ストッケ(STOKKE)のベビーカーが口コミで大人気!長所・短所を徹底検証!

ベビーカーは赤ちゃんとの生活を快適にするのに欠かせませんよね。この記事では、ストッケ(STOKKE)のベビーカーの新作や、長所・短所を口コミをもとに紹介します。おしゃれさと高い機能性から人気を集めているストッケのベビーカーを、早速チェックしてみましょう!

目次

  1. ストッケ(STOKKE)とは?
  2. ストッケの新作ベビーカーを紹介!スクート2・エクスプローリー
  3. ストッケのベビーカーの長所
  4. ストッケのベビーカーの短所
  5. ストッケのベビーカーの価格
  6. 口コミで人気のストッケのベビーカーがおすすめ

ストッケ(STOKKE)とは?

ストッケ(STOKKE)とは、1932年にノルウェーで創立された、高級な子供向け製品のメーカーです。ストッケの製品は何よりも子どもの目線を考え、子どもとママやパパとの心のふれあいを大事にしたデザインがされています。

多くの高評価の口コミが広まり、今や日本を含め世界中で人気です。ベビーカー以外にも、ベビーチェアやベビーベッド、抱っこ紐など、赤ちゃん向けのさまざまな商品が揃えられています。

この記事では、そんなストッケの製品の中でもベビーカーについて詳しくみていきましょう。

ストッケの新作ベビーカーを紹介!スクート2・エクスプローリー

まずは、ストッケの新作ベビーカーを紹介します。ストッケのベビーカーは「スクート2」と「エクスプローリー」の2種類があり、使用したいシーンによって選ぶことができます。

スクート2

STOKKE(ストッケ) スクート2 ベーシックキット 本体ブラックメラーンジ+選べるキャノピー
60,480円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ストッケの新作ベビーカーの1つは、こちらのスクート2です。ストッケのベビーカーの中でも折りたたんでコンパクトになるタイプなので、街中での使用に向いているでしょう。シートは対面でも背面でも使うことができるうえ、傾きの角度も3段階で調節することができます。ハンドルの角度も3段階で変更が可能です。

スクート2のタイヤにはウレタンフォームが入っているのでパンクの危険性がなく、クッション性にも優れているため、スムーズに動かせるのが魅力ですね。フードはUPF50+の素材が使用されているため、赤ちゃんを紫外線から守る効果もばっちりです。

レインカバーとモスキートネットが付属品となっているので、雨の日や蚊が気になる季節でも快適にお出かけできます。

楽天レビュー

★★★★☆

とても安定感があって、骨格もしっかりしているので安全性も高そうで安心しました。
また
別売りのストッケのイージーgoバイビーセーフを取り付けると新生児から使えて、様々な場所に赤ちゃんを移動できるので二人目の子供を持つ家族にとってとても有難いです。
長期間使えて、更に赤ちゃんの快適安全性や走行中の操作の快適性も兼ね備えているので、値段は高くても納得だと思います。

サイズ本体(展開時)…長さ75cm×高さ111cm×幅55cm、本体(折りたたみ時)…長さ72cm×高さ32cm×幅55cm、キャノピー…長さ29.5cm×高さ43.7cm×幅21.6cm
重量12.8kg(シャーシ…9kg、シート…3.8kg)
素材シャーシ…アルミニウム・プラスチック、内張り…ポリウレタン、タイヤ…ポリウレタンフォーム、レインカバー…PVC、モスキートネット…ポリエステル(メッシュ)
対象年齢1ヶ月~15kg

エクスプローリー

ベビーカー Stokke Xplory V6(ストッケ エクスプローリー) ブラックシャーシ ブラックハンドル×クラシックシート ブラックメラーンジ
140,400円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ストッケの新作ベビーカーの2つ目は、こちらのエクスプローリーです。エクスプローリーの魅力は、シートの高さにあります。地面から最大70cm、大人のお腹くらいの高さまで上げることが可能なのです。これによって赤ちゃんとママ・パパとの距離が近くなるほか、地面からの照り返しによる熱や紫外線を減らせるメリットがあります。

また、外食時にも、ハイチェアとして使うことができます。エクスプローリーは、スクート2よりも大きめのモデルのベビーカーです。そのためタイヤも大きく、より安定して走らせることができます。シートは対面・背面の両方に対応しており、角度は対面で3段階、背面で2段階の調節ができます。ハンドルは高さも角度も好きな位置で調節できるので便利ですね。

別売のキャリーコットを取り付けると、新生児から使うことができます。

Amazonレビュー

★★★★★

うちは路面の輻射熱で子供が脱水症状になるということを聞いてから、路面からなるべく離せるストローラーを探してストッケにたどり着きました。
また、歩きタバコの方が手にタバコを持ったまま歩いていたり、女性のバックが顔の高さにあったりと、人とすれ違う時にかなり子供にリスクがある、ということも購入を後押ししました。
値段は高額ですが、子供二人に使用した後弟夫婦に譲り、弟夫婦も一人目に使用し、現在二人目妊娠中ですので、丈夫なことを考えるとお得かと思います。

サイズ本体(展開時)…長さ75~102cm×高さ89~123cm×幅56.5cm、本体(折りたたみ時)…長さ99cm×高さ34cm×幅56cm
重量12.2kg(シャーシ…8.4kg、シート…3.8kg)
素材シャーシ…アルミニウム・プラスチック、内張り…ポリウレタン、タイヤ…ラバー、レインカバー…PVC、モスキートネット…ポリエステル(メッシュ)
対象年齢6ヶ月頃~15kg

(新生児のベビーカーの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児のベビーカーの選び方は?A型B型どっちがおすすめ?体験談も!

ストッケのベビーカーの長所

関連する記事