赤ちゃんが離乳食を食べない!月齢別に嫌がる原因・対処法を解説!体験談も!

【医師監修】赤ちゃんが離乳食を食べない原因・対処法を〈離乳食初期〉〈離乳食中期〉〈離乳食後期〉〈離乳食完了期〉など月齢別に紹介します。嫌がる赤ちゃんに食べさせるコツや、離乳食を全然食べない時期を経験した先輩ママの体験談は必見です。

専門家監修 | 小児科医 富田規彦
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。...
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。 少しでも多くの方達に正しい情報をお届けしたいと考えております。 富田こどもクリニックHP

目次

  1. 赤ちゃんが離乳食を食べない原因は?
  2. 離乳食初期(5〜6ヶ月)に食べない原因・対処法は?
  3. 離乳食中期(7〜8ヶ月)に食べない原因・対処法は?
  4. 離乳食後期(9~11ヶ月)に食べない原因・対処法は?
  5. 離乳食完了期(1歳頃)に食べない原因・対処法は?
  6. 離乳食を嫌がる赤ちゃんに無理なく食べさせるコツは?
  7. 赤ちゃんが離乳食を食べない時期があった先輩ママの体験談
  8. 離乳食を食べない赤ちゃんにママはイライラし過ぎないで!

赤ちゃんが離乳食を食べない原因は?

赤ちゃんが離乳食を食べないことに悩んでいるママは多くいます。せっかく作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれず、イライラしてしまうママもいるかもしれません。

この記事では、離乳食の時期別に赤ちゃんが離乳食を食べない原因と対処法を紹介します。赤ちゃんが離乳食を食べないことに悩んでいるママは参考にしてみてくださいね。

離乳食初期(5〜6ヶ月)に食べない原因・対処法は?

多くの赤ちゃんが生後5ヶ月~6ヶ月頃に離乳食を開始します。この離乳食初期はゴックン期とも呼ばれています。赤ちゃんの栄養源は母乳やミルクが主ですが、大人が食べている姿に赤ちゃんが興味を持っているようなら、小さじ1杯から離乳食を与えてみるようにします。しかし、この時期の赤ちゃんは離乳食を嫌がることが多くあります。

離乳食初期に離乳食を嫌がる原因と対処法とは?

今まで食べたことのない味・におい・食感に慣れていないことが原因で赤ちゃんが離乳食を嫌がることがあります。赤ちゃんが離乳食を嫌がる場合は無理に食べさせることは避け、母乳・ミルクをあげましょう。

離乳食を与えるときに使うスプーンの感触に赤ちゃんは戸惑うこともあり、離乳食を嫌がることがあります。使っているスプーンの素材を変えて試してみるのもいいでしょう。赤ちゃんにはステンレス素材のものよりもシリコン・木製が口触りが優しくおすすめです。

赤ちゃんのお腹が空いていないことが原因で離乳食を嫌がることもあります。離乳食をあげる時間の前には授乳を控えるようにしましょう。しかし、空腹すぎても機嫌が悪くなり、離乳食を嫌がることがあります。赤ちゃんのお腹が空きすぎていない時間や、機嫌のいい時間を選んで食べさせてみるようにしましょう。

富田規彦

小児科医

離乳食の開始時期は、あくまで目安と考えて、あまり拒絶が強いようなら、少し期間を空けてみるのもいいでしょう。健診に併せて栄養指導を受けるのも有効です。

(生後6ヶ月の赤ちゃんについては以下の記事も参考にしてみてください)

【生後6ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安、育児の注意点!体験談あり

離乳食中期(7〜8ヶ月)に食べない原因・対処法は?

離乳食中期はモグモグ期と呼ばれていています。この時期には、顎と舌を上手に使い食べ物を潰すことができるようになります。まだ母乳・ミルクから栄養を補っているため、離乳食のあとには授乳が必要です。

ゴックン期に離乳食を嫌がっていなかった赤ちゃんでも、モグモグ期に入ると急に離乳食を嫌がる場合があります。原因は何なのでしょうか。

離乳食中期に離乳食を嫌がる原因と対処法とは?

離乳食中期に赤ちゃんが離乳食を嫌がる原因は、今まで裏ごししてあった食材がみじん切りなり、食感に戸惑っていることが挙げられます。また顎と舌でみじん切りにした食材を上手にすり潰すことができていないからかもしれません。

対処法は、食材の柔らかさをゴックン期に戻すことです。赤ちゃんが裏ごしした食材で作った離乳食であれば食べる場合は、次のステップとして裏ごしとみじん切りの食材を1対1の割合で混ぜてから与えましょう。赤ちゃんが離乳食を食べる量も増え、口をモグモグと動かしていたら、みじん切りだけの食材で作った離乳食を与えましょう。

また、片栗粉で離乳食にとろみをつけることで食べやすくなることもあります。

(離乳食のヨーグルトをあげる時期は以下の記事も参考にしてみてください)

離乳食のヨーグルトの進め方のコツや量、効果は?いつから?体験談あり

離乳食後期(9~11ヶ月)に食べない原因・対処法は?

離乳食後期はカミカミ期と呼ばれる時期です。この頃になると、離乳食は朝・昼・夕の3回食になり、母乳やミルクを与える量が減ります。

離乳食後期に離乳食を嫌がる原因と対処法とは?

離乳食後期に赤ちゃんが離乳食を嫌がる原因は、食材に対する好みが出てくるからです。この時期は食べる量にムラも出始めます。食に対する好みが出てくることは、赤ちゃんの味覚などがきちんと発達している証拠です。離乳食を嫌がったり、食べる量にムラがあることは一時的なことなので、心配する必要はありませんよ。

また、この時期は手づかみで食事をする赤ちゃんが増えます。赤ちゃんは食べずに食材で遊んだり、食べることを嫌がることがあります。せっかく作った離乳食を食べてくれないとママはイライラしたり、焦ってしまったりするかもしれません。

しかし、離乳食を食べることを赤ちゃんに無理強いすることは避けましょう。カミカミ期は自分で食べる意欲を持たせる時期です。焦らず赤ちゃんの様子を見守りましょう。

(離乳食グッズについては以下の記事も参考にしてみてください)

100均セリアの離乳食グッズが超優秀!調理・食事・保存・冷凍など用途別に多数!

離乳食完了期(1歳頃)に食べない原因・対処法は?

1歳頃になると離乳食は完了期となり、赤ちゃんは栄養のほとんどを離乳食から摂るようになります。この頃から離乳・卒乳を進めるママも多いでしょう。

離乳食完了期に離乳食を嫌がる原因と対処法とは?

離乳食完了期に赤ちゃんが離乳食を嫌がるのは、食事に集中していないことが原因です。赤ちゃんが離乳食を食べることに集中できる環境作りが大切になります。

対処法として、赤ちゃんの生活リズムを整えるようにしましょう。生活リズムを整えることで、空腹になる時間が決まります。空腹を感じることで赤ちゃんは食べたい意欲がわき、離乳食を食べることに集中することができます。

赤ちゃんが離乳食を嫌がるからといってママがお世話を焼きすぎることもよくありません。赤ちゃんが離乳食を食べないことにイライラせず、自分で食べる意欲を育てるためにも、食べるまで見守ってあげるようにしましょう。


(離乳食卒業については以下の記事も参考にしてみてください)

【1歳2ヶ月】赤ちゃんの成長目安と育児の注意点!離乳食卒業?体験談も

離乳食を嫌がる赤ちゃんに無理なく食べさせるコツは?

赤ちゃんが離乳食を嫌がらず食べるようになるにはコツが必要です。離乳食を嫌がる赤ちゃんに無理なく食べさせるコツを紹介します。ママが簡単にできることばかりなのでぜひ実践してみましょう。

味を変えてみる

同じ味つけが続くと食べなくなる赤ちゃんや新しい食材に慎重になる赤ちゃんもいます。味付けを変えるために濃い味にする必要はありませんが、だしの味を使って味付けに変化をつけるのもいいでしょう。だしは昆布・かつお・いりこに加え、干ししいたけ・野菜出汁・ささみだしなどレパートリーを増やすことで離乳食を好んで食べるきっかけになります。

声かけをしながら楽しい食事

離乳食を嫌がる赤ちゃんに無理なく食べさせるためには、声かけをしながら楽しい食事の雰囲気を作りましょう。せっかく作ったり離乳食を赤ちゃんが思うように食べてくれないと、ママはついイライラしてしまうかもしれません。しかし、ママがイライラすると赤ちゃんにもその気持ちが伝わってしまうのです。

「美味しそうだね」「ママも食べたい」などの明るい声かけはママのイライラした気持ちをおさえるだけでなく、赤ちゃんの離乳食を食べるきっかけにもなります。

パパとママの食べる様子をみせる

赤ちゃんはパパやママの食事している様子をみて、食べることを覚えます。できれば一緒の時間に食事をして、パパやママが食事する様子を赤ちゃんにみせましょう。そうすることで、赤ちゃんが自然と離乳食を食べるようになることがありますよ。

離乳食の時間までにお腹を空かせる

お腹が空くと、自然と離乳食を食べれるようになる赤ちゃんも多くいます。母乳を与える時間を調整したり、離乳食の時間までに公園で遊んだり、お風呂に入ったりしてお腹を空かせるようにしましょう。

離乳食を食べる環境を変える

赤ちゃんが離乳食を嫌がるときは、食べる環境を変えてみるのも大切です。いつも食べている場所とは違う場所で食べることで、見える景色が変わって不思議と離乳食を食べるようになることがあります。ぜひ試してみてくださいね。

食事をしている姿勢を見直す

赤ちゃんの目に食べ物が入る姿勢で食事しているか確認しましょう。また姿勢が不安定だと、食事に集中できません。赤ちゃんを座らせているいすの角度や高さも確認することが大切です。

赤ちゃんが離乳食を食べない時期があった先輩ママの体験談

赤ちゃんの栄養源が母乳やミルクだけだった時期から比べて、離乳食が始まると「思うように離乳食を食べてくれない」「母乳をあげすぎなのかな」と悩むママもいるかもしれません。赤ちゃんが離乳食を食べない時期があった先輩ママたちの体験談を紹介します。

主婦

20代

手づかみ食べが始まったころから好き嫌いが出て食べなくなりました。それと食べ物で遊ぶようになり、私もすごくイライラした時期です。その子の個性だと思って嫌いなものは出さなくしました。栄養が偏らない程度に嫌いなものを避けて出すことは必要かもしれません。

保育士

30代

最初は小さなおにぎりをあげていました。だけど、ぐちゃぐちゃにしてしまうのでちょっと工夫を。野菜の切り方をサイコロ・スティックにしました。これがきっかけてきちんと食べてくれるようになりましたよ。自分で持つことができるのが嬉しいみたいでよく食べるようになりました。

公務員

30代

離乳食が始まったころから全く食べない子だった。母乳と合わせて離乳食を1さじだけあげていたけど、拒否して困った思い出が…あの頃は離乳食を始める時期だと焦っていたけど、もう少しスローペースでもよかったって思う。無理せず子どものペースに合わせることが大切だと知った。

赤ちゃんが離乳食を食べない原因はさまざまです。また食の個性も一人一人違います。これまで紹介した対処法や先輩ママたちの体験談を参考に、いろんな方法を試して赤ちゃんに合った対処法をみつけてみてくださいね。

離乳食を食べない赤ちゃんにママはイライラし過ぎないで!

赤ちゃんが離乳食を食べないことにママがイライラすると、その気持ちは赤ちゃんにも伝わります。赤ちゃんが離乳食を食べないことはよくあることですので、ママがイライラしたり焦る必要はありません。赤ちゃんによって離乳食を食べない原因は異なります。赤ちゃんが離乳食を食べない原因を探るために、いろんな対処法を試してみることがおすすめでしょう。

関連する記事