新生児の寝言泣き・うなりは大丈夫?原因・対処法は?夜泣きとの違いも解説

【医師監修】赤ちゃんが寝ている時の寝言やうなり声で、慌てたことはありませんか?こちらの記事では新生児の寝言泣き・うなりの原因や、それぞれの対処法を紹介します。また、赤ちゃんの夜泣きとの違いや、新生児の睡眠のリズムについても説紹介するのでチェックしてみてくださいね。

専門家監修 | 小児科医 富田規彦
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。...
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。 少しでも多くの方達に正しい情報をお届けしたいと考えております。 富田こどもクリニックHP

目次

  1. 新生児の睡眠のリズムは?大人との違いは?
  2. 新生児が寝てる時の寝言泣き・うなりの原因は?
  3. 新生児がうなる時の対処法
  4. 新生児の寝言泣きと夜泣きの違いは?どう見分ける?
  5. 新生児の寝言泣き対処法は?
  6. 赤ちゃんの寝言泣き・うなりは気にしすぎないで!

新生児の睡眠のリズムは?大人との違いは?

新生児の寝言泣き・うなりの原因や対処法を知りたいと思っている人は多いでしょう。まずは、新生児の睡眠のリズムについて紹介します。新生児の睡眠リズムはどのようなものなのか、大人とどのような違いがあるのかを知ることで、寝言泣きやうなりに対して適切な対応をとることができますよ。

新生児の睡眠リズムの周期は短い

人は深い眠りと浅い眠りを繰り返しながら眠ります。大人の深い眠りと浅い眠りの睡眠リズムは90分ごとに繰り返されています。新生児の睡眠リズムは40~60分ほどであるといわれています。このように新生児の睡眠のリズムは大人の睡眠リズムにくらべて周期がとても短いのです。

浅い眠りが睡眠全体の50%

新生児の睡眠では浅い眠りの割合が、睡眠全体の50~60%を占めているといわれています(※1)。新生児は常に寝ているイメージがありますよね。しかし、眠り自体は浅い時間が多く、小さな音や衝撃でもすぐに覚醒してしまうのです。

新生児は浅い眠りの時に空腹を感じたり、お尻が蒸れて不快に思ったりすると、大きな声で泣いたり奇声を発したりすることがあります。やっと寝たと安心したのに、再度泣かれてしまうと心配になってしまうかもしれません。しかし、浅い眠りのリズムがきちんときている証拠であり、目覚めることは当たり前のことなのです。

新生児は睡眠不足の心配はない

新生児は本能のまま、自然のままに生活しています。寝たい時に寝て、お腹がすいたり不快なことがあったりすると泣くというのが新生児です。夜中に何度も起きて泣くので「睡眠不足にならないかな」と心配になることもあるかもしれませんが、それがその子にとってのちょうどいい睡眠時間です。新生児に関して睡眠不足を心配することはありません。

赤ちゃんが寝ている時に何度も起きる理由は分かりましたね。しかし、実際に泣き声を聞くと「どこか痛いのかな」や「苦しいのかな」と心配になってしまうママやパパも多いでしょう。

寝言泣きやうなりにはどのような意味があるのでしょうか。新生児の寝言泣き・うなりについての原因やそれぞれの対処法、夜泣きとの違いについて紹介していきます。参考にしてみてくださいね。

(赤ちゃんの睡眠については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんはどれくらい寝る?月齢別の平均睡眠時間や特徴!体験談も

新生児が寝てる時の寝言泣き・うなりの原因は?

新生児では深い眠りと浅い眠りの睡眠リズムの間隔が短いです。浅い眠りのときに空腹や不快感を覚えると大きな声で泣き出したり、奇声を発したりすることがあります。そのたびに授乳をしたりおむつを変えたり、お世話をするママやパパが多いでしょう。実はそれは赤ちゃんの睡眠を妨げている可能性があると言われています。

睡眠を妨げているとはどういうことなのでしょう。新生児の寝言泣きやうなり、奇声にはどのような意味があるのか、その原因を紹介します。

夢をみて寝言泣きをする

新生児は浅い眠りの際に夢をみていると考えられています。大人も夢をみているときに寝言を発することがありますが、新生児も同様です。しかし、赤ちゃんはまだしゃべることができません。したがって、しゃべる代わりに寝言泣きで表現したり、にこにこ微笑んだり、うなったり、奇声を発したりするのです。

新生児特有の行動

寝言泣きは新生児が夢をみている際の寝言ですが、生後2ヶ月頃までの新生児の場合は、新生児特有の行動だと考えることもできます。原始反射と呼ばれるもので、代表的なものでは母乳を飲む「哺乳反射」があります。大きな音などに反応する「モロー反射」や寝言もその一種であると考えられています。

このように夢をみて声を発しているわけではなく、筋肉の動きによって無意識に行われる運動である場合もあるのです。新生児特有の動作は成長とともに消えていきます。逆に言えば今しかみることのできない、かわいい動作でもあるのです。あまり心配せず、優しく見守ってあげましょう。

お腹にガスがたまってうなる

新生児がうなる原因は、お腹のガスが関係しているかもしれません。生後3ヶ月までの赤ちゃんの消化器官はまだ未熟です。便を出す力もあまり強くないため、うなりながら便を一生懸命出そうとしています。げっぷやおならでお腹のガスを上手に排出することができない時も、うなり声を発することがあります。

ミルクや母乳の飲み過ぎでうなる

関連する記事