子宮口が開かない・硬い原因は?妊娠中にできる対策、陣痛〜出産の流れも!

出産の際に子宮口が開かない・硬い原因や、陣痛〜出産の流れなどを紹介します。スムーズな出産ができるよう、妊娠中にできる自分で柔らかくする方法や、子宮口が開かない場合の処置、帝王切開の可能性についても詳しく紹介しますので参考にしてくださいね。

目次

  1. 子宮口が開かないとは?
  2. 子宮口が開かない・硬い原因は?
  3. 子宮口が開かない状態で陣痛はくる?
  4. 子宮口の開き具合と出産までの流れ
  5. 子宮口が開かない・硬いときに自分で柔らかくする方法!
  6. 子宮口が開かない場合の処置は?帝王切開の場合も?
  7. 無痛分娩で子宮口が開かない場合どうなる?
  8. 子宮口がなかなか開かなかった人たちの体験談
  9. 子宮口が開かなくても焦らないで!

子宮口が開かないとは?

臨月に入り子宮口が少しずつ開いてくるのが一般的な出産の流れです。しかし、出産予定日が近づいているに関わらず、がっちりと子宮口が閉まったままの状態という場合もあります。

そもそも、子宮口とは大きく分けて「外子宮口」と「内子宮口」の2つがあります(※1)。「子宮口が開かない」と言われるときは、この2つの子宮口がどちらも開いていない場合を指すことが多いのです。

子宮口が開かないと、出産予定日を過ぎても赤ちゃんが出てこられずに過期産となる可能性があります。また、陣痛が来ても子宮口が開かないことによって難産になることもあるのです。

(陣痛が遠のく原因については以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛が遠のく原因って?経産婦・初産婦で違う?促進させる対処法も紹介!

子宮口が開かない・硬い原因は?

子宮口が開かない原因や硬い原因には何があるのでしょうか。出産予定日が近づいているにも関わらず、なかなか子宮口が開いてこない・硬いまま閉じている原因について詳しく紹介します。

初産婦

子宮口が開かない・硬い原因として、初産婦であることがあげられます。初産婦とは、妊娠・出産が初めての女性のことを指します。初めての妊娠・出産のときは、子宮口が硬い人が多いといわれているのです。また、何度かお産をしたことがある経産婦と比べると、子宮口が開きにくいともいわれています(※2)。

実は、初産婦と経産婦の出産にかかる時間は2倍近く差があることが知られています。もちろん、妊娠・出産は個人差が大きいので必ずとは言えません。一般的に、初産婦であれば陣痛が始まってから10~12時間で出産となります。しかし、経産婦の場合は陣痛が始まってから5~6時間で出産となるのです。

(初産の人は以下の記事も参考にしてみてください)

初産の予定日は超過する?早まる?高齢出産の場合など先輩ママの体験談も紹介!

高齢出産

経産婦より初産婦の方が子宮口が開きにくいといわれていますが、例外もあります。それは高齢出産の場合です。高齢出産とは、35歳以降で出産する人のことを指します。年齢を重ねるとともに子宮口が硬くなってくるため、開きにくい傾向があるといわれています。

年齢が高齢出産の部類に入るからといって、必ずしも子宮口が硬く開かない・開きにくいということではありません。心配しすぎないようにしましょう。

(初産婦の平均年齢の推移については以下の記事も参考にしてみてください)

初産の平均年齢の推移はどれくらい?高齢出産のリスクや出産の限界年齢は?

精神的な不安やストレス

臨月が過ぎているのになかなか子宮口が開いてこない・硬い原因として、精神的な不安やストレスがあります。特に、初産婦の人は初めての妊娠・出産で戸惑うことも多いでしょう。そうした不安や精神的なストレスから、うまく子宮口が開かないこともあります。

不安があるようであれば、医師に相談したり母親学級などで悩みを共有してみるのもいいかもしれません。すでに出産を終えたママが友達などにいれば、臨月の時にどのように過ごしたかなど聞いてみるのもいいですね。

子宮頸管を損傷したことがある

過去の出産で子宮頸管を損傷したことがある場合は、子宮口が開かない原因や硬い原因になることがあります。子宮頸管は、子宮と膣をつなぐ細い管のことです。一般的には、臨月になり出産が近づくと、ホルモンが分泌され子宮頸管がマシュマロのような柔らかさに変化していきます。

子宮頸管が柔らかくなることで、赤ちゃんが少しずつ子宮口におりてきて陣痛となるのです。子宮頸管を損傷している場合は、柔らかくなりにくいためなかなか陣痛が起こらないことがあります。

軟産道強靭

赤ちゃんが産まれる時の通り道を「軟産道」と言います。通常、産道と呼ばれるものには「骨産道」と「軟産道」があります。産道は骨と筋肉でできているのです。この軟産道の筋肉が硬くて伸びが悪い状態のことを「軟産道強靭」といいます。

臨月になりお産が近づくと、徐々に軟産道が柔らかく伸びていきます。しかし、人によっては硬いままで伸びも悪い場合があるのです。軟産道強靭の原因は、過去の手術や子宮奇形、生まれつきの体質などさまざまな原因があるといわれています(※3)。また、高齢出産では、軟産道強靭の可能性が高くなるといわれています。

子宮口が開かない状態で陣痛はくる?

人によっては、さまざまな原因により臨月から徐々に開くはずの子宮口が開かないことがあります。子宮口がうまく開かない状態から陣痛はやってくるのでしょうか。

子宮口が開かない状態でも陣痛はやってくる

子宮口が開いていないからといって、陣痛が来ないということはありません。妊娠・出産は個人差が大きいものです。そのため、臨月過ぎの妊婦検診で医師から「まだ子宮口が開いてないし、硬いね」と言われた次の日に陣痛が来たという人もいます。

ちなみに、陣痛がおきると自然と子宮口が柔らかくなっていきます。子宮口が少しずつ開き柔らかくなります。それから陣痛が起こるケースが多いのですが、個人差によって多少の前後はあると思った方がいいでしょう。

陣痛が来ないこともある

子宮口が開かないからといって陣痛が来ないわけではありません。出産予定日が過ぎても陣痛が遅れてしまう人もいます。子宮口が開かないうえに、出産予定日になっても陣痛が来ないとなれば不安になってしまいますよね。

そういった場合は医療的な処置で解決することもありますので安心してくださいね。慌てずに、早めに医師に相談してみましょう。

子宮口の開き具合と出産までの流れ

ここで子宮口の開き具合と出産までの流れを紹介します。子宮口が開かないといっても、いつ頃からどのくらい開いていればいいのか疑問に感じている人も多いでしょう。出産までの流れには、大きくわけて「前駆陣痛」「陣痛」「分娩第一期」「分娩第二期」「分娩第三期」の5つがあります(※4)。

どういう流れで出産に至るのかを知っておくことで、慌てることなく出産に挑めるようにしましょう。

前駆陣痛

まず、臨月に入り出産が近づくころに起きるのが前駆陣痛です。これは、名前のとおり陣痛に似ています。初産婦の場合は「陣痛が来た!」と勘違いしてしまうことも多いのが前駆陣痛です。前駆陣痛は、下腹部に酷い生理痛のような鈍痛と、次第に痛みが消えるという特徴があります。

また、痛みを感じる間隔も本陣痛とは違い不規則です。前駆陣痛が起きてから、本陣痛という流れになります。前駆陣痛から本陣痛までの時間の間隔は、数日から数週間と個人差が大きいのも特徴ですね。前駆陣痛だと感じたら、本陣痛と前駆陣痛を区別するためにも、痛みの間隔をはかりながら本陣痛がやってくるのを待ちましょう。

本陣痛

前駆陣痛の次にやってくるのが、本陣痛です。本陣痛の特徴は、痛みが規則的にやってくる点です。出産が近づくにつれて陣痛の間隔が早くなります。前駆陣痛から本陣痛に入る前兆として「おしるし」というものがあります。おしるしとは子宮から少量の出血があることです。これは、赤ちゃんを包む卵膜がはがれたことによる出血です。

出産予定日が近づいたら、前駆陣痛と本陣痛を区別するためにも、陣痛の間隔をはかるようにしましょう。また、おしるしの出血量は個人差があり、必ず出血するというわけではありません。「本陣痛に入ったけどおしるしがわからなかった」という人もいます。

分娩第一期

分娩第一期は開口期ともいわれています。本陣痛が始まったあと、子宮口の大きさがおよそお10cmになるまでの期間を指します。本陣痛が始まってから、一定の間隔で陣痛が起き、少しずつ子宮口が開いていきます。最初に陣痛に気づく頃は、子宮口が1~2cmであることが多く、これを潜伏期と呼びます。

次に子宮口が3~4cm程度まで開いてきます。これを移行期と呼びます。そして、いよいよ子宮口の大きさが5~9cmになった段階が活動期です。この活動期に入ると、陣痛は3~5分の間隔で起こります。痛みが徐々に激しくなってきて、破水がおこる時期です。

分娩第二期

分娩第二期を娩出期と呼びます。娩出期に入ると、子宮口が全開となりいよいよ赤ちゃんが産まれてきます。陣痛の間隔は、2~4分おきが目安です。もう少しで赤ちゃんが産まれるため、お尻や膣のあたりに痛みを感じる人が多くいます。

また、分娩第二期のいきみはタイミングが重要です。ずっと力をいれていきんでいると、会陰部が切れたりママの体力が削られてしまい、スムーズなお産につながりません。分娩第二期はママにとって一番大変な時かもしれませんね。

しかし、医師や助産師の指示に従いタイミングよくいきむことによって、赤ちゃんがスムーズに生まれてくることができますよ。

分娩第三期

分娩第三期は、後産期ともいわれています。分娩第二期で赤ちゃんが生まれましたが、出産はそれで終わりではありません。分娩第三期では、赤ちゃんが生まれてから胎盤が外に出てくるまでを指します。よくいわれる「へその緒」は、この分娩第三期で胎盤と一緒に出てきますよ。

また、分娩第三期は時間にすると10分から30分程度と言われています。出産後の2時間ほど分娩台の上で安静に過ごすことになりますので覚えておきましょう。

子宮口が開かない・硬いときに自分で柔らかくする方法!

子宮口が開かない、もしくは硬い時に自分で柔らかくする方法はあるのでしょうか。通常は、経産婦の方が子宮口は開きやすく陣痛からお産までの流れが早いと言われていますね。しかし、経産婦の場合でも2人目、3人目を妊娠しているうちに「高齢出産」と言われる年齢に達していることもあります。

初産婦の人や経産婦だけど高齢出産に当たる人は、子宮口が開かない・硬い時に自分でやわらかくする方法がありますので試してみてくださいね。

ストレッチ

妊娠中は少しずつお腹が大きくなり体重も増えますよね。次第に動きづらくなり、いつのまにか身体を動かす機会が減るものです。しかし、お腹が大きいからといってあまりに身体を動かさないと、骨盤周りの筋肉が硬くなってしまいます。骨盤周りに筋肉が硬いと、軟産道強靭になりやすいので注意しましょう。

お腹が大きくても実践できるストレッチには、あぐらがおすすめです。マタニティヨガなどでも、あぐらをかいているポーズがありますよね。股関節のストレッチにも効きますよ。

(マタニティヨガについては以下の記事も参考にしてみてください)

マタニティヨガのやり方を動画で解説!安産効果が?いつから始める?

ツボ押し

自分でできる子宮口を柔らかくする方法として、ツボ押しがあります。「三陰交」と言われる、くるぶしの内側にあるツボです。このツボは、子宮口を柔らかくするだけでなく、陣痛促進にも効果があるといわれています。

押すときは強く刺激しすぎないように気を付けましょう。また、ツボは押すだけでなく貼らないカイロなどで温めても効果がありますよ。ただし、自分でツボ押しを行う前に、担当の医師にツボ押しをしてもいいか確認するようにしましょう。

(陣痛を促すツボについては以下の記事も参考にしてみてください)

陣痛を促すツボは?少しでも痛みを和らげるツボは?ツボの押し方は?

ウォーキング

妊娠中には子宮口を柔らかくするためにも、ウォーキングがおすすめです。激しい運動はせずに、呼吸を意識しながらゆっくりと歩くようにしましょう。また、水中ウォーキングなども効果があります。

ウォーキングは全身運動のため、子宮口だけでなく股関節を柔らかくする効果も期待できます。また、適度な運動をすることで出産に向けての体力づくりにもなるため一石二鳥ですね。

(臨月の運動については以下の記事も参考にしてみてください)

【助産師監修】臨月の運動は安産に効果的!おすすめの運動を動画で!

リラックス

普段から緊張しやすい人や元々身体が硬い人などは、とにかく身体の筋肉をリラックスさせるように意識してみましょう。特に、初産婦の人は初めてのお産で不安も大きいですよね。身体が緊張していると、子宮周りの筋肉も硬くなってしまいます。

リラックスの方法は人それぞれです。普段ストレスが溜まった時などに実践しているリラックス法があればそれを試してみるのもいいですね。そのほかには、好きな香りのアロマを使うのもおすすめですよ。

ラズベリーハーブティ

自分でできる子宮口を柔らかくする方法として、ラズベリーハーブティーを飲んでみるのもいいでしょう。ラズベリーハーブティーは陣痛促進と緩和に効果があるといわれています。カフェインレスなことからも近年妊婦の間で人気のハーブティーです。

ラズベリーハーブティーは木いちごから作られたハーブティーです。医学的な効果が認められているわけではないので、効果には個人差があることを覚えておきましょう。また、念のため医師にハーブティーを飲んでもいいか確認するのが安全です。

子宮口が開かない場合の処置は?帝王切開の場合も?

陣痛から出産までの流れを紹介しました。しかし、もしも臨月や出産予定日を過ぎても子宮口が開かない場合は、どうなってしまうのでしょうか。こちらでは、臨月や出産予定日を過ぎても子宮口が開かない場合の医療的処置について紹介します。

内診で刺激する

臨月や出産予定日が近いのに子宮口が開かない場合は、まず内診で子宮口を刺激するなどの処置をすることが多いでしょう。また、開かないだけではなく硬い場合には、医師が指で子宮口をマッサージすることもあります。

卵膜剥離

子宮口が開かない時の処置として、卵膜剥離があります。これは、内診のときに医師が子宮下部から卵膜をはがすことにより、子宮の収縮を促すためのものです。一般的に医師が卵膜剥離を行うタイミングは、妊娠41週になっても出産の兆候がみられない場合ですが、いつ行うかは医師の判断になります。(※5)

バルーン・ラミナリア

バルーンやラミナリアという医療器具を使って、子宮口を開きやすい状態へと促す処置があります。ラミナリアは、子宮頸管が閉じている場合に使われる医療器具です。ラミナリア桿は、細い棒状の器具です。これを子宮口に差し込むと水分を吸収することにより徐々に膨張していきます。この膨張により、ゆっくりと子宮口を拡張するための器具です(※6)。

バルーンは名前のとおり風船状の医療器具です。膨らませていない状態で子宮に挿入し、生理食塩水を入れることで徐々にふくらましていきます(※6)。子宮口が開いてくると陣痛が起き、出産という流れになります。

ただ、バルーンやラミナリアの処置には副作用もあります。事前に医師からの説明などしっかりと聞くようにしましょう。

陣痛促進剤

子宮口が開かない時は、陣痛促進剤を使うこともあります。陣痛促進剤という言葉は、妊婦なら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。陣痛促進剤は、子宮の収縮を促す薬です。陣痛促進剤は、点滴と錠剤の2つがありますが、血中濃度をコントロールしやすい点滴を投与されることが多いでしょう。

しかし、これには副作用やお産へのリスクもありますので、医師からの説明をしっかり聞くようにしましょう。赤ちゃんにとってもママにとっても大事なことですので、わからないことなどは、医師にどんどん質問してみましょう。

帝王切開

陣痛促進剤でも子宮口が開かない場合やなかなか出産に至らない場合は、帝王切開となります。また、陣痛促進剤を投与することに対するリスクが高い場合も、陣痛促進剤を打たずにそのまま帝王切開になることもあります。

帝王切開というと「怖い…」と不安になる人も多いでしょう。帝王切開は、通常であれば下半身のみに効くよう麻酔を使います。しかし、緊急性の高い場合などは医師の判断で全身麻酔となることもありますので、念のために覚えておくといいでしょう。

不安になりすぎるのもよくありません。帝王切開について心配ごとや不安事があるなら出産前に解消しておきましょう。

無痛分娩で子宮口が開かない場合どうなる?

最近では出産の際に痛みがない無痛分娩という選択肢を選ぶママも増えてきましたね。無痛分娩は、硬膜外麻酔を使って行われる分娩方法です。硬膜外麻酔は、背中側の腰あたりに細いカテーテルを入れて麻酔を流し込みます。無痛分娩を行う場合は計画分娩となり、決められた日に入院することになっています。

しかし、入院日が近づいているにもかかわらず子宮口が開かない場合は、どういった処置になるのでしょうか。

分娩日を調整

無痛分娩は計画分娩となり、決められた日に入院して出産します。そのため、予定日になっても子宮口が開いていない場合は、医師との相談で分娩日を別の日に調整することもあります。

陣痛促進剤を使用

予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれる兆候がない場合には、医師の判断によって陣痛促進剤を使用して、計画通りの分娩日に出産という流れになることもあります。無痛分娩を予定している人は、もしもの時の流れについて確認しておくといいでしょう。

バルーンやラミナリアを使用

子宮口が開かない場合は、ラミナリアやバルーンを使うこともあります。通常の妊娠・出産に使われるイメージがあるかもしれませんが、無痛分娩の人にも使うことがあります。無痛分娩は痛みがなくママの身体に負担が少ない出産方法です。最近は無痛分娩を選択する人も増えてきましたね。

しかし、妊娠・出産は非常にデリケートです。少しでも不安や異常を感じたら、担当の医師に相談してみましょう。

子宮口がなかなか開かなかった人たちの体験談

初産婦でも経産婦でも、出産予定日が近づいているのに子宮口が開かないとなると不安になってしまいますよね。しかし、案外そういった人は多くいます。こちらでは、出産予定日が近づいているのに、なかなか子宮口が開かなかった人たちの体験談を紹介します。

陣痛が来てるのに子宮口が開かない!

1児のママ

20代後半

妊娠30週目まで仕事をしていました。それなりにハードな仕事だったので体力には自信があり、勝手に安産だろうと思い込んでいたのですが、陣痛が起きても子宮口が全く開かずにもがき苦しむことに…その後、出産予定日を過ぎて無事に生まれたので良かったですが…

子宮口を柔らかくするには適度な運動が良いと紹介しました。身体をしっかり動かしていても子宮口が開かないケースはあります。慌てずに、医師の指示に従うようにしましょう。

子宮口8センチで人口破水

2児のママ

30代後半

子宮口が開かずに8センチのところで人口破水、その後いきんでもいきんでも赤ちゃんはなかなか生まれてくれませんでした。その後、先生が私のいきみに合わせてお腹を圧迫するんですが痛すぎてほんとうに辛かったです。

子宮口がなかなか開かない場合は、人工的に破水させることで陣痛を促進する効果があります。

帝王切開になるかもと不安に

産後3か月

30代前半

出産予定日を過ぎているのになかなか子宮口が開かないので、入院して計画分娩に切り替えることになりました。帝王切開の可能性を考えると怖くて眠れず…結局、促進剤で無事に生まれたのですが、原因はへその緒が短かったことではないかと言われました。

出産予定日を過ぎると、赤ちゃんがお腹の中で大きくなりすぎて難産になるリスクが高まるといわれています。しかし、何事も不安になりすぎると身体が緊張して余計に筋肉が硬くなってしまいますので、リラックスを心掛けるようにしましょう。

子宮口が開かなくても焦らないで!

出産予定日が近づいているのに子宮口が開かないという人は、案外多くいます。妊娠・出産は個人差が多いため、その数日後に陣痛が訪れ無事に出産したというケースもあるのです。もしも、子宮口が開かない場合でも医療的な処置を行うことで、難産を回避することもできます。子宮口が開かないからといって、焦らずに落ち着いて過ごすようにしましょう。

関連する記事