子供用水筒の年齢別の選び方!おしゃれなストロー付きなど人気30選も紹介!

子供用水筒のおすすめを〈ストロー付き〉〈ステンレス製〉〈おしゃれ〉などタイプ・素材・デザイン別に紹介します。子供用水筒の選び方や、使用時の注意点も一緒にくわしく見ていきます。子供が毎日使う水筒をポイントを押さえて選び安心安全に使いましょう。

目次

  1. 子供用の水筒の選び方は?年齢・機能・素材など!
  2. 子供用の水筒を使う際の注意点!
  3. 《ストロー付き》の子供用水筒おすすめ5選!
  4. 《コップ付き》の子供用水筒おすすめ5選!
  5. 《直飲み》の子供用水筒おすすめ5選!
  6. 《ステンレス製》の子供用水筒おすすめ5選!
  7. 《サーモス》の子供用水筒おすすめ5選!
  8. 《おしゃれな》子供用水筒おすすめ5選!
  9. 子供用水筒のおすすめアクセサリー3選!
  10. Amazon・楽天のレビュー評価ランキングも見てみよう!
  11. 子供用の水筒は年齢や用途に合わせて選ぼう!

子供用の水筒の選び方は?年齢・機能・素材など!

子供に水筒を買ってあげたいと思っても何をどう選んだらいいのかわかりませんよね。おしゃれなものからシンプルなものまでデザインもさまざまです。子供の歳に合った水筒を選ぶ際の知っておくべきポイントを一緒に確認していきましょう。

(2歳児の水筒選びは以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の水筒はどう選ぶ?サイズや直飲み・ストロー・コップタイプの種類などポイントを解説!

子供の年齢に合った飲み口を選ぶ

水筒の飲み口にはいくつか種類があります。ストローがついていたり、直飲みの口だったりとさまざまです。最近では直飲みとコップで飲めるものと最初から2種類付属品としてついている水筒も販売されています。2通りの飲み方ができると子供の成長に合わせて替えられるので便利ですね。

使用する子供が1歳~2歳くらいであればストロータイプの飲み口がおすすめです。一人で飲むこともできますし、水筒を横に倒されても大量にこぼれる心配はありません。子供の年齢に合わせて選んであげましょう。

(赤ちゃんのストローの練習については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのストロー練習はいつから?練習方法や注意点は?体験談あり

用途に合わせた素材で選ぶ

水筒の素材も種類があります。ステンレスのものとプラスチックのものです。ステンレスでできている水筒は、なにより保温・保冷効果があることが特徴で衝撃にも強く丈夫です。一方プラスチックでできている水筒は軽いので子供が簡単に持てるという魅力があります。しかし衝撃に弱いので壊れやすいというのが欠点です。

「冷たい飲み物を飲みたい」というのであればステンレスでできているものを選びます。「子供が自分で持てるようにしたい」というのであればプラスチックの軽いものを選び、使う用途でそれぞれ素材を選ぶのもいいでしょう。

(幼稚園や保育園の水筒については以下の記事も参考にしてみてください)

幼稚園や保育園の水筒*タイプ別・人気25選!男の子・女の子向けをそれぞれ紹介!

容量で選ぶ

水筒の容量もさまざまな種類があります。子供がまだ幼いのであれば大容量の水筒は必要ないので、小さい容量の水筒で十分でしょう。子供が大きくなってきたら容量を大きいのに替えてあげるといいでしょう。今の子供の歳がどのくらいの容量を必要としているのかで水筒を決めるのも良いですね。

容量が大きくなれば必然と水筒本体の重量も重くなってしまうので、子供に自分で持たせたいというのであれば軽い水筒になるよう容量を小さめにするなど注意が必要です。

(1歳半の食事量については以下の記事も参考にしてみてください。)

1歳半の食事量やスケジュールは?食べない時は?味付けや注意点も!

デザインやメーカーで選ぶ

水筒のデザインもおしゃれなものからシンプルなものまで種類がたくさんあります。子供に大好きなキャラクターがいるならそのキャラクターの水筒にするのもいいですね。水筒を使うたびに子供が喜んでいるとママも嬉しいものです。子供が大きくなっても使いたいというのであれば、シンプルなデザインのものを選ぶのがおすすめです。

また水筒を出しているメーカーで選ぶのもおすすめです。大手メーカーのものなら万が一壊れてもパーツが取り寄せしやすいなどのメリットもあるので、メーカーで選ぶのもいいですね。

(スタンレーの水筒については以下の記事も参考にしてみてください)

【2019最新】コストコのスタンレーの水筒・全10種!記念モデルも!

関連する記事