赤ちゃん・新生児にドライヤーはいつから使う?髪を乾かす際の注意点も!

新生児や赤ちゃんにいつからドライヤーを使ったらよいか悩む方が多くいます。ここでは新生児の髪を乾かすのにドライヤーは必要か、また赤ちゃんはいつからドライヤーを使うのかなど、またドライヤーで髪を乾かす際の注意点や、ドライヤー活用法も紹介します。

目次

  1. 新生児の髪を乾かすのにドライヤーは必要?
  2. 新生児にドライヤーを使った方がいいのはどんな場合?
  3. 赤ちゃんがドライヤーを使うのはいつから?時期は?
  4. 新生児や赤ちゃんの髪をドライヤーで乾かす際の注意点!
  5. 新生児ママに役立つドライヤー活用法!
  6. 赤ちゃんや新生児は無理にドライヤーを使わないで!

新生児の髪を乾かすのにドライヤーは必要?

0ヶ月の新生児にはいつからドライヤーを使い始めていいか悩んでいるママも多くいます。しかし新生児の髪の量だとドライヤーを使わなくても、タオルで拭いてあげるだけですぐに髪が乾くのでドライヤーを使わなくても問題ありません。

新生児の髪はたくさん生えている子もいれば、まったく髪が生えていない子もいます。たくさん生えている新生児でも、大人と比べると量も少なく髪も細いです。頭皮についても敏感でドライヤーをあてると火傷の恐れがあるので、新生児にドライヤーを使うのはなるべく避けた方がよいでしょう。

しかし新生児にドライヤーを使ってはいけないと決まっているわけではありません。冬場の寒い時期など、髪が濡れた状態で身体が冷えて風邪を引かないか心配なら、新生児でもドライヤーを使って乾かしてもよいでしょう。このように必要に応じて新生児でもドライヤーの使用をしたほうがいい場合もあります。

(新生児については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児が寝ない!夜に赤ちゃんが寝ぐずりするときの原因や対策は?

新生児にドライヤーを使った方がいいのはどんな場合?

基本的に新生児にドライヤーを使う必要はありませんが、もしも必要な場合があるとしたらそれはどのようなときなのでしょうか。ここでは新生児にドライヤーを使った方がいいと考えられる場合をみてきましょう。

髪の量が多くタオルで乾かない場合

新生児でも髪の量が多いとタオルドライだけでは乾かすのが難しい場合もあります。タオルだけで水分が吸収できなかった場合は、少しだけドライヤーを使って乾かしてもよいでしょう。タオルで新生児の赤ちゃんの頭を長時間拭いていると、髪の毛が絡んでしまう場合もあるので、そういった場合はドライヤーを使ってみましょう。

冬の季節の風邪予防

0歳児ママ

10代

0ヶ月の新生児だったので髪は自然乾燥していましたが、髪を濡れたままにしていたら鼻水が出るようになってしまいました。寒い冬の時期だったので、頭が濡れていて身体が冷えちゃったんだと思います。それ以来、まだ新生児ですがドライヤーを少しの時間だけ使うようにしています。

冬の季節は新生児の髪を濡れたまま放っておくと風邪を引く原因にもなります。タオルを使っても乾ききらなかった場合は、ドライヤーを使ってしっかり乾かすようにしてみましょう。ドライヤーを使った方がよいのは寒い冬の季節だけで、夏の場合であれば髪や頭皮に水分が残った状態でもすぐに乾くので問題ありません。

(新生児の風邪については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の咳!風邪が原因の可能性も!見分けるには鼻水を見ると良い?

頭皮のトラブルが起こった場合

頭皮に炎症などトラブルがみられる場合は、最近の増殖による悪化を防ぐためにも自然乾燥よりも早くドライヤーを使って乾かしてあげるのがよいでしょう。新生児の肌はとても敏感なので、お風呂あがりに頭皮が濡れている状態だと細菌も繁殖しやすくトラブルの原因となります。

赤ちゃんがドライヤーを使うのはいつから?時期は?

赤ちゃんにドライヤーを使う時期については、明確に何歳何ヶ月になってからといった目安はありません。いつから使うのがよいか悩んでいる方は、生後6ヶ月を目安にして判断するのがよいでしょう。

6ヶ月を目安にといっても、基本的に髪が細く量が少ない赤ちゃんにはドライヤーを使う必要がありません。タオルだけだとなかなか乾かなくなってきたら、ドライヤーを使い始めてもよい目安の時期だと言えます。赤ちゃんにドライヤーを使い始める目安は、月齢よりも髪の量で判断することが必要です。

ママ友がドライヤーを使い始めたからと言って、自分も使わなければと思う必要はありません。0歳のうちから赤ちゃんにドライヤーを使う方もいれば、1歳・2歳を過ぎてから使う方とさまざまです。髪の成長も身体と同じで個人差があるので、髪の量が増えてタオルでは乾きが悪くなったと感じたら検討するようにしましょう。

1歳児ママ

30代

産まれたときから髪がしっかりと生えていて髪の量も多く、0歳のうちからドライヤーを使いたかったのですが、音にびっくりして怖がって泣くのでなかなか使えませんでした。1歳6ヶ月を過ぎてようやくドライヤーの音に慣れてくれて泣くのもおさまったので使うようになりました。

上での紹介した通り、赤ちゃんがドライヤーを使う目安の時期については、お風呂で髪を洗ってタオルドライしてから、寝るまでに乾かなかったら使い始めるのが理想です。しかし赤ちゃんの中にはドライヤーの音が嫌で泣きだす子もいます。ドライヤーに対して赤ちゃんが恐怖心を持っていないかも考慮して、使い始める時期を決めるようにしましょう。

(赤ちゃんについては以下の記事も参考にしてみてください)

『赤ちゃん』とはいつまで?何歳何ヶ月まで?母子健康法をもとに定義を検証!

新生児や赤ちゃんの髪をドライヤーで乾かす際の注意点!

新生児や赤ちゃんに大人と同じ感覚でドライヤーを使ってはいけません。新生児や赤ちゃんの髪にドライヤーを使う際、さまざまな注意点があります。何も知らずにドライヤーを使うと新生児や赤ちゃんの頭皮や髪の毛を傷つけてしまう恐れがあるので、必ず以下の注意点を守って使用するようにしましょう。

ドライヤーの風量

新生児や赤ちゃんにドライヤーを使う場合、風量にも注意が必要です。一番弱い状態で使えば、新生児や赤ちゃんの髪や頭皮への負担も少なくなります。

今のドライヤーは風量を調整できる機能がついた商品がほとんどです。大人と同じ様に送風の威力を強くしてドライヤーをかけないようにしましょう。威力の強いドライヤーしか持っていない場合は、新生児や赤ちゃん用に使用する威力の弱いドライヤーを1つ購入するのもおすすめです。

ドライヤーの前にしっかりタオルドライする

新生児や赤ちゃんの髪を洗ったら、ドライヤーの前にタオルでしっかり拭いてあげましょう。タオルで拭かず髪が濡れていると、乾きが悪くドライヤーをあてる時間も長くなってしまいます。タオルドライしてなるべく新生児や赤ちゃんのにドライヤーをあてる時間を短縮して、負担を軽減してあげましょう。

ドライヤーのあてすぎ

肌が弱い新生児や赤ちゃんの髪にドライヤーを長時間あてすぎてはいけません。ドライヤーを使用する際は、短時間で済ませるようにしましょう。長時間の使用は頭皮が乾燥しすぎて傷ついたり、頭皮を火傷させてしまうこともあります。また新生児や赤ちゃんの頭皮にはドライヤーの熱は強すぎるので、風量を最小にしたり、冷風で乾かすなど工夫も必要です。

まんべんなくドライヤーを動かして乾かす

新生児や赤ちゃんにドライヤーを使う場合、頭皮や髪へのダメージを和らげるため同じ場所に集中して長時間あてることはやめましょう。頭全体をまんべんなく小刻みにドライヤーを動かしながら乾かすのがポイントです。

髪に近づけて使用しない

ドライヤーを使う際には、新生児や赤ちゃんの髪に近づけて使用することのないようにしましょう。上記でも説明した通り、新生児や赤ちゃんの頭皮は敏感なので、ドライヤーは30cm以上離して使うのがよいとされています。あまり離しすぎると乾くか心配ですが、新生児や赤ちゃんの髪の量ならドライヤーを離して使っても乾くので問題ありません。

ドライヤーの音に反応して泣きだしたらやめる

新生児や赤ちゃんがドライヤーの音にびっくりして泣く子もいます。ドライヤーの音に反応して泣く場合は、ドライヤーのスイッチを切って無理に乾かすのをやめましょう。ドライヤーの音は新生児や赤ちゃんにとって、強いストレスになる場合もあるので注意が必要です。

ドライヤーの送風部分を触らせない

ドライヤーの送風部分は熱風が出ているので、とても熱い状態です。新生児や赤ちゃんが手で触って火傷しないよう注意しましょう。特に新生児や赤ちゃんはさまざまものに興味津々なので、ドライヤーを使っていたら触りたがります。

髪の毛に集中していると新生児や赤ちゃんが送風部分を触ろうとしていることに気付かないので、赤ちゃんの手にも注意して乾かすようにしましょう。

ドライヤーのコードの扱いに注意する

危険なのはドライヤーの送風部分だけではありません。新生児や赤ちゃんにドライヤーを使用している間や使い終わった後は、コードにも注意しておきましょう。赤ちゃんはドライヤー中でも手足をバタバタさせて動きます。ドライヤーのコードが手や足に巻きついたり、首にまきついてしまうことも考えられます。

また使い終わった後、ドライヤーをそのままの状態で置いておくと身体にコードが巻きつくだけでなく、赤ちゃんがコンセントをなめたりすることもあるでしょう。ドライヤーを使ったらすぐに片付けて、新生児や赤ちゃんの手の届かない場所に収納するようにしましょう。

ドライヤーの送風が呼吸の邪魔をしないように気を付ける

ドライヤーの風が新生児や赤ちゃんの顔に当たると呼吸がしづらくなる場合があります。ドライヤーの風を顔にあてると嫌な顔をしているのが愛らしくて、つい顔に風邪をあてて遊んでしまう方もいるでしょう。しかしドライヤーの風を新生児や赤ちゃんの顔にあてることによって、呼吸がうまくできない状態になると危険です。

新生児や赤ちゃんの反応が面白いからと言って、顔にあてないよう注意しましょう。

新生児ママに役立つドライヤー活用法!

ドライヤーは新生児や赤ちゃんの髪を乾かすだけではく、他にも活用術がたくさんあります。さまざまな場所でドライヤーを活用して、育児に役立てましょう。

衣類やガーゼを乾かす

ドライヤーは新生児や赤ちゃんの肌着などの衣類、よだれかけやガーゼなどを乾かすのに役立ちます。新生児や赤ちゃんは母乳の吐き戻しやよだれなどで何かと着替えが多くなります。梅雨や冬時期だとなかなか洗濯物が乾かなず、替えがなくなることもあるでしょう。

そんなときはドライヤーを使えば、新生児や赤ちゃんのサイズのものなら短時間で乾くのでおすすめです。

(肌着については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの夏服はどうする?肌着や冷房対策は必要?月齢ごとに解説!

寝具の温度調整

新生児ママ

30代

新生児は自分で体温を調整するのが難しいと聞いていたので、部屋の温度はもちろんですが寝具の温度調節にも気を遣っています。ドライヤーは冷風も温風も付いているので、冷たくしたいときや温かくしたいときなど寝具の温度調整にはとても便利で活用しています。

ドライヤーは新生児や赤ちゃんの寝具を温めたり、冷やしたりと温度調整に役立てることができます。冬の季節には新生児や赤ちゃんを寝かせる前に寝具をドライヤーの温風で温めてあげましょう。また夏の季節には逆に冷風で寝具を冷やしてあげて、快適に眠れる環境を作ってあげましょう。

あせも対策

ドライヤーは新生児や赤ちゃんのあせも対策にも便利です。上記で寝る前に寝具を冷やしてあげる活用法を紹介しましたが、寝ている間も新生児や赤ちゃんはたくさんの汗をかいています。汗をかいたまま放っておくとあせもができて、お風呂でしみたり痒くなったりと新生児や赤ちゃんが泣きだす原因となります。

寝ているときに新生児や赤ちゃんが汗をかいているようなら、ドライヤーの冷風をあてて乾かしてあげましょう。ずっと扇風機をかけておくと身体にも悪いので、汗を乾かすためにドライヤーを短時間使うのがおすすめです。また冷風をあてるときは、顔にあてると呼吸がしづらくなる場合もあるので、背中からあてるようにしましょう。

(赤ちゃんのあせもについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのあせも対策!どんな薬を使えばいいの?病院へ行く目安は?

冷凍食材の解凍

ドライヤーは冷凍食材を解凍するときにも活用できます。赤ちゃんは6ヶ月を過ぎると離乳食が始まります。離乳食はその都度作るよりも、大量に作って小分けに冷凍保存するママがほとんどです。もちろん電子レンジで解凍することもできますが、電子レンジだと温めすぎて冷めるまでなかなか食べさせることができない場合もあります。

離乳食のストックは1つ1つの量も少ないので、ドライヤーの風で十分解凍できます。しかし冷凍食材を解凍する際、ドライヤーの風は温風ではなく、冷風をあてることがポイントなので覚えておきましょう。

泣きやませる道具

ドライヤーの音はママのお腹の中にいたときの音と似ているので、ドライヤーの音を聞いて泣きやむ赤ちゃんも多くいます。赤ちゃんが何故泣くのかわからず、どうしても泣き止ませることができない場合は、ドライヤーを使ってみるのもおすすめです。しかし中にはドライヤーの音に驚いて怖がり、泣く赤ちゃんもいるので使う際には注意しましょう。

また音だけを赤ちゃんに聴かせて泣くのを止める目的でドライヤーを使うので、赤ちゃんに直接送風を向けることはしないようにしましょう。

赤ちゃんや新生児は無理にドライヤーを使わないで!

新生児や赤ちゃんへのドライヤーの必要性やいつから使うかの目安、使う際の注意点などを紹介しましたがいかがでしたか。何歳になったらいいか、いつから使うのがよいといった目安の時期はなく、人それぞれドライヤーを使い始める時期は異なります。そのため髪の量やタオルでの乾き具合を見て自分の判断で使用を始めてみましょう。

しかしドライヤーを嫌がったり泣く新生児や赤ちゃんに対して、無理にドライヤーを使ってはいけません。ドライヤーへの恐怖心がないかどうかも考慮して使い始める必要があります。

関連する記事