5歳は反抗期がひどい?いつまで続く?発達の特徴や、上手な対処法も!

【医師監修】5歳児の成長・発達の特徴や、反抗期の様子、いつまで続くのかなど、〈食事〉〈生活習慣〉〈態度〉〈友達〉〈保育園・幼稚園〉の悩み&対処法を紹介します。様々なパターンを参考にして、5歳児の反抗期を上手に対処しましょう。

専門家監修 | 小児科医 新井昇子
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、...
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、そしてモンテッソーリ教育の考え方を統合した普遍的な子育て論を構築し、子育てやご自身の人生について悩んでいる保護者様とその子供たち、両者にとっての幸せの形を一緒に探るお手伝いができればと思います。

現役小児科医のリアル子育ち・自分育て

目次

  1. 5歳児の成長・発達の特徴は?身体・言葉など!
  2. 5歳児の反抗期はどんな感じ?いつまで続く?
  3. 5歳児の反抗期の《食事》の悩み&対処法!
  4. 5歳児の反抗期の《生活習慣》の悩み&対処法!
  5. 5歳児の反抗期の《態度》の悩み&対処法!
  6. 5歳児の反抗期の《友達》の悩み&対処法!
  7. 5歳児の反抗期の《保育園・幼稚園》の悩み&対処法!
  8. 5歳児のしつけのコツは?
  9. 5歳の子どもの反抗期をママ・パパは温かく見守ろう!

5歳児の成長・発達の特徴は?身体・言葉など!

5歳児になると社会性が育まれ、話せる言葉がいっそう増えるでしょう。言い訳や口答えが増える時期でもあるので、子どもの発達について悩んでしまうママも多いですよ。

以下から厚生労働省の乳幼児身体発育調査報告書のデータを元に5歳の子どもの発達の特徴を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(※1)。

5歳の男女別・平均身長

5歳児の男女の平均身長は以下の通りです。

------------
男の子:5歳0ヶ月:106.7cm
男の子:5歳11ヶ月:112.7cm
女の子:5歳0ヶ月:106.2cm
女の子:5歳11ヶ月:112.2cm
--------------

5歳になると、大人の胸あたりまで成長する子どもが多いでしょう。

5歳の男女別・平均体重

5歳児の男女の平均体重は以下の通りです。

--------------
男の子:5歳0ヶ月:17.7kg
男の子:5歳11ヶ月:20.01kg
女の子:5歳0ヶ月:17.4kg
女の子:5歳11ヶ月:19.3kg
---------------

5歳になると、0歳~3歳の頃と比べてかなり体重が緩やかに増えるようになります。

5歳の運動能力

5歳になると筋肉が発達するとともに運動能力が上がります。

筋肉が付くのと同時に上手にバランスをとれるようになるので、スキップや片足立ちができるようになる子どもが多くいますよ。5歳までに大人の8割程度まで神経機能が発達すると言われていますので、運動神経を養うため、なるべくたくさん外遊びをさせてあげるようにしてくださいね。

5歳の好奇心と冒険心

運動能力の発達とともに、好奇心や冒険心が旺盛になってきます。ジャングルジムの一番上まで登ったり、ブランコを大きくこいだりするなど、少しスリルのある遊びにもあえて挑戦するようになるでしょう。

5歳の言葉や記憶力

5歳になると、言葉が著しく発達します。言いたいことをキチンと言葉で表せるようになり、はっきりとした発音で会話ができるようになるでしょう。

また、字をおぼえたり名前や電話番号をおぼえたりするなど記憶力も発達しますよ。

それまでは自分の思いつくまま言葉を発していた子どもでも、5歳頃から質問に対してきちんと答えられるようになります。子どもの急な成長ぶりに、思わず驚かされるママもたくさんいますよ。

5歳児の反抗期はどんな感じ?いつまで続く?

5歳は心身ともに大きく成長・発達する時期です。ひとりでできることが増える上、子どもの好奇心や冒険心が旺盛になります。ひとりでできることが増えると、多少難しいことでも自分でやりたがるでしょう。

やってみたいと思ったことをママに止められたりすると、子どもは反抗して怒ります。5歳児の反抗期に悩まされるママは多いですよ。以下から5歳児の反抗期の特徴や、反抗期がいつまで続くのかなどを見ていきましょう。

5歳児の反抗期の特徴

子どもの反抗期として有名なのは、2歳前後の反抗期と思春期の反抗期です。その間にある5歳児の反抗期は「中間反抗期」と呼ばれています。

5歳はまだまだママに甘えたい時期です。しかし、保育園や家の中では「もう5歳でしょ」と言われる機会が増えますね。それと同時に「ひとりでやってみたい」という自立心も増すため、甘えたい気持ちと自立したい気持ちが混ざりあって自分を上手くコントロールできず、ママに反抗してしまうのです。

(2歳のイヤイヤ期のしつけ方については以下の記事も参考にしてみてください)

イヤイヤ期の女の子の行動の特徴は?男の子とは違う『しつけ』のコツを紹介!

口答え

5歳児になると話せる言葉が増えコミュニケーション能力が著しく発達します。その分、ママに口答えをするようになるでしょう。

注意をすると「ママだって○○のくせに!」と口答えしたり、用事を急かすと「わかってるし!」「うるさい!」と怒りながら返事をすることがありますよ。

(子供が言うことを聞かない場合の対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

子供が言うことを聞かない!原因は親に…!?性別・年齢別の対処法!体験談も!

叩く

5歳になると、無視や口答えなどたくさんの反抗的な態度が現れます。特に男の子に多く見られるのが、何かあるごとにママを叩く行動です。

ほかにも、気に入らないとすぐに奇声を上げたり、物を投げたりという行動が出てきます。いつまで続くのと困ってしまうママも少なくありません。

無視をする

5歳児の反抗期でよく見られる態度のひとつに、無視があります。話しかけたり質問したりても、わざと無視をするのです。

ママが注意をしても、聞こえないふりを続ける子どもは多いですよ。毎日のようにママを無視する子どもにイライラするママも多いでしょう。

反抗期はいつまで続くのか

反抗期の子どもはとても扱いにくいものです。口答え・叩く・無視するなど子どもの反抗的な態度が続くと頭を抱えてしまうママは多いでしょう。

5歳児の反抗期はママに甘えたい気持ちと自立したい気持ちに挟まれ、自分の気持ちを上手にコントロールできなくなった時に現れます。

周りの大人が子どもと上手に接し、子どもが自分自身の気持ちをコントロールできるようになれば徐々におさまっていきますよ。

(5歳児の反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

5歳は反抗期がひどい?いつまで続く?発達の特徴や、上手な対処法も!

5歳児の反抗期の《食事》の悩み&対処法!

反抗期を迎えた子どもと食事をすることを辛く感じてしまうママは多くいます。

以下から反抗期を迎えた5歳児と食事をする時のよくある悩みや対処法について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

反抗期の食事の好き嫌い

主婦

30歳

うちの子はニンジンが苦手でした。そこでニンジンをクマさん型にくり抜いてキャラ弁に入れたら、喜んで食べるようになりました。苦手なニンジンが食べられるようになって、改めてキャラ弁の効果って凄いなって思いました。

5歳になった頃から、子どもの食事の好き嫌いが激しくなることがあります。

反抗期の子どもの好き嫌いは、なるべく放置しないようにしましょう。毎日の食事のメニューに子どもの苦手な食材を入れないようにすると、園や学校で給食を食べる時に困ってしまう可能性があるからです。

子どもが苦手な食材はなるべく細かく刻んでほかの食材と混ぜたり、好きなキャラクターの形にくりぬいたりして、食べやすいように工夫してみてくださいね。苦手な食材をきちんと食べたら「食べられたね!」「さすがだね!」と褒めてあげることも大切です。

(お弁当については以下の記事も参考にしてみてください)

保育園のお弁当作り!年齢別のコツ・注意点、可愛い&手抜きレシピも紹介!

反抗期の食事マナー

外食の時、席から離れて走り回ったり大声をあげたりする子どものマナーの悪さに悩んでしまうママは多いでしょう。外食をしている時に子どもが暴れると周囲に迷惑がかかりますし、親のしつけを疑われていますね。

子どもが食事中に席から離れようとするのは、食事に飽きてしまうからです。「ここまで食べたら席を立ってもいいから、ここまでは座って食べようね」とゴール設定を作り、少しずつテーブルの着席時間を延ばすことをおすすめします。

(子供の電車マナーについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんとの電車移動はいつからOK?乗車マナーや泣いた時の対処法を紹介

箸の持ち方・使い方

子どもが恥ずかしい思いをしないようにと、小学校に上がる前に箸の持ち方をしつけるママも多いでしょう。
正しい箸の持ち方や使い方を子どもにしつけることは、とても大切ですね。

ただ、食事中に箸の持ち方を教えようとすると、箸の練習だけでなく食事そのものを拒否する場合があるので、注意が必要です。

箸の持ち方や使い方は、食事以外の時間に楽しく教えましょう。例えば、箸を使いながらモノをつかんだり運んだりするゲームをすれば、子どもが楽しみながら正しい箸の使い方を身につけられますよ。

5歳児の反抗期の《生活習慣》の悩み&対処法!

子どもが5歳の反抗期を迎えると、日々の生活にもいろいろな悩みが現れるでしょう。以下から5歳児の反抗期の生活習慣の悩みと対処法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

反抗期のゲーム・スマホの依存

子どもがゲームやスマホに依存してしまい、困っている家庭は多いでしょう。外出時に子どもを静かにさせるために与えたゲームやスマホを子どもが日常的に使用するようなり、依存されてしまうケースは多いですよ。

ゲーム依存になるとゲームに関しての理性が働きにくくなります。夜ゲームをやめられないことが原因で朝起きられなくなったり、昼夜逆転して健康を損ねたりする可能性もあるでしょう。子どもの健康のためにも、子どもがゲームやスマホに依存しないように、早めにルールを作るようにしたいですね。

例えば、1日30分などゲームできる時間を決めると良いでしょう。「ルールを破ったら次の日はゲーム禁止」などの約束を作り、子どもにルールを強く意識させても良いですね。

(幼稚園児向けのあそびについては以下の記事も参考にしてみてください)

幼稚園児向けの『なぞなぞ』クイズ!簡単〜ちょいムズの30問を難易度別に紹介!

反抗期の睡眠時間

早寝早起きできない5歳児に困っているママも多くいます。睡眠時間が成長期の子どもに悪影響を及ぼさないか、心配になるママもいるでしょう。

子どもの睡眠時間を整えたい場合は、子どもの体内時計が整うよう朝日を浴びさせましょう。加えて、昼間に太陽を浴びるように、外遊びの時間を設けてみてください。そうすることで体を適度に疲れさせ、夜ぐっすり眠らせることができますよ。

片付けができない

子どもが遊んだ後におもちゃを片付けない……とイライラしてしまうママも多いでしょう。しかし、ただ「片付けなさい!」と言っても、子どもは反抗的な態度を見せるだけですよ。

5歳児がなかなかおもちゃを片付けない場合は、収納を見直してみましょう。例えば、大きなカゴを1つ用意して、そこににおもちゃを入れれば片付けが完了する、という状態なら子どもでも簡単に片付けをすることができますよ。

パートタイマー

32歳

子どもに「早く片付けなさい」と言うと、逆に反抗して片付けようとしません。そこでタイマーを用意して「今から2分以内に全部片付けよう!」とタイマーをセットしたら、喜んで片付けるようになりました。ピピピッというタイマーの音が、子どもにとって楽しいゲームになったようです。

(収納ケース・ボックスについては以下の記事も参考にしてみてください)

機能的でおしゃれな【収納ケース・ボックス】20選!場所別・活用例も

5歳児の反抗期の《態度》の悩み&対処法!

5歳児の反抗的な態度に悩まされるママは多いでしょう。以下から反抗期の態度に関する悩みを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あいさつができない

子どもがきちんとあいさつできないことに悩んでいるママもいるでしょう。人にあいさつをしないのは一見反抗的な態度に見えてしまうかもしれません。しかし、あいさつしたくても恥ずかしくてできない、という可能性もあります。

そういった場合は、どうしてあいさつができないのか理由を聞いたり考えたりして、子どもの気が楽になる環境を作ってあげてくださいね。パパやママが率先してあいさつし、子どもが人にあいさつしやすい環境を作ることも大切でしょう。

「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない

「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えない子どもに、頭を抱えるママもいます。ただ、恥ずかしがり屋な性格や引っ込み思案な性格によってあいさつが言えないだけ、という可能性もあるのです。

「ありがとうは?」「ごめんなさいでしょ!」など強い言葉でしつけようとすると、子どもが逆に殻に閉じこもってしまう場合がありますよ。あいさつは、日頃からパパやママが子どもの前で見せるようにしましょう。そうすれば子どもにも自然とあいさつをする習慣が身に付きますよ。

専業主婦

34歳

長男が「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えず、どうして言えないのか理由を聞いたら「恥ずかしいから、なかなか言えない」との事でした。言った方がいいのは頭では分かっているけど、素直に言うのが恥ずかしいようです。

無理に言わそうとすると、意固地になってもっと言いにくくなりそうなので、今はそっと見守った方がいいかなと思っています。

嘘をつく

5歳になると言葉が発達して会話の幅が広がります。口が達者になるのに伴って、ちょっとしたことでも嘘をつく子どもが増えるでしょう。ただ、現実とかけ離れたことを言っていても、嘘をついている自覚や悪意がない子どもがほとんどです。

5歳児は空想することが好きです。空想をするうちに、現実との区別がつかなくなってしまうのでしょう。ほとんどの場合は小さな嘘なので、ママは怒ったりせず「本当かな?」と穏やかに訂正してあげるようにしてくださいね。

5歳児の反抗期の《友達》の悩み&対処法!

5歳になると、保育園や幼稚園で友達と触れ合う機会が多くなります。子どもの友達関係の悩みが絶えないママも多いでしょう。

以下から5歳児の友達関係の悩みを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

友達に優しくできない

それまで仲が良かったのに、友達に急に意地悪な態度をとる子どももいます。急に友達に意地悪をする場合は、何かしらの理由がありますよ。「優しくしてあげないとダメでしょ!」と叱るのではなく、「何かあったのかな?」と子どもに理由を聞いてみましょう。

理由が分かったら「だったらこうすれば、また仲良くなれるんじゃないかな」とママから子どもへアドバイスしてみてくださいね。

負けるとすぐに泣く

5歳前後になると、子どもは負けん気が強くなります。じゃんけんやゲームなど小さなことでも、お友達に負けるとすぐに泣いてしまうでしょう。5歳児は感情のコントロールが上手くできません。泣くことで悔しい気持ちを表現することが多くあるのです。

成長とともに自分の感情を上手にコントロールできるようになり、泣く癖が落ち着きます。子どもが負けて悔し泣きをしても、優しく見守ってあげましょう。

派遣社員

29歳

うちの子は友達とじゃんけんをして、負けるとすぐに泣いてました。そこで、じゃんけんに慣らそうと、家の中で日常的にじゃんけんゲームをするようにしたのです。勝ち負けの感覚に慣れてきたようで、それからは友達とじゃんけんで負けても泣かなくなりました。

独占欲が強くなる

5歳児は言葉が発達して、はっきりと意思表示をするようになります。「ほかの子と遊んじゃだめ!」と言葉ではっきりと意思表示して友達を独占しようとしたり、仲良しのお友達がほかの子と遊んでる姿を見て「もう遊ばない!」と言い出したりすることもありますよ。

そのような時は、子どもに優しく「どうしてほかの子と遊んじゃだめなの?」と理由を聞いてあげましょう。ママが優しく聞きだすことで子供は自分の気持ちと向き合い、感情をコントロールすることができるようになるでしょう。

5歳児の反抗期の《保育園・幼稚園》の悩み&対処法!

5歳児にとって、保育園や幼稚園は身体や心を成長・発達させる大切な場所です。しかし、子どもが登園したがらないなどの理由で困ってしまうママは多いでしょう。

以下から保育園や幼稚園に関する悩みと対処法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

園に行きたがらない

登園時になると子どもが「園に行きたくない」と泣き出すケースがあります。子どもが園に行きたがらない場合は、何か園に行きたくない理由があるのかもしれません。

友達とケンカをしていたり、子どもにとって苦手なモノがあったりするなど、理由はさまざまです。ただ、朝は登園を嫌がっていても、お迎えの時はご機嫌になっている場合がほとんどですよ。

園に行きたがらないからと休ませるのではなく、園に行きたくない理由を聞いて「大丈夫、ママはいつだって味方だからね。」と子どもを安心させ、園に送り出すようにしてくださいね。

家に帰ると反抗的になる

五歳児の中には、保育園や幼稚園ではとてもいい子で先生からも褒められているのに、家に帰った途端に反抗的になる子どもがいます。

子どもは自分のやるべきことをやったり友達と仲良くしたりするなど、園の中での社会生活を精一杯に頑張っています。家に帰ると気が抜けてママに甘えたくなり、反抗的な態度をとってしまうこともあるでしょう。

子ども社会の中で気を張っている子どもの心を理解しつつ、おおらかな気持ちで見守ってあげられると良いですね。

園の行事が嫌い

保育園や幼稚園には運動会やお遊戯会、お泊り保育などさまざま行事がありますね。普段は普通に毎日園に通っているのに、園の行事は嫌い、という子どももいます。ママから離れるのが不安な子どもがお泊り保育を嫌がることや、ダンスが苦手な子どもが人前でお遊戯をしたくないと感じることは十分に考えられますね。

行事を嫌がる場合は「どうしても嫌なら、無理して行かなくてもいいよ」と、子どもに選択肢を提案したり、参加できるものだけ参加させたりするなど、子どもの気持ちに寄り添えるように工夫してみても良いでしょう。

パートタイマー

32歳

うちの子は活発でよく遊ぶのに、幼稚園の運動会を嫌がって行きたがりません。そこで担任の先生に相談したところ、創作ダンスが苦手で運動会が嫌いなことが分かりました。

先生が「それじゃダンスはお休みして、かけっこは参加しよう」と言うと、喜んで運動会に参加しました。先生に相談して、良かったです。

(行事については以下の記事も参考にしてみてください)

幼稚園の運動会!開催時期や内容は?お弁当の注意点や持ち物チェックリストも紹介!

5歳児のしつけのコツは?

5歳前後になった子どもは、言葉や身体に著しい成長をみせます。口が達者になり、反抗的な返事が多くなるでしょう。子どもの反抗的な態度につい感情的になり、大きな声を出してしまうママも多いですね。

しかし、5歳児が反抗している時は、子どもなりの理由があります。大きな声を出してしまいそうになったら深呼吸をするなどして心を落ち着かせましょう。時間をおいて冷静になったら、子どもがなぜそんな態度をとるのか聞いてみてくださいね。

5歳児の反抗期のしつけのコツは「いつまでも続くものではなく、今はそういう時期なんだ」と受け入れ、穏やかな気持ちで対応することです。「いつかは終わる」という前向きな気持ちで、子どもをしつけるようにしてくださいね。

(育児の悩みについては以下の記事も参考にしてみてください)

育児ノイローゼの症状と原因!診断別の治療・対処方法について

5歳の子どもの反抗期をママ・パパは温かく見守ろう!

5歳になると言葉や身体が大きく成長・発達するので「何でもひとりでやりたい」という気持ちから反抗期を迎える子どもがたくさんいます。

家の中で子どもの反抗的な態度が続いても「これは成長の証なんだ」と思って、温かく接してあげましょう。子どもが心身共に健やかに育つために一番必要なものは、ママ・パパの愛情ですよ。子どもの心に寄り添いながら、穏やかな心で優しく温かく見守ってあげてくださいね。

新井昇子

小児科医

一般的に反抗期は成長の証という認識があるようですが、私はあまりそのようにとらえて接してはいません。 成長の証だと思えば寛容に接することができるのなら、そう思うことはその人にとって重要なのだと思いますし、私のようにそう捉えて接しないことで子供との関係がストレスのないものになる人もいると思います。 成長の証だからと言って反抗している子供を、反抗期だからしかたがない、そういうものだという枠にはめてしまうのは、なんだか落ち着かなく、逆にストレスがたまってくるのです。 ですので、これが正解というものはありませんので、ご自身に無理のない解釈で、子供と接していきましょう。 我が家ではその時子供が発した言葉や、表現した感情を否定しない、ということを心掛けています。まずは受け止めて、子供がどのような状況でその言葉を発しているのか、その感情が出てきているのかを考察します。 そのうえで、まずは私が困ることなのかどうか、子供が困るのか、周りの人が困るのか、誰が不利益を被るのかを判断して対処していきます。 なので、同じ言葉や感情表現をしていても、状況によって対応が違ってきますので、子供にとっては少し混乱するかもしれません。でも、今はこういう状況だからこう言ってるんだよとか、私がこう思うから、それはやめてほしいなとか、お話をしていくようにしています。それに対して子供がどんな反応をするのか、子供の言い分もあると思うのでそれを聞いたりしています。 時間はかなりかかると思いますが、私にとってそれがストレスが少ないのでそうしています。 もちろん余裕のない時は、大きな声で怒ったりもしてしまいますが、そんな時はすぐに反省して謝っています。子供はとっても寛容です。 親が間違ったことをしても、理不尽なことをしても、親を一人の人間としてみてくれます。ですので親も子供を一人の人間として尊重していれば、多少の不具合、すれ違いはあまり問題にならないと思います。 私の場合は、大きなずれにならないように日々調整しています。 とはいえ、反抗が激しいお子様の場合は対応に困りますよね。お子様の表面に出ている言動だけでなく、根本には何があるのか、見ていけると良いなと思います。困ったときは小児科に遠慮なくご相談ください。

関連する記事