出産祝いの祝儀袋の書き方や選び方は?金額の目安は?実例で解説!

赤ちゃんの誕生はとても喜ばしく、出産祝いを贈るのも楽しみですよね。出産祝いを贈ろうとする際にどのようなマナーがあり、何に気をつけたらよいのか悩む方も多いでしょう。今回は祝儀袋の書き方や選び方から金額の目安、メッセージの書き方まで実例とともにご紹介します。

目次

  1. 出産祝いを渡すタイミングは?
  2. 出産祝いの祝儀袋の種類と選び方
  3. 出産祝いの金額の相場
  4. 出産祝いのメッセージを書く際のマナー
  5. 出産祝いのメッセージを書く際の注意点
  6. 出産祝いのメッセージの書き方
  7. 心を込めた出産祝いで気持ちを伝えよう
妊娠中、赤ちゃんの性別はいつわかる?どのように判断するの?体験談も!

出産祝いのメッセージを書く際の注意点

出産という人生の一大イベントを終えたママにとって、産後は体調も精神状態も不安定な状態が続きます。せっかくのお祝いメッセージもママにとって嬉しくない内容になってしまうと意味がないですよね。マナーを守り、産後のママに気持ちが伝わるメッセージを贈りましょう。

出産の報告を受けると赤ちゃんのことばかりに目が行き、産後のママの体調や精神面を気遣う言葉をかけることを忘れがちです。命懸けと言われる出産を乗り越えたママにとって、自分にかけてもらう気遣いの言葉はとても嬉しいものです。まずはママに労いの言葉を贈りましょう。

出産という最高の瞬間にもらったメッセージは、ママにとって特別な宝物になるはずです。これから待っている育児を応援したり、産後の不安を解消できるような心に残るメッセージを贈れると素敵ですね。

出産祝いのメッセージの書き方

それでは、出産祝いのメッセージを書く際の一般的な例文を相手別に見ていきましょう。例文を参考に、ご自身に育児の経験があれば産後の過ごし方のアドバイスなどを加えてみたり、オリジナルのメッセージを贈りましょう。

親戚あてのメッセージの書き方

「無事な赤ちゃんのご誕生おめでとう。母子ともに健康と聞きほっとしました。慣れない毎日で大変だと思いますが、お手伝いできることがあれば何でも言ってください。家族揃って赤ちゃんに会いに行くのを楽しみにしています。」

上司あてのメッセージの書き方

「ご出産おめでとうございます。新たにご家族が増え日々充実した生活を送られていることと思います。多忙な日々でもあると思いますが、くれぐれもお体をご自愛ください。ご家族皆様の健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。」

友人あてのメッセージの書き方

「出産おめでとう!◯◯ちゃんがママになったなんて信じられないけど凄く嬉しいよ!まだまだ赤ちゃんのお世話で大変なこともあるかもしれないけど、無理しすぎないようにね。落ち着いたら〇〇ちゃんと赤ちゃんに会いに行かせてね。」

2人目以降を出産した時のメッセージの書き方

「2人目の赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。家族が増え今まで以上ににぎやかになりますね。2人の育児は大変だと思いますが、◯◯ちゃんも優しいお姉ちゃんになってくれそうですね。落ち着いたら、是非にぎやかな△△家へお邪魔させてください。」

心を込めた出産祝いで気持ちを伝えよう

いかがでしたか?マナーを守っていれば、堅苦しいものでなくてもお祝いの気持ちはしっかりと伝わります。産後に周りの人たちからかけてもらうお祝いや励ましの言葉はママにとって何よりも嬉しいものです。相手の心に残るような素敵なお祝いとメッセージが贈れると良いですね。

関連する記事