を守ってくれるのです。

moonyも通気性の良いおむつで、おしっこを素早く吸収しておむつの表面をさらさらに保ち、肌が赤くなりにくい工夫がされています。

おむつの吸収力が良いおすすめのメーカーは?

吸収力の良いおむつを選びたい場合はMerriesとmoony、Pampersをおすすめします。Merriesとmoonyは通気性も良く素早い吸収力が特徴です。Pampersは持ち運びのしやすい薄いおむつが特徴ですが、おしっこの吸収力も高くおむつをなかなか交換できない時でも漏れずに、ママも赤ちゃんも安心できるおむつと言えますね。

(おむつ替えシート・マットについては以下の記事も参考にしてみてください)

おむつ替えシート・マットの人気おすすめ15選!防水・使い捨てなど!

マイナーな隠れ人気おむつメーカー4選!

大手のおむつメーカーの特徴を紹介してきましたが、おむつメーカーはほかにもいろいろあります。ここからは、トップバリュのおむつ・トイザらスのウルトラプラス・Huggiesのおむつ・Amazonのおむつの4つを紹介していますので、ほかのメーカーとは違ったおむつを選びたいママはチェックしてみましょう。

(ロンパースとカバーオールの比較については以下の記事も参考にしてみてください)

ロンパースとカバーオールを徹底比較!各おすすめ商品10選も!

1. トップバリュのおむつ

イオンのブランドであるトップバリュのおむつは、自分の会社で商品の開発や販売を行い余計な費用がかからないため、ほかのおむつメーカーと比較してもとても安く購入することができます。コスパの良いおむつを選びたいママには丁度良いおむつですね。

安くても性能はしっかりしており、おしっこをしっかり吸収し通気性シートを採用しているので、お尻もさらさらに保てます。ただし、おしっこお知らせラインがついていないので交換時期は直接確認する必要があるでしょう。

2. トイザらスのウルトラプラス

おもちゃやベビーグッズを扱うトイザらスのウルトラプラスというオリジナルおむつは、スヌーピーがデザインされたパッケージが目印です。スヌーピー柄でおむつのデザインも可愛らしく価格も安いことで人気があります。

おむつはネピアが製造しているので肌触りもよく、消臭機能が付いていたり薄型なのに吸収力も良かったりと、 ママにも赤ちゃんにも優しい工夫がされているおむつです。可愛くてコスパも良く機能性も良いおむつを選びたいママにおすすめですよ。

3. Huggiesのおむつ

Huggies(ハギーズ)とは日本ではあまり聞きなれないメーカーですが、アメリカで人気のおむつで日本ではネットで購入できます。Huggiesの新生児用のおむつは凸凹のシートになっているのでゆるめのうんちも漏れにくく、通気性や吸水性も高いことが特徴です。

日本のおむつメーカーと比較しても素材や機能面にあまり違いはなく、新生児用は日本人には少し大きめですが問題なく使えるでしょう。日本であまり見かけない海外のおむつを選びたい、というママにはおすすめです。ただし、ネットで購入しても一般的な国産のおむつよりもかなり高額になってしまうので、コスパがいいとはいえないのが難点ですね。

4. Amazonのおむつ

ネットショッピングで使うことも多いAmazonは、Amazonのプライベート商品として「Mama Bear」というネピアと共同開発をしたおむつを取り扱っています。おむつのふわふわな肌触りが特徴的で、おしっこをしっかり吸水しウエストのギャザーがしっかりしているので、活動量の多い赤ちゃんでも漏れずに安心して動けるでしょう。

また、熊やフクロウなど動物をモチーフにしたカラフルなおむつのデザインも可愛らしいです。

赤ちゃんのおむつメーカーを選ぼう!

おむつ選びのポイントや各おむつメーカーの特徴の比較、マイナーな隠れ人気のおむつメーカーなどを紹介してきました。おむつにもいろいろな種類があるので、どれを購入すればよいか迷いますね。赤ちゃんの体の大きさや月齢に合っているかどうかを目安にし、赤ちゃんの肌に合ったものを選びようにしましょう。

関連する記事