ベビー用麦わら帽子のおすすめ20選!赤ちゃんに夏の紫外線対策をしよう!

強い紫外線から赤ちゃんを守りたいときに必須なのが、ベビー用麦わら帽子です。今回はAmazon・楽天でレビュー評価の高いベビー用麦わら帽子のおすすめ20選を紹介します。麦わら帽子の選び方や、赤ちゃんに合うサイズ、先輩ママたちの体験談も参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 赤ちゃん・ベビー用麦わら帽子の選び方は?
  2. 赤ちゃんに合うベビー用麦わら帽子のサイズは?
  3. 赤ちゃん・ベビー用麦わら帽子のおすすめ20選
  4. 赤ちゃん・ベビー用麦わら帽子に関する体験談
  5. 赤ちゃん・ベビー用麦わら帽子のレビュー評価ランキングも見てみよう!
  6. 赤ちゃん・ベビー用麦わら帽子で夏の紫外線対策をしよう!

赤ちゃん・ベビー用麦わら帽子の選び方は?

赤ちゃんとの外出はよい気分転換になりますが、日差しの強い日は紫外線の影響が気になりますね。そのようなときに欠かせないのがベビー用の帽子です。帽子は見た目がおしゃれなだけではなく、赤ちゃんの頭を紫外線から守る大切な役割があります。とくに夏は麦わら帽子がかわいいですよね。赤ちゃんの麦わら帽子はどのように選べばいいのでしょうか。

(赤ちゃん用ベビー帽子・麦わら帽子については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん用ベビー帽子・麦わら帽子のおすすめ20選!夏の紫外線対策をしよう!

素材

赤ちゃんの麦わら帽子にはさまざまな素材がありますが、それぞれの素材の特長を理解した上で帽子を選びましょう。麦わら帽子は麦の藁(わら)を使って作られる帽子をいいますが、ほかの素材で作られたものも含め、麦わら帽子と呼ばれています。

天然素材で代表的なのが藁やラフィア、パナマ草が挙げられます。藁で作られた帽子は丈夫で、ラフィアは形が復元しやすく、パナマ草は軽くしなやかなのが特徴です。また指定外繊維では色が染まりやすい特性を持つ紙素材も多く使われます。

天然素材の風合いを楽しむなら麦わら帽子やラフィア帽、パナマハットを選びましょう。リーズナブルに鮮やかな色合いの帽子を楽しむならペーパーハットがおすすめです。

紫外線カット

赤ちゃんの頭を紫外線から守るなら、つばが広い麦わら帽子を選びましょう。つばの広い帽子は、強い日差しから赤ちゃんを守ってくれます。

UV加工の帽子は繊維自体に紫外線を反射する微粒子が織り込まれていたり、生地に紫外線吸収材を浸透させたりしていますが、麦わら帽子にはUV加工が施されていません。しかし、麦わら帽子の藁はUVカットの効果が高いと言われています。紫外線を防ぎたいのなら、藁の素材を選ぶといいでしょう。

どんな形やデザインがあるの?

麦わら帽子は頭の上の部分が丸い形や、カンカン帽と呼ばれる平らになった形、中央にへこみがある形の中折れ帽があります。頭の上の部分が丸い形はスタンダード、カンカン帽はレトロ、中折れ帽はかっこいい印象をそれぞれ持ちます。

デザインは帽子に星やドットなどの柄物がプリントしてあったり、リボンが巻いてあったり、花飾りがあったりとさまざまです。

色々な麦わら帽子を揃えておくとコーディネートのバリエーションが広がりますね。

夏は?

夏は紫外線や直射日光が強いので、つばの大きいものを選ぶことはもちろん、お出かけの機会も多いので、紛失を防ぐためにあご紐がついたものを選ぶとよいでしょう。通気性がよく見た目も涼しげな麦わら帽子は、赤ちゃんの夏のおでかけに最適なアイテムです。

春や秋は?

春や秋は、夏同様に紫外線が強い日や風の強い日も多いので、なるべくつばが広くゴム紐つきの帽子を選びましょう。ゴム紐がなければ、帽子クリップを服と一緒につけておくと安心ですね。

春や秋の暖かい日に麦わら帽子を被ることもありますが、寒い日もあるのでどちらかというとニット帽を被ることが多いでしょう。

(帽子クリップについては以下の記事も参考にしてみてください)

風で帽子が飛ばない【クリップ】人気15選!おしゃれ商品〜100均や子供用も!

関連する記事