幼稚園を転園したい!理由は?途中入園の手続き、挨拶の仕方や体験談も!

幼稚園は転園できる?幼稚園を転園する理由や、転園〜途中入園するまでの流れ・手続きなどについて解説していきます。また、挨拶の仕方・タイミングや、注意点、体験談も紹介するので、大切なポイントをおさえて参考にしてみてください。

目次

  1. 幼稚園を転園する理由は?引越し以外には??
  2. 幼稚園を転園〜途中入園するまでの流れ・手続きは?
  3. 幼稚園の転園・途中入園の際の挨拶の仕方やタイミングは?
  4. 幼稚園の転園・途中入園する際の注意点
  5. 幼稚園の転園・途中入園に関する体験談
  6. 幼稚園の転園は子どもへの配慮も忘れずに!

幼稚園を転園する理由は?引越し以外には??

幼稚園に入園するまでに苦労をしたママも多いですよね。しかし、そんな幼稚園でも子どもを転園させたいと考えるようになったり、転園させざるを得ない事情ができるときもありますよね。

まずは具体的な幼稚園の転園理由についてご紹介します。

(保育園の転園については以下の記事も参考にしてみてください)

保育園の転園は慎重に!先輩ママ達直伝、知っておきたい10のこと!

引っ越しをすることになった

営業職

30代前半

急遽仕事の転勤がきまり、引っ越しをすることになりました。県外なのでもちろん子どもの幼稚園も転園することになりました。仲良くしてくれた友達もいたので、子どもへの申し訳なさもあり、良くしてくださっていた先生方と離れるのもかなり心細かったです。

幼稚園の転園理由として多いのが、引っ越しです。転勤などの仕事上の理由で引っ越しを行わなければならないときには、子どもも一緒に引っ越す必要がありますよね。また、職場のタイミングに合わせなければならず、突然の転園ということも多いでしょう。

通える範囲ではあっても、引っ越しにより幼稚園が遠くなれば負担になります。そのため引っ越しを機に転園を考える人は多いようですね。

兄弟と幼稚園に通わせたい

主婦

20代後半

入園の希望が通らず、下の子は上の子と同じ園に入れませんでした。ママ友との付き合いもそれぞれで必要ですし、役員もそれぞれで行わなければならずかなりきつかったです。途中からでも同じ幼稚園に通わせたいと思い、希望は出し続け、途中入園することができました。

これまで兄弟で別々の幼稚園に通っていた場合、同じ幼稚園に通わせるために転園を考えることもあります。地域や幼稚園によっては、希望しているところに入園できるとは限りませんよね。兄弟で別々の幼稚園に通っている家庭もあるでしょう。

兄弟で通っている幼稚園が違うと経験することに差ができてしまったり、行事もそれぞれに参加する必要がありますよね。日常的に2つの幼稚園を行き来することに負担を感じることもあるでしょう。

そういった理由から、同じ幼稚園に通わせたいと考えるママは多いですね。

同じ小学校の学区の子がいない

女性

40代

家から少し離れた認可幼稚園に入ることができたのですが、小学校の学区とは離れているので、小学校に入ったら孤立してしまうのではないかと心配になりました。まだ小さいのでそんなにグループが固まっていることはないだろうと思いつつも、結局家の近くに転園を決めました。

現在通っている幼稚園に同じ小学校の学区の友達がいない場合に、転園を考えることもあります。ママだけではなく、子どもも幼稚園で友達を作って自分のコミュニティを形成していきます。しかし、小学校でまったく新しい人間関係を作るのは大変ですよね。

卒園後のことを考えて、同じ小学校学区の子どもが多い幼稚園への途中入園も多いです。

幼稚園と価値観が合わない

パート

20代

かなり厳しい園で、子どもが委縮してしまっていました。うちの子には合わないと思ったのですが、特に対応を変えてもらえるわけでもないので、対応を変えてもらうことはあきらめて転園を決めました。途中入園に不安もありましたが、のびのび過ごしている様子を見て安心してます。

慎重に選んだ幼稚園でも、いざ入ってみると価値観が合わないことはありますよね。先生の指導が合わなかったり、先生に不信感を感じることもあるでしょう。場合によっては子ども自身が幼稚園に行くことを拒むようになります。

幼稚園と価値観が違うという理由での転園に悩む人も多いですが、環境を変えることは立派な選択肢の一つです。

(子供が幼稚園に行きたくない原因については以下の記事も参考にしてみてください)

子供が幼稚園に行きたくない原因は?年中・年長別の対処法!体験談あり

幼稚園を転園〜途中入園するまでの流れ・手続きは?

転園から入園までの手続きにはどのようなものが必要なのでしょうか。何から始めたらいいのか不安になりますよね。やっておくべきことの流れををご紹介します。

転園先を探す

まずは、転園先の幼稚園を探しましょう。受け入れが可能がどうかは幼稚園やタイミングによっても異なります。入園したいと考えている幼稚園のピックアップを行い、自治体への相談や問い合わせをしましょう。入園で必要な費用なども事前にチェックしておきましょう。かかる費用も幼稚園ごとに差があるので確認が必要です。

必要書類をそろえる

転園先の幼稚園が決まったあとは、入園に必要な書類を揃えましょう。必要書類は、もともといた幼稚園に入園する際に用意したものとほとんど変わりはありませんが、幼稚園や自治体によって異なります。早めに確認しておきましょう。

引っ越しを機に転園を考えている場合は、住民票を提出するタイミングが難しいこともありますよね。住民票提出のタイミングについては相談しましょう。

必要な道具を準備する

転園先で必要な道具や制服の準備をしましょう。前の幼稚園で使っていたものをそのまま使えるかどうかの確認もしておくと、準備するものを減らすことができます。転園時には費用もかさむので、継続して使えるものはなるべく使いましょう。費用の軽減にもつながります。

これまでの幼稚園とルールが異なる場合もあります。細かいところまで確認しておいたほうが、後々慌てずにすむでしょう。

(入園に必要なものについては以下の記事も参考にしてみてください)

幼稚園の入園準備に必要なものリスト!体験談をもとに節約術や手作りすべきものを紹介!

退園手続き

現在通っている幼稚園に退園する旨を伝えましょう。転園先が決まったあとは、早めに転園することと、日にちを伝えます。退園届などの書類を記入する必要もあるでしょう。また、転園先の幼稚園に提出する書類も受け取ります。

(保育園転園の準備については以下の記事も参考にしてみてください)

保育園の転園は前準備が大切!必要な手続きや子供へのフォローなど

幼稚園の転園・途中入園の際の挨拶の仕方やタイミングは?

転園する際にも、入園する際にも挨拶は大切です。これまでの感謝の気持ちを伝え、これからの関係をスムーズに築いていきましょう。気になる挨拶のタイミングについてご紹介します。

退園する幼稚園への挨拶

退園する幼稚園の先生への挨拶は、退園当日や、退園する前日に行う人が多いようです。退園当日のお迎えの日にお世話になった先生に会えるようであれば、その日に挨拶をする人が多いですね。一方、先生の仕事の関係で退園日に会えない場合は、事前に挨拶をすませたほうがいいでしょう。

退園する幼稚園の保護者へは、懇談会などで集まる予定があればその日に少し時間をもらい挨拶しておきましょう。そういった機会がなければ、親しいママ友には個人的に伝えておいたほうがいいですよ。

途中入園する幼稚園への挨拶

途中入園する幼稚園への挨拶のタイミングはさまざまですが、入園準備の段階で挨拶をしていたとしても、入園日当日に改めて挨拶をしましょう。名前と「これからよろしくお願いします」と一言添える程度で大丈夫です。

保護者への挨拶は全員が集まる懇談会の場などで行いましょう。懇談会で先生が時間をとってくれることもありますが、念のため事前に挨拶の時間を少しもらえないか相談しておくと安心です。

挨拶時に渡すもの

退園する幼稚園に挨拶するときに、何かをお礼に持っていくべきか迷う人は多いですよね。保護者ひとりひとりに配る必要はありませんが、もし渡すのであれば費用をかけずに数百円以内でおさめておきましょう。費用をかけて高額なものにすると、お返しについて悩ませてしまいます。

先生には個人的に渡すのではなく、園全体に菓子折りをもっていきましょう。幼稚園の方針によっては受け取ることができず断られてしまうこともありますが、形だけでも持っていくと気持ちが楽です。

幼稚園の転園・途中入園する際の注意点

幼稚園を転園する際には、子どものケアを忘れないようにしましょう。幼稚園は子どもにとって生活の大部分を占めています。急に転園することで気分が落ち込んでしまったり、新しい環境になじむのに時間がかかることもあるでしょう。

まだ小さいからといってなんとなく転園させるのではなく、転園前にきちんと説明をしておくといいですよ。そして、新しい環境に馴染めるようサポートしましょう。事前に転園先に子どもを連れて見学に行けるとなおいいでしょう。

また、子どもを馴染ませる手段として親同士のつながりも重要です。ママにとっても新しい環境は緊張してしまいますが、積極的にママ友を作るようにし、情報交換ができるようにしておきましょう。

幼稚園の転園・途中入園に関する体験談

幼稚園を転園する際の子どもの様子やアドバイスなどの体験談をご紹介します。事前に先輩ママの体験談を知って、新しい環境にスムーズに入る準備をしましょう。

主婦

30代

子どもに転園を伝えたときはとくに反応はなかったのですが、徐々に嫌がるようになりました。途中入園してすぐは、毎日泣きながら幼稚園に通うようになりました。新しい友達ができたおかげで、今では楽しそうに通っています。

女性

40代

転園前の幼稚園のお友達とは、なるべくしっかりお別れをさせてあげてください。うちは先生が転園のことを子どもたちにもしっかり話してくれて、みんなでお別れ会をやってもらいました。子どもにとっては、新しい幼稚園へ気持ちを切り替えるきっかけになったようです。

会社員

30代前半

うちは引っ越しによる転園だったのですが、幼稚園の方針が違ったこともあり、子どもの戸惑いが大きかったです。もし転園先を選ぶ余裕があるのであれば、以前の幼稚園と規模や教育方針が似ているところがおすすめです。

転園は、子どもにとっては大きな出来事です。初めは戸惑いながらも徐々に慣れてくる子が多いですよ。それでも、一日でも早く楽しい幼稚園生活を送ってほしいですよね。できる限りのことを事前にしておきましょう。

幼稚園の転園は子どもへの配慮も忘れずに!

大人でも新しい環境は緊張するものですよね。子どもにとっては緊張も大きく、新しい環境に入ることへの理解も難しいものです。転園は手続きも多いためママやパパも忙しくなりますが、子どものサポートを忘れないようにしましょう。

関連する記事