新生児の咳!風邪が原因の可能性も!見分けるには鼻水を見ると良い?

新生児が咳をしていたら、風邪をひいたのかと心配になりますよね。新生児は元々咳込みやすく、鼻水も出やすいですが、風邪が原因の可能性もあり注意が必要です。そこで今回は新生児の咳について、原因や見分け方、自宅でできるケアの方法などをご紹介します。

目次

  1. 知っておきたい新生児の咳について
  2. 新生児に咳の症状が!原因は風邪?
  3. 風邪だけじゃない!新生児の咳や鼻水、鼻づまりの症状で考えられる病気とは
  4. 新生児に咳や鼻水、鼻づまりの症状があるときの病院に行く目安とは
  5. 自宅で出来るの新生児の咳のケアのポイント
  6. 咳の症状が風邪だとわかるように普段から新生児の状態をよくみよう

知っておきたい新生児の咳について

生まれて間もない新生児の赤ちゃんが咳をしていたら「苦しいのかな?」「もしかして風邪?」「何かの病気じゃないの?」と不安になってしまいますよね。新生児は咳が出やすいものです。

咳によっては、家で様子を見るだけでいいのか、それとも病気の可能性もあり病院に連れて行くべきなのか判断する必要があります。そこで新生児の咳について、原因や症状の見分け方、ケアの方法についてご紹介します。

新生児に咳の症状が!原因は風邪?

新生児の赤ちゃんは、急に冷たい空気にさらされたときなどのちょっとした「気温」「湿度」の変化でも咳が出ます。また、ホコリを吸い込んだりしたときにも出ます。咳は、のどが赤くなっていたり何かできていたりしたときに、刺激になって反射的に出る反応です。また気道に鼻水やホコリなどが入ったときに、押し出そうとして咳込む防御反応でもあります。

新生児が咳をしていた場合でも、機嫌が良くてよく眠り、食欲もあってよくミルクやおっぱいを飲んでいる場合は、まずは様子を見ているだけで大丈夫です。授乳後に少し咳込んだ場合は、縦抱きをして背中をさすってあげるか、優しくたたいてあげてください。

新生児に咳だけでなく鼻水や鼻づまりの症状があるときは風邪?

新生児が咳だけでなく、鼻水、鼻づまりなどの他の症状がある場合は風邪の可能性が高いです。生まれたての新生児が病気で熱を出すことはめったになく、授乳でも母親の風邪はうつることはありませんが、手や唾液などから風邪がうつることはあります。赤ちゃんに風邪がうつることがないように、日ごろから手洗いうがいを徹底するなど注意が必要です。

また咳や鼻水、鼻づまりの症状だけでなく、熱が38度以上あったりぐったりして水分もとれない場合は、早めに小児科を受診するようにしてください。

新生児の風邪は鼻水で見分けられる?

新生児の鼻水が、風邪のような透明なものではなく「緑色」「黄色」の場合や粘り気が強い場合は風邪や病気の可能性があり注意が必要です。ウイルス性や感染症の可能性もあるので早めに小児科か耳鼻科を受診するようにしましょう。新生児の黄色や緑色などの鼻水を拭いたタオルやガーゼを共用すると、周りにうつる可能性があるので共用しないようにしてくださいね。

新生児は元々鼻づまりになりやすいので、つまっているようであれば鼻水吸引器などで吸引してあげましょう。1日に何度も鼻水がでる、鼻水吸引器で吸っても鼻づまりが治らない場合も、早めに小児科か耳鼻科を受診するようにしてください。

(鼻づまりについては以下の記事も参考にしてみてください) 

新生児の鼻づまりを解消する方法!寝られないときの原因と対処は?
赤ちゃんのいびき!鼻づまりが原因?睡眠時の無呼吸には注意!

風邪だけじゃない!新生児の咳や鼻水、鼻づまりの症状で考えられる病気とは

新生児の赤ちゃんが咳の症状だけでなく、発熱や鼻水、鼻水などの他の症状がある場合や、咳のために眠れなかったり吐いたりする症状が続く場合は風邪ではなく病気の可能性があります。呼吸が速くなったり、とても苦しそうに息をしているときは、注意が必要です。ここでは、新生児の咳が原因でとして考えられる病気をご紹介します。

風邪じゃない咳の原因【風邪症候群】

鼻やのどに急性の炎症をおこす病気の総称で、1つの病気ではなく色々なものを含んでいます。咳のほかに「鼻水」「鼻づまり」「のどの痛み」などの症状を伴います。主な原因はウイルスによるものなので、風邪をひいた周りの人から新生児にうつることによって風邪になることもあります。

自然に治る病気ですが、悪化すると気管支炎や肺炎になる可能性もあります。発熱や下痢を伴って咳や鼻水が出る場合は、早めに病院に行くようにしてください。

風邪じゃない咳の原因【インフルエンザ】

関連する記事