お宮参りの夏の服装は?ママ・パパは絶対に正装?真夏の祈祷での注意点も紹介

お宮参りの正しい服装をはじめ、真夏にお宮参りをする際の赤ちゃん・パパ・ママ・祖父母におすすめの服装を紹介しています。夏のお宮参りの服装で「失敗した…」と感じた先輩ママも体験談も紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

目次

  1. お宮参りの正しい服装は?
  2. 夏にお宮参りをする場合も正装?
  3. 真夏にお宮参りをする時のコツ・注意点は?
  4. 夏のお宮参りの服装で失敗したママの体験談
  5. 夏のお宮参りは、服装に気を付けよう!

お宮参りの正しい服装は?

赤ちゃんが生まれて1ヶ月の頃に、お宮参りに出かける家族は多いでしょう。お宮参りでは「赤ちゃんが健康に育つように」と近くの神社などにお参りをして、祈祷してもらうのです。

お宮参りの時の服装として、赤ちゃんは絹の素材でできた白羽二重(しろはぶたえ)という着物を着た上に、掛け着という着物を着るのが正装とされています。掛け着は男の子と女の子でそれぞれデザインが異なります。

男女で着物のデザインは異なる

男の子用の掛け着は、黒や紺をベースに鷹・兜・軍配・龍・虎などが書かれた勇ましいデザインの着物です。女の子用は、赤やピンク色をベースに蝶々・手毬・牡丹や芍薬などの花・花車など華やかで可愛らしいでデザインの着物があります。赤ちゃんにあった着物を選びましょう。

赤ちゃんが正装の場合は、ママやパパ、祖父母も正装でそろえるのが一般的です。ママや祖母は留袖や訪問着、パパや祖父はフォーマルなスーツを着用します。

(生後1ヶ月の赤ちゃんの外出については以下の記事も参考にしてみてください)

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出はいい?いつから?時間・頻度や注意点も

夏にお宮参りをする場合も正装?

一般的に赤ちゃんはお宮参りでは着物を着用させますが、真夏の暑い時期にも着物でお宮参りをしていいのか迷いますね。ママやパパ、祖父母も真夏にお宮参りに行く時はどのような服装が好ましいのでしょうか。ここからは、真夏にお宮参りをする時の服装を解説していきます。

夏のお宮参りの服装【赤ちゃん】

photostudio_tanakaさんの投稿
60592711 405931333339587 5415998507744023546 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

赤ちゃんのお宮参りの正装は、肌着を着せてその上に白羽二重という着物を着ます。さらにその上から男女別の模様を用いた掛け着を着るのが正式な服装です。しかし、夏のお宮参りの場合は、正装では汗をかきやすい赤ちゃんにとっては暑すぎますので、服装は略式のスタイルを選ぶ人も増えつつあります。

肌着の上にベビードレスを着る略式の服装は夏でも涼しく、赤ちゃんも快適に過ごせる服装です。掛け着を着せたい場合は、祈祷の時や写真撮影の時のみ着用すると良いでしょう。とても暑い時には肌着を着せずに、そのまま肌触りのよい素材のベビードレスを着せても良いですね。

(ベビードレスについては以下の記事も参考にしてみてください)

【価格帯別】ベビードレスの人気おすすめ20選!激安〜ハイブランドまで

夏のお宮参りの服装【ママ】

takuya103さんの投稿
60417573 2070025746635128 2470000973274900034 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

赤ちゃんが白羽二重と掛け着ならママも赤ちゃんの服装に合わせる必要がありますが、赤ちゃんがベビードレスならそれに合わせて、ママもワンピースやスーツにすると良いでしょう。夏のお宮参りでは、ワンピースの色は黒、または淡いピンクや淡いブルー、白やベージュなど涼しさを感じる優しい色合いのものを選ぶのがおすすめです。

授乳口のあるワンピースも販売されているので、ママが授乳しやすい服装を選んでみてくださいね。スーツの場合は紺や黒、ベージュなど清楚で涼しい素材のものを選ぶのをおすすめします。夏は暑いのでジャケットは着用せず、授乳口のついているトップスを着ていくと授乳時は便利です。

靴は、赤ちゃんを抱っこしても安定するヒールのないフラットなシューズが歩きやすいでしょう。アクセサリーは赤ちゃんを抱っこする時に差し支えるので特に必要ありません。どうしてもつけたい場合は、小ぶりなものでパールなど品のあるアクセサリーを選ぶようにしましょう。

(生後1ヶ月の授乳間隔・回数については以下の記事も参考にしてみてください)

生後1ヶ月の授乳間隔・回数は?母乳・ミルク別の量や注意点!体験談も

夏のお宮参りの服装【パパ】

お宮参りでのパパの服装はスーツを着るのが一般的です。色は黒や紺など、模様のない落ち着いた色が良いでしょう。夏なので通気性のよい素材や、裏地を使わない背抜き仕立てのスーツを選ぶと涼しく過ごせます。

ネクタイやシャツは白が好ましいですが、ネクタイはママの服装と同じ色合いのものを選ぶのもおすすめです。靴は紐のついていないダークな色のものを選びましょう。

夏のお宮参りの服装【祖父母】

祖父母も赤ちゃんに合わせた服装が好ましく、赤ちゃんが着物なら祖父母も着物を着用し、赤ちゃんがベビードレスなら祖父母もスーツやワンピースが良いでしょう。祖母は紺や黒、グレーなどの落ち着いた色のスーツやワンピースに、アクセサリーはパールのものがおすすめです。真夏はウォッシャブル素材の涼しげなスーツやワンピースでも過ごしやすいでしょう。

お宮参りでは、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするという昔からの習わしがあります。祖母のスーツやワンピースは動きやすい素材だと赤ちゃんを抱っこしやすいでしょう。祖父は黒や紺のスーツがおすすめです。パパに合わせた、目立つ柄のない落ち着いたスーツを着用しましょう。

真夏にお宮参りをする時のコツ・注意点は?

暑さの厳しい真夏のお宮参りをする時には、コツや注意点があります。ここからはどのような点に注意したらいいのかを紹介します。

●赤ちゃんに掛け着を着せるのは祈祷時や写真撮影時のみ
●長時間外にいることは避けて、できるだけ車移動にする
●事前に授乳室があるかどうかを確認し、こまめに水分補給をして熱中症に注意する
●近くに冷房がある神社やお寺があればそのような環境の整った場所を選ぶ
●暑い場合はスタジオなどでの写真撮影を先に行い、体調を考えて祈祷は後日にする
●薄手の素材のカーディガンやショールなどを使って冷房で体を冷やさないように
●汗をかいたらすぐに着替えられるように、赤ちゃんはもちろんママの着替えも持っていく
●赤ちゃんに異変があった場合はすぐにお参りや祈祷を中止し、帰宅または病院を受診

(赤ちゃんの夏服については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの夏服はどうする?肌着や冷房対策は必要?月齢ごとに解説!

夏のお宮参りの服装で失敗したママの体験談

夏のお宮参りの服装で失敗してしまったママの体験談を紹介します。夏にお宮参りの予定があるママは、参考にしてみてくださいね。

お宮参りの服装の失敗談【着物は授乳ができない】

初ママ

20代

お宮参りの祈祷は正装で!と意気込んでいたけど、着物じゃ授乳ができないし暑いしでワンピースにすればよかったと後悔…。暑いよりも授乳ができないことが一番困った。

ママも着物を着て夏のお宮参りをする家族は多くいますが、授乳がしづらいのでその時はミルクで対応するなどの工夫が必要ですね。夏のお宮参りは、軽い素材のワンピースやスーツが無難というママの声もありました。

お宮参りの服装の失敗談【軽装で行ったら失敗】

女の子のママ

20代

夏のお宮参りは赤ちゃんには涼しいベビードレスを購入!私たちも赤ちゃんに合わせて涼しくて楽な格好でと思い、デニムに半袖のトップスで行ったらさすがに浮いてた…。ワンピースにすればよかった!

赤ちゃんがベビードレスということで、ママたちも赤ちゃんの服装に合わせることは大切ですが、あまりにも普段着な格好は周りと比べても浮いてしまいます。正装で行きたいけど暑いのは嫌というママは、無理に暑い時期に行かなくてもお宮参りを涼しい時期にずらして、お宮参りに合った正装で行くといいでしょう。

お宮参りの服装の失敗談【無理に着物にして失敗】

2児のママ

30代

お宮参りはどうしても赤ちゃんに着物を着せたいと義理の母の強い希望があり、夏でも着物を着用しました。暑くて赤ちゃんは機嫌悪く祈祷の間は泣きっぱなし。私も着物が汗だくだし、動きづらいしで大変でした!

お宮参りの服装はママの実家で用意をするものだと言われてきましたが、今ではその伝統は薄れて誰が用意をしてもよくなっています。父方の両親がお宮参りの赤ちゃんの着物を購入することもありますが、服装については意見が分かれるので、お互いに話し合って決めておく必要があるでしょう。

お宮参りの服装の失敗談【突然の雨で大変なことに】

新米ママ

30代

お宮参りでしたが突然の雨に降られて祈祷は後日、今回は写真撮影と食事会ですませました。雨の中移動したり汗でべたべたな着物はつらいものがあったので、夏のお宮参りはラフな格好がおすすめです!

着物は動きづらいので、移動が多かったり汗の心配がある場合は、涼しげなワンピースやスーツがいいでしょう。着物は写真撮影の時だけ着た、というママもいますね。

お宮参りの服装の失敗談【暑くて熱中症に】

主婦

20代

暑い中、赤ちゃんも私も着物でお宮参りをしました!赤ちゃんは機嫌よくて何とか過ごしてくれたけど、私の着物が暑かったせいか熱中症になって体調崩しました…。夏場は無理は禁物です!

産後1ヶ月のママの体調は完全に回復してないことが多いでしょう。体調を崩さないように夏は特に水分補給をして、涼しい服装でお宮参りに臨んでくださいね。

夏のお宮参りは、服装に気を付けよう!

お宮参りでの正しい服装や真夏のお宮参りでの服装、真夏のお宮参りでの注意点やお宮参りの服装で失敗したママの体験談を紹介しました。夏場はかなり暑いので、産後1ヶ月の赤ちゃんとママの体調を優先して無理せずお宮参りを行いましょう。

関連する記事