幼稚園の入園料はいくら?いつ払う?無償化対象外?補助金・減免制度についても!

幼児教育・保育の無償化が始まり、幼稚園も無償化の対象になりました。幼稚園の入園料は無償化になる?といった疑問をはじめ、私立・公立での保育料などかかる費用の違いを相場から見ていきます。入園料・保育料以外にかかる準備費用や、補助金・減免制度についても見ていきます。

目次

  1. 幼稚園の入園料は無償化対象外?
  2. 幼稚園の入園料や保育料などかかる費用はいくら?いつ払う?
  3. 幼稚園の入園料・保育料以外にも準備費用がかかる?
  4. 幼稚園の入園時にかかる費用の補助金・減免制度も!
  5. 幼稚園の入園料など費用は事前に調べておこう!

私立幼稚園に通うなら利用できる補助金がないか調べてみよう

幼児教育・保育の無償化がスタートして、私立幼稚園に通う場合でも保育料の一部は無償化されました。しかし、入園料や保育料の上限を超えた部分、対象外の費用など、まだお金がかかります。高額になりがちな私立の幼稚園にかかる費用を減免・補助してくれる制度はぜひ活用したいですね。

今まであった補助金で、幼児教育・保育の無償化の開始に伴い廃止になった制度もあります。幼稚園就園奨励費補助金は国が自治体に依頼して行い、この補助金を利用して保育料の減免が行われていました。この制度は無償化がスタートしたことで、2019年10月から廃止になりました。

しかし、入園料補助金や、保護者負担軽減補助金などはまだ利用できます。取り扱いがない自治体もあり、制度内容も自治体によるので、自分の家庭で利用できる制度がないか調べてみるといいですね。

幼稚園の入園料など費用は事前に調べておこう!

幼児教育・保育の無償化が始まり、幼稚園の保育料は無償化の対象になりました。しかし、入園料や、無償化の対象にならない費用は多く、保護者の経済的負担がなくなったわけではないので注意しましょう。私立の幼稚園に通う場合と、公立の幼稚園に通う場合とでは、保護者の金銭的負担は大きく変わってきます。園ごとでも方針が異なります。

幼稚園選びの際には、入園料などいくらくらい費用が必要になってくるのかを、事前にきとんと調べておきましょう。費用の負担も確認したうえで、子どもたちが楽しく通える幼稚園を選んであげたいですね。

関連する記事