保育園の転園は慎重に!先輩ママ達直伝、知っておきたい10のこと!

家庭の事情などで保育園を転園になることがあります。転園するときは子供も親も不安がいっぱいですよね。保育園選びは慎重にいきたいところです。知りたい情報や役立つ方法など、知っておきたい10のことを先輩ママ達の体験談やアドバイスを交えて紹介します。

目次

  1. 転園って大変?実際難しいの?
  2. 転園のために知っておきたい10のこと
  3. 転園先の選び方
  4. 保育園転園前の相談や手続き
  5. 転園が決まったらやっておくこと
  6. 子供へのフォローの仕方
  7. 転園先の新しい保育園生活を楽しもう

転園って大変?実際難しいの?

転園することになったらスムーズに転園できるの?と疑問に思いますよね。実際のママ達の体験談では転園することに非常に苦労したという意見も少なくありません。そもそも保育園に空きがない状況の地域や、転園先は見つかったが希望の保育園に入れなかったというような話はたくさんあります。

他にも、保育料が以前の保育園より高くなってしまったり園の育児方法や価値観が以前の保育園と違い、子供が園に馴染めないなどのケースもあります。転園前から転園後も含め、スムーズに転園ができていない家庭が多いのが現実です。

転園のために知っておきたい10のこと

転園することに対して大変だったという意見が数多くある中で、全く問題なくスムーズに転園することができたという家庭もあります。その差は環境や地域によることや、事前に転園に向けてしっかり動いていたかによっても大きく異なってきます。

誰でも理想の転園がしたいですよね。ママ達の体験談を元に転園成功に向けて知っておきたい情報や方法、転園前にしたい10のことを習得しましょう。

(保育園の転園については下記の記事も参考にしてみてください)

保育園の転園は前準備が大切!必要な手続きや子供へのフォローなど

転園先の選び方

環境や地域によっては転園する側に選択の余地がない場合も考えられます。希望の保育園に入園したいのにできないということを避けるためにも、転園先を選ぶ方法を把握しておきましょう。

(子育てと育児を両立するママは下記の記事も参考にしてみてください)

子育てと仕事を両立する10のポイント!ママ達の体験談多数

1. 通える範囲の保育園を事前リサーチ

希望の保育園だけに限定して転園の予定を進めていると万が一入園ができない状況になった場合、保育が必要な時期から預けることが困難になってしまいます。

目星の保育園以外にも、通える範囲の保育園は全て把握しておきます。またそれぞれの保育園の方針や特徴もしっかり確認しておくことにより、希望の保育園に入れず他の保育園になってしまっても、親が保育園の内情を知っていれば安心することができます。

2. 保育園以外への転園も考えておく

出典:https://www.pinterest.jp/pin/788130003520149156/

ママがお仕事の場合は必然的に子供を保育園に預けなければいけないので、保育園選びに贅沢を言ってはいられません。

保育園には認可保育園と認可外保育園があります。認可保育園は国から認可を受けた保育園なので、入園条件も細かくあります。しかし認可外保育園は入園条件を定めていないところも多く、赤ちゃんの頃から預けることができる保育園も多数あります(※1)。

3歳児以上であれば幼稚園に入園することもできるので、幼稚園も視野に入れて検討します。最近の幼稚園は預けられる時間が保育園と大差がなくなってきていたり、延長保育を無料もしくはかなり格安で受けている幼稚園もあるので働くママの強い味方になっています。

関連する記事