赤ちゃんの原始反射とは?反射の種類・消失時期一覧!

【医師監修】赤ちゃんの不思議な動き・原始反射の役割や種類の一覧についてご紹介します。バビンスキー反射とは何でしょうか?新生児や赤ちゃんの反射出現と消滅する時期はいつなのか。ゴロ合わせで覚えて、新生児からの成長と共に異常をチェックしましょう。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 赤ちゃんの原始反射って?種類や消失時期を知ろう
  2. 新生児や赤ちゃんの原始反射とは
  3. 赤ちゃんの原始反射の種類について
  4. 新生児・赤ちゃんの原始反射の種類一覧
  5. 原始反射がみられないのは異常?
  6. 赤ちゃんの原始反射をゴロ合わせで簡単に覚えよう
  7. 新生児・赤ちゃんの成長を原始反射から見守ろう

赤ちゃんの原始反射って?種類や消失時期を知ろう

原始反射とは何なのでしょうか?たくさんの種類やそれぞれの特徴があります。反射が「いつ出現するのか」「いつ消失するのか」把握しておくと便利です。赤ちゃんの成長の目安になるでしょう。「発達障害」「脳障害」の疑いと原始反射には関係があるのでしょうか?今回はそのような疑問について解説していきます。

新生児や赤ちゃんの原始反射とは

赤ちゃんの原始反射は、「かわいい動き」「不思議な仕草」などさまざまな様子がみられます。どのような動きや仕草のことを「原始反射」と呼ぶのでしょうか?そして、反射はいつごろから出現するのでしょう。

原始反射って一体なに?

原始反射は、赤ちゃんが安全に「生きていくため」「成長するため」に大切なものです。生まれてからすぐ見られることから「新生児反射」「姿勢反射」とも呼ばれます。

新生児から起こるものもあるの?

反射のなかには、生まれる前に始まる反射もあります。新生児のころには「赤ちゃんの手のひらに触れると何でも握ってしまう反射」が有名ですね。これは自分の力だけでは生きていくことができない赤ちゃんが、守ってくれるものを探す可愛い動きです。ギュッと握られたらとても愛おしく、赤ちゃんのことを守ってあげたくなりますよね。

ほかにも、赤ちゃんの「口元に触れたら吸いつく反射」もあり、これによりミルクが飲めるようになっています。そして「ママに抱きつこうとする反射」もあり、「自分で自分の身を守れるようになるまで、周りの大人に守ってもらいながら成長していく」という大切な働きがあるようです。

赤ちゃんの原始反射の役割について

原始反射には、赤ちゃんにとって重要な役割があります。一つめは「生命の維持」です。生まれたての赤ちゃんが生きていくために必要なものです。人間の赤ちゃんは、生まれてくるときに運動機能がまだ発達しておらず、また目はほとんど見えていません。「赤ちゃんの仕事は泣くこと」といいますが、泣くことで自分の気持ちを相手に伝えます。

二つめは「運動機能の発達」です。原始反射によって、一定の反応を繰り返すうちに、中枢神経系が成熟します。よって、赤ちゃんの筋力も向上していくのです。最初は、原始反射の反応として無意識だった動きを赤ちゃん自身が意識的に動かすことができるようになり、「立ったり」「歩いたり」することができるようになるというわけですね。

赤ちゃんの原始反射の種類について

原始反射は、さまざまな種類があります。代表的な赤ちゃんの原始反射はどのようなものなのでしょうか。

赤ちゃんの原始反射にはどんなものがあるの?

日本小児神経学会では、原始反射について「原始反射は、赤ちゃんの成長に重要な意味を持っていて欠かせないもの」と定義されています(※1)。次の項より主な原始反射について詳しくご紹介していきます。

関連する記事