新生児のダウン症はいつわかる?特徴は?顔で判断できるの?

【医師監修】新生児の中には、ダウン症の赤ちゃんのように、遺伝子レベルで違った体質を持って生まれてくる子供もいますね。先天的疾患であるダウン症はどの新生児にもなる可能性があります。ここでは、新生児のダウン症がわかる時期や、その特徴、そしてお世話の方法まで詳しく説明します。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. ダウン症とは?
  2. 新生児のダウン症はいつわかるの?
  3. ダウン症の検査方法
  4. ダウン症の新生児にみられる特徴
  5. ダウン症の新生児のケアについて
  6. 新生児がダウン症であると告知されたら

ますかけ線はダウン症の特徴の一つですが、ますかけ線があるからといってダウン症と決まるわけではありません。とはいえ気にしなくていいと言われても、大切な我が子のこと。気になってしまいますよね。

耳の特徴

新生児がダウン症だった時、耳にどのような特徴が見受けられるのでしょうか。その目安をいくつか以下に挙げます。

●耳が他の子供よりも小さめである
●耳が丸まっている
●折れ曲がっているような耳
●耳の位置が通常より低め

出典:https://www.pinterest.jp/pin/349169777363455898/

耳の特徴はパッと見て分かりやすいですね。すぐ気づくお母さんや医療関係者が多いでしょう。

先輩ママ

30代前半

生まれてきてすぐ、赤ちゃんの折れ曲がった両耳を見て「出産のときに頑張って出てきたからかな」と思い気にしていませんでした。

でもそのあと先生から「ダウン症の可能性がある」と言われてネットを検索。ダウン症の特徴の一つに折れ曲がった耳があることを知って驚きました。

我が子のダウン症を全く予期していなかったママは、ダウン症の可能性をお医者さんから告げられて初めて、ダウン症の特徴について知るというケースもあるでしょう。

新生児を抱っこすると柔らかい

ダウン症の新生児は一般的に筋力が他の赤ちゃんよりも少ないことが多いです。反発する力が弱いため、抱っこをするとふにゃふにゃと柔らかい感じがするでしょう。片腕で抱っこをするのが難しく、両手を使ってしっかり抱いてあげる必要があります。また首のすわりも他の新生児よりも遅い傾向があるようです。

先輩パパ

30代後半

1ヶ月半をすぎてもまだまだ身体が柔らかくて、抱っこする時は左手で背中を、右手で頭を支えました。首も柔らかくて、首がすわり始めたのは生後4ヶ月頃です。

一般的に首がすわり始めるのは早い子で生後2ヶ月。生後4ヶ月には首がすわる赤ちゃんが多いです。

あまり泣かない新生児

泣く力が弱かったり寝てばかりいる新生児はダウン症なのか、と疑問を持つお母さんもいるようです。ダウン症の新生児は筋力が他の赤ちゃんよりも少ないため、力強く泣かない傾向があるでしょう。しかしダウン症でなくとも、生まれつき泣くことの少ないのんびりした新生児もいます。「泣かない」という一点のみからダウン症を診断することはできません。

ダウン症の子供は、おとなしく穏やかな性格の子が多いともいわれています。ダウン症の新生児はあまり泣かないのではなく、ゆっくり泣いているのかもしれませんね。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/37717715617601418/

先輩ママ

30代後半

生まれた後も泣かないしその後もずっと泣かずに寝ていました。乳首にも吸い付かず、おとなしい。「どうしてかな」と思っていたところ後から娘がダウン症であることがわかりました。

「赤ちゃんはたくさん泣く」というイメージを持っていると、泣かない我が子が心配になるママもいるでしょう。泣かないからといってダウン症と決まるわけではありませんが、ダウン症の赤ちゃんはあまり泣かないおとなしい子が多いようです。

母乳・ミルクの飲みが悪い新生児

関連する記事