napnap(ナップナップ)抱っこ紐!おんぶもできてコスパ抜群と口コミで大人気!

日本のメーカーnapnap(ナップナップ)の抱っこ紐の詳細をはじめ、使い方や、口コミで人気の理由、実際に使用して感じたデメリットををご紹介いたします。見た目もスッキリとしてコスパの良いことで人気のナップナップの抱っこ紐について気になる方は是非ご覧ください。

目次

  1. napnap(ナップナップ)とは?
  2. ナップナップの抱っこ紐の使い方
  3. ナップナップの抱っこ紐が口コミで人気の理由
  4. ナップナップの抱っこ紐を使用して感じたデメリット
  5. ナップナップの抱っこ紐を購入してみよう!
  6. ナップナップの抱っこ紐はコスパ抜群

napnap(ナップナップ)とは?

aomama708さんの投稿
69518382 2436992919683700 4881427433738195680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

napnap(ナップナップ) は日本製の抱っこ紐です。ナップナップの歴史は代表者が、娘を抱っこして肩こりや腰痛に悩まされている妻のためを思って抱っこ紐の開発を始めたことからスタートしました。

多くのママが求めていたのは、体格にフィットする・肩や腰への負担が少ない・装着が簡単・コンパクトにまとめられるという抱っこ紐だという考えで開発されました。そのママの願いを実現させるため友人の整体師・保育士・保育園へ通う子供たちのママなどと共に試行錯誤しナップナップの抱っこ紐がつくられました。

実際に使っている方からもナップナップの抱っこ紐は、コンパクトな作りで体への負担が少なくデザインも選べてコスパも良いと口コミで好評となっています。

(新生児から使える抱っこ紐については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児から使える抱っこ紐は?先輩ママ達おすすめ15選!口コミあり

ナップナップの抱っこ紐の使い方

napnap_officialさんの投稿
67794464 127565605221686 1335124525428672749 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ナップナップの抱っこ紐はシンプルなBASIC・おしゃれなデザインのUKIUKI・コンパクトで携帯しやすいCompactの3タイプが販売されています。2019年9月には双子用の抱っこ紐も発売になることが決定しています。

ナップナップの抱っこ紐で縦抱っこをする場合は、赤ちゃんの首が完全に座る4ヶ月から24ヶ月まで使用することができます。別売りの新生児パッドを使うことで生後10日から縦抱っこすることもできますよ。こちらでは、公式の動画を交えながら抱っこ紐の使い方を紹介します。

はじめは装着に少し時間がかかるかもしれませんが、慣れれば短時間で装着することができます。使い方を覚えて赤ちゃんとの外出をさらに楽しみましょう。

(抱っこ紐とリュックを併用するコツについては以下の記事も参考にしてみてください)

抱っこ紐とリュックを併用するコツ!着用する順番や、スッキリコーデのポイントも!

新生児期〜4ヶ月 縦抱っこの方法

こちらの動画では新生児〜首が座る4ヶ月頃までの赤ちゃんを新生児パッドを使って縦抱っこをする場合の使い方を紹介しています。首が座る前の赤ちゃんを縦抱っこするためには、別売りの新生児パッドを準備する必要があります。

単品で購入した場合、2,880円(税抜き)。抱っこ紐と同時購入した場合、2,380円で購入することが可能です。(価格は2019年9月現在の情報です)

新生児パッドに入った赤ちゃんを見ると一見窮屈に見えますが、ママに触れていることと包まれている感覚が赤ちゃんは安心できる状態といわれています。

4〜24ヶ月 縦抱っこの方法

こちらの動画では首が座った後の4ヶ月〜24ヶ月頃までの赤ちゃんを縦抱っこする場合の使い方をご紹介しています。首が座った後の抱っこの場合は、先ほどご紹介したパッドは不要です。

赤ちゃんの背中が曲線を描いていて、きちんと足が抱っこ紐の外に出ているということを確認しましょう。また、落下防止ベルトをつけることも忘れないように注意しましょう。

縦抱っこからのおろし方

こちらの動画では新生児パッドを使って縦抱っこしている場合のおろし方についてご紹介しています。下ろす際は、付けた時と逆の流れで外していきます。腰高のソファやベビーベッドなど赤ちゃんを寝かせることのできる場所で、落下に注意して外しましょう。

こちらの動画では首が座ったあとの4ヶ月〜24ヶ月の赤ちゃんを抱っこしている場合のおろし方を紹介しています。首が座った後でも新生児期の際と同様にまだ赤ちゃんの骨は柔らかく骨折しやすいので、落下や周りにぶつかることのないように注意しましょう。

おんぶの方法

こちらの動画ではナップナップの抱っこ紐を使っておんぶをする場合の使い方について紹介しています。抱っこ紐を使ってのおんぶは生後4ヶ月~48ヶ月頃まで可能です。育児をしていても途中で赤ちゃんが泣いてしまった時、抱っこだと前に赤ちゃんがいるので料理や洗濯はなかなか難しいですよね。

そんな時におんぶができると手元が自由になるので家事が捗ります。生後4ヶ月以降で首が完全に座ったらおんぶも可能です。はじめは少し難しいかもしれませんがナップナップの抱っこ紐には落下防止ホルダーもついているので、リュックを背負う感覚で比較的簡単におんぶができます。

落下防止ホルダーを忘れず着用しスリーピングフードを利用することでおんぶしている最中の落下の心配や首がガクッとなる心配がなく安心して使うことができます。

(おんぶについては以下の記事も参考にしてみてください)

おんぶはいつからOK?やり方の注意点や、おんぶ紐の正しい使い方も!

こちらはおんぶのおろし方をご紹介しています。おんぶを下ろす際には赤ちゃんを寝かせることのできる場所を確保してから落下に注意して行ってください。

ママは動きやすく赤ちゃんもママに密着して安心できるので落ち着いてくれるおんぶができることによって、ママへの負担が減るかもしれません。首が座ったら是非おんぶにチャレンジしてみてくださいね。

ナップナップ「Compact」をまとめる方法

こちらはポーチ型にまとめることができる「Compact」の収納の仕方と広げ方についてご紹介しています。名前の通りコンパクトにまとめることができる商品で外出先での持ち運びも楽になります。自宅での収納も僅かなスペースで可能です。

Compact以外の抱っこ紐も比較的小さくまとめることができますが、もっともコンパクトにまとまるのは抱っこ紐Compactです。大荷物になってしまいがちな赤ちゃんとの外出も気軽に楽しむことができそうですね。

ナップナップの抱っこ紐が口コミで人気の理由

こちらでは実際にナップナップの抱っこ紐を使っているママからの口コミでどのようなポイントが人気の理由として挙げられているかを体験談も交えてご紹介していきます。

(新生児の外出については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の外出!時間や持ち物など、どんなことに注意すればいい?

コスパが抜群

個人ブログ

わたしが愛用しているのは「napnapベビーキャリーBASIC」というベーシックなタイプのものです。
napnapの値段が¥8,380(税込 ¥9,050)だったので、 人気のエルゴの抱っこひもと比較するとおよそ2分の1の価格で購入することができました。

ナップナップの抱っこ紐を選んだ方の口コミで購入した理由として多いのは価格がとてもリーズナブルということ。他メーカーの抱っこ紐は2万円から3万円のものが多い中、ナップナップの抱っこ紐はCompactで8,618円(税込)・BASICで9,050円(税込)で購入することができます。

可愛いデザインが特徴のUKIUKIも12,830円(税込)と手に取りやすい価格で他社の抱っこ紐の半額以下で購入することができます。UKIUKIには肩にDカンがついているのでおもちゃやおしゃぶりなどいつの間にか落としてしまいがちな物を掛けることもできます。

新生児パッドを別途購入したとしてもかなりお手頃価格で、機能的にもかなりコスパが良いと言えるのではないでしょうか。赤ちゃんが生まれると何かとお金がかかるのでこの価格で抱っこ紐が購入できるのはとても嬉しいですね。(価格は2019年9月現在の情報です)

小柄なママでも使いやすい

個人ブログ

私の身長は152cmでエルゴを使用してみましたが体型的に合いませんでした。
napnapは、肩腰共にフィットし
とても着け心地は良い感じ。
背中のバックルも留めやすいし、
何より息子全然泣かない!!!
個人的には買って良かった!!
大正解!な品物でした。

エルゴベビーやベビービョルンなどの海外製抱っこ紐との違いは、ナップナップは日本のメーカーが開発した抱っこ紐なので小柄な日本人が使いやすいサイズになっているという点です。

小柄なママが海外製の抱っこ紐を使用すると、作りが大きめなので肩からベルトがずれ落ちてしまうこともあります。しかしナップナップの場合は、日本人の体型について知識豊富な整体師などと協力し、日本人の体型にフィットし負担になりにくい作りになっています。

また、海外メーカーよりも股関節部分の幅が狭く作られているので、日本人の赤ちゃんが無理なく足を抱っこ紐の外側に出すことができます。実際利用している方からも赤ちゃんが無理なく足を出せているという口コミも多いですよ。赤ちゃんと小柄なママのどちらにとっても嬉しい抱っこ紐と言えるでしょう。

軽量でコンパクト

napnap_officialさんの投稿
37070385 2095655723992518 5820739292439248896 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

個人ブログ

お出かけ先で赤ちゃんを寝かしたときに抱っこ紐をそのままだらんとしたままで邪魔になるのが嫌でした。
しかし、napnapの抱っこ紐はスナップボタンがついていて使用しないときは抱っこ紐をウエストポーチのようにまとめることができます。
少しの間だけ抱っこひもからおろした際などに見た目が悪くならず歩けるので良いと思いました。

赤ちゃんが成長して重くなるとママの肩や腰に負担がかかってしまいますよね。できれば抱っこ紐自体の重さは軽くコンパクトなものがいいのですが、エルゴベビーが約730g〜約790g、ベビービョルンが約1kgと抱っこ紐は意外と重さがあります。

そんな時に体の負担を少なくしてくれるのがナップナップの抱っこ紐です。ナップナップの抱っこ紐はどれも軽量でBASICが約620g、Compactはなんと約400gと驚きの軽さです。

さらにナップナップCompactの大きさはまとめると25cm×15cm(厚さ9cm)ととても小さくなります。それ以外のタイプでもスナップボタンが付いていてどれもウエストポーチのような形にまとめることができます。

落下防止ベルトが付いている

個人ブログ

エルゴと違い、おんぶホルダーという安全ベストが元々付いているので、前屈みになった時の落下の危険性もかなり少なそうです。
このベルトがあるので、おんぶも楽にすることができています。

抱っこ紐を選ぶ際に重視したいのは、安全面ですね。抱っこ紐を使用している際に赤ちゃんが抱っこ紐をすり抜け落下してしまうという事故はなかなか無くならない問題です。そういった事故を防止するためにナップナップの抱っこひもには、標準で落下防止ベストが付いています。

縦抱っこでも重要なベルトですが、おんぶをする際に特にこのベルトが重要な安全対策になっています。使い方も簡単なので忘れずに落下防止ベルトを利用するようにしましょう。

通気性抜群な内側メッシュ素材

個人ブログ

赤ちゃんの背中部分が当たる外側前面のチャックを開くと、なんとメッシュになっちゃうんです。
赤ちゃんてほんと暑がりだし、真夏のエルゴは暑くてヤバイ汗って声を聞いたりしていたんですが、こんな素敵な工夫が施されてるなんて感動的です!
赤ちゃんの背中はこれで風通しが良くなるので、夏はとても重宝しそうですよね。
しかもチャックを閉めると大きなポケットがありますので、保冷剤を入れて背中を冷やすという使い方もできます。
逆に冬は保温剤を入れることも可能です。

抱っこ紐の中ではどうしても熱がこもりがちで「抱っこ紐から下ろしてみたら赤ちゃんが汗だく」ということもよく起こります。ナップナップの 抱っこ紐はその問題をできるだけ防ぐことができるように、ポケットの内側や付属のスリーピングフードがメッシュ素材でできています。

ポケットを外せばメッシュで通気性が良くなるので夏場は涼しく、冬はポケットを付けた状態で暖かく使うように季節に合わせて調節できるのが嬉しいポイントですね。夏場はこのポケットに保冷剤を入れて赤ちゃんの背中を涼しくしているママもいますよ。

洗濯機で洗える

個人ブログ

注意書きには「洗濯は30℃以下のぬるま湯か水で洗濯してね!」って書いてありますが、私は普通に洗濯ネットに入れて洗っています。
私はそれで特に問題は起きてません。

ナップナップの抱っこ紐はバックルを留めた状態で洗濯ネットに入れることによって丸洗いすることが可能です。汗やよだれがついてしまうことが多い抱っこ紐ですから洗うことができないと衛生的に不安ですよね。

蛍光剤入り洗剤や漂白剤は使用できませんが、30度以下のぬるま湯もしくは水で洗ってください。また、洗濯をする場合には色落ちの可能性があります。抱っこ紐を洗う時は他のものと一緒に洗わないように注意してください。

ナップナップの抱っこ紐を使用して感じたデメリット

ナップナップの抱っこ紐はコスパにも優れていて評判も良い商品ですが、使ってみた方の口コミの中にはデメリットを感じているという声もありました。こちらではナップナップの抱っこ紐についてのデメリットをいくつかご紹介します。

メリットもデメリットも理解したうえで検討してみてくださいね。

(抱っこ紐については以下の記事も参考にしてみてください)

抱っこ紐はいつまで使えるの?やめたきっかけなど先輩ママの体験談も!

腰ベルトや肩ベルトが弱い

個人ブログ

エルゴやボバを知ってる人は作りがどうしても甘いことを感じるかも。腰パットも薄目でした。

良くないと感じた方の意見で多かったのが、腰ベルトや肩ベルトが薄めで弱いのですぐ折れたりねじれてしまうというものでした。海外メーカーの抱っこ紐を使用していたことのある方などは作りがやや弱いと感じる方もいるようです。

腰ベルトは折れてしまうと元には戻りません。ナップナップの公式サイトでも「よくある質問」として原因と対策が紹介されているので一度目を通しておくのもよさそうです。

新生児パッドの厚さ

個人ブログ

新生児パッドが結構ゴツイです。首のすわっていない赤ちゃんを支える為には新生児パッドはしっかりしていた方がいいのかもしれませんが、全体的に厚みがあるので子供を抱っこした時に厚みが出ます。
またコンパクトに畳めないので収納スペースに困りました。

ナップナップの新生児パッドは赤ちゃんクッション性があり、厚みがあるのが特徴。首の座っていない赤ちゃんをしっかり支えるための作りであるものの、抱っこした際の厚みが気になるという声や厚みがあるので夏場は暑そうという声もあります。

前向き抱っこができない

個人ブログ

我が家の娘は1歳を過ぎたあたりから、対面で抱っこしていると前を向きたがり暴れるように・・・前向き抱っこできる抱っこ紐を別に購入しました。

ナップナップの抱っこ紐は実際に使う頻度の多い「対面抱き」と「おんぶ」には対応できますが、前向き抱っこの機能はついていません。前向き抱っこには、周りの景色を見ることができるので脳に刺激を与えることができる等のメリットはあります。

しかし赤ちゃんの股関節や背骨への負担も大きいなどのデメリットや赤ちゃんが対面抱きのほうが落ち着くということから前向き抱っこをしたことがないママも少なくありません。

コスパも良いし、前向き抱っこもできれば良いけどなくても十分!と思って使用しているママさんも多いのではないでしょうか。前向き抱っこがしたい方は、残念ですが他のメーカーの抱っこ紐を検討する必要があるでしょう。

ナップナップの抱っこ紐を購入してみよう!

抱っこ紐を購入する時にはできれば実際に使い心地を確かめてみたいですよね。実店舗でナップナップの抱っこ紐を取り扱っているところはあまり多くないですが、全国のバースデイで確認することができます。UKIUKIとCompactについては店舗では今のところ取り扱いがありません。

店舗情報

バースデイがお近くにない方や忙しい方にはオンラインストアでの購入がオススメです。購入後合わないと感じた場合でも、1週間以内であれば送料や振込手数料等を負担すればキャンセルすることも可能です。

オンラインストア

ナップナップの抱っこ紐はコスパ抜群

ナップナップの抱っこ紐は、コスパが良くコンパクトにまとまり安全性も確かで体への負担も少ないという優秀な抱っこ紐です。実店舗で置いているところはバースデイのみですが、実物を見ることができるのであれば、購入前にぜひ確認してみましょう。

他の抱っこ紐のように赤ちゃんを降ろした時にブラブラさせて歩かずに済む点もかなり便利だと高評価です。すでに1本抱っこ紐を持っている方でも2本目に購入する方も少なくありません。抱っこ紐の購入を考える際は、候補の1つに入れてみましょう。

関連する記事