【0〜1歳】赤ちゃんの足のサイズ表!サイズアップなど靴選びのポイントも紹介

赤ちゃんの大切なファーストシューズ選びはどのようにしたら良いのか詳しく説明します。赤ちゃんの足のサイズ表や、ファーストシューズのサイズ選びのポイントなどを参考にしましょう。足のサイズの測り方や、サイズアップのタイミングも紹介します。

目次

  1. ファーストシューズのサイズ選びのポイントは?
  2. 赤ちゃんの足のサイズ表!
  3. 赤ちゃんの靴下のサイズは?
  4. 赤ちゃんの足のサイズの測り方は?
  5. 赤ちゃんの靴のサイズアップのタイミングは?
  6. 赤ちゃんの足のサイズや靴について知っておこう

ファーストシューズのサイズ選びのポイントは?

赤ちゃんが初めて履く靴のことをファーストシューズと呼びます。ファーストシューズは、足のサイズにぴったりと合った履き心地の良い靴を選んであげたいですね。初めての靴が心地よいものになれば、その後もスムーズに歩行の練習ができるようになるでしょう。

靴の選び方の基本は、足のサイズにきちんとあったもので指先がせまくないもの、靴底が厚すぎないものを選ぶことです。

出典: https://ameblo.jp/mirmiroo/entry-12540174893.html

個人ブログ

ベビザラスにて購入しました〜!
足のサイズは家で測った時は11センチ。
お店で測ってもらった時は11.5センチ。
本格的に歩くようになる頃には数センチ伸びてるから12センチをお勧めされました。
ミキハウスの靴は靴下の分2ミリほど大きく、この靴は7ミリの余裕があるみたいです。

赤ちゃんの歩行は数歩からのスタートですので、初めて靴を履いても歩く距離はそう長くはありません。とはいえ、歩く時に指先が窮屈で痛かったりするとすぐに歩く気力が無くなってしまいます。また、靴底が厚いと地面を踏む感覚がわかりずらく、次の一歩が踏み出しづらくなります。

赤ちゃんの足のサイズに合う、靴底が適度に柔らかいファーストシューズを選んであげましょう。

(ファーストシューズ選びのポイントについては以下の記事も参考にしてみてください)

ファーストシューズはいつから履く?赤ちゃんの足に合う素材・サイズなど選び方のコツも!

赤ちゃんの足のサイズ表!

初めて測る赤ちゃんの足のサイズはおよそどのくらいなのでしょうか。一般的な新生児から3歳までの足のサイズを表にしましたので、参考にしてみましょう。ベビーシューズは海外ブランドのものも可愛いものがたくさんあります。日本の靴とはサイズの表記が違いますので、海外の新生児から3歳までの靴のサイズも合わせて紹介します。

日本での赤ちゃんの足のサイズ表

新生児の足のサイズはおおよそ8cm~11cmです。一般的に赤ちゃんの足のサイズは3ヶ月ごとに1cmずつ増えていきますので、採寸はこまめに行うようにしましょう。窮屈なままの靴を履かせ続けることは、足の骨の成長を妨げてしまいます。赤ちゃんの足のサイズから常に0.5cm~1cmほど余裕を持った靴を選んであげましょう。

新生児~3か月8~11cm
3か月~6か月9~12cm
6か月~1歳半11~13cm
1歳半~2歳12~14cm
2歳~3歳13~15cm

アメリカの赤ちゃんの足のサイズ

海外ブランドの靴は、日本の靴と足のサイズの表記が違います。日本は足そのものを測りますが、海外では靴に合わせた木型のサイズで測るためです。同じメーカーの靴でもデザインによって使われる木型が違うので注意して購入しましょう。また、日本の規格より幅が狭く甲が低いものが多いので、デザインだけでなく子どもの足のサイズに合った靴を選びましょう。

日本のサイズ約10~11cm3
日本のサイズ約12cm4
日本のサイズ約12.5~13cm5
日本のサイズ約13.5~14cm6
日本のサイズ約14cm7
日本のサイズ約14.5~15cm8

ヨーロッパの赤ちゃんの足のサイズ

関連する記事