【動画で解説】七五三の女の子の着付け!3歳、7歳で違う?注意点も

七五三は子供の成長を祝う大切な行事。我が子の晴れ舞台は、かわいい服装で迎えたいものです。近年は美容院等のお店で着付けを行うことも多いですが、せっかくなら自分の手で着付けをしてみては?女の子の七五三の着付け方法や3歳7歳の着付けの違い、注意点をご説明します。

目次

  1. 自分で七五三の着付けをする利点は?
  2. 3歳と7歳は着付けのやり方が違う?
  3. 腰上げ、肩上げのやり方は?
  4. 七五三の着付けのやり方 3歳の場合
  5. 七五三の着付けのやり方 7歳の場合
  6. 七五三の着付けの際の帯の巻き方
  7. 七五三の着付けの注意点
  8. 七五三の着付けを自分で行ったパパ、ママの体験談
  9. 自分で着付けをすると七五三がもっと特別に!

腰上げのやり方

腰上げは着物の身丈の長さと子供の首の付け根から足のくるぶしまでの長さを図り、その差を腰ひもで結ぶことで「おはしょり」作っていく手法です。

七五三の着付けのやり方 3歳の場合

ここでは、3歳の七五三の着付けのやり方を動画を踏まえてご説明します。七五三はぜひ子供に可愛い着物を着せてあげ、家族や親戚でお祝いしましょう。

3歳の女の子の着付け(準備するもの)

3歳の着付けの特徴でご説明したとおり、準備するものの特徴として被布があります。着物は肩上げと腰上げの済んだものを準備するようにしましょう。

●着物
●長襦袢(ながじゅばん)
●腰ひも(3~5本)
●足袋(たび)
●被布
●草履(ぞうり)
●お好みでバッグ、伊達締め(だてじめ)

3歳の女の子の着付けのやり方(被布タイプ)

まずは「足袋」をはかせ、次に「長襦袢」を着せます。長襦袢には長い袖がついています。まず左側の袖を長襦袢の中から反対側の脇の下の空いている部分である身八つ口(みやつくち)に通してあげます。そして両方の袖をそのまま後ろへ回し、交差させたら前に持ってきます。持ってきた袖を前で結んであげましょう。

次に着物を着せてあげます。着物に付いているひもも長襦袢と同様に行ないます。まず左側のひもを反対側の身八口に通した後、両方のひもを後ろへ回して交差させたら前方で結んであげましょう。

その次は「腰ひも」を結んであげます。この際に裾が長い場合、着物を摘み上げ調節してから腰ひもを結ぶと良いでしょう。最後に被布を羽織らせてあげたら完成です。七五三までの様子を日記につけておくと楽しい思い出になりそうですね。

(育児日記については以下の記事も参考にしてみて下さい)

育児日記はアプリで!夫婦で共有できるおすすめアプリを紹介!

七五三の着付けのやり方 7歳の場合

ここでは、7歳の七五三の着付けのやり方を動画を踏まえてご説明します。3歳の頃と比べて子供も成長し、素直に着付けをさせてくれることが多いです。しかし、やり方は3歳の子供の着付けや浴衣の着付けと比べて少し難しくなります。

パパや祖父母と協力し、1人で無理して着付けをしないことをおすすめします。楽しみながら子供に可愛い着物を着せてあげ、成長をお祝いしましょう。

(七五三のお祝いについては以下の記事も参考にしてみて下さい)

七五三のお祝い!マナーや相場は?金額別おすすめの贈り物10選!

7歳の女の子の着付け(準備するもの)

7歳は大人用の着物とほとんど同じになるため、3歳の着物と比べると準備するものが多くなります。足りないものがないかしっかり確認してから着付けを行いましょう。

●着物
●長襦袢
●和装ベルト
●しごき
●帯
●腰ひも(5本程度)
●伊達締め(2本程度)
●足袋
●タオル(2~3枚程度)
●帯揚げ
●帯締め
●はこせこ
●お好みでバッグ、せんす

関連する記事