生後4ヶ月の赤ちゃんの夜泣きがひどい…。即効性のある対策やイライラ解消法も!

赤ちゃんの夜泣きがひどくて、イライラしたことがありませんか?夜泣きは、生後4ヶ月ぐらいからはじまります。今回は、生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴をはじめ、夜泣きする原因や、即効性のある対策について、そして、赤ちゃんが夜泣きしたときのイライラ解消法も紹介します。

目次

  1. 生後4ヶ月の赤ちゃんってどんな時期?
  2. 生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きする原因
  3. 生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしたときの対策
  4. 生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしたときのイライラ解消法
  5. 赤ちゃんに合った夜泣き対策を!

生後4ヶ月の赤ちゃんってどんな時期?

生後4ヶ月の赤ちゃんは、生まれたときと比べると体重も増えて、首がすわってくる時期です(※1)。腹ばいの姿勢にさせると、前に手をついて首を自分で持ち上げようとすることもあり、肉体的な成長が見られます。他にも、よだれの量が増えて、最初はちょっとビックリしてしまうママやパパも多いかもしれません。

生後4ヶ月頃は、授乳の回数が少しずつ減ってくる時期でもあるので、まとまった時間寝る赤ちゃんも多くなります。生まれた時には授乳の度に起きていたママにとって、少し楽になる時期ではあるものの、まだまだ夜泣きで起きなければならないことがあります。

(生後5ヶ月の赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

生後5ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因は?夜寝ない時の対処法や対策を紹介!

生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きする原因

まとまった時間寝るようになってきたといっても、まだまだ生後4ヶ月の赤ちゃんには、夜泣きや寝かしつけで手がかかります。ここでは、夜泣きの原因について紹介します(※2)。

生活リズムがきちんと整っていない

赤ちゃんは10ヶ月あまりの間ママのお腹の中にいたため、お腹から出て数ヶ月経っても、まだ昼夜の時間の区別ができていません。生活リズムがきちんとできていないため、短いサイクルで寝たり起きたりを繰り返しています。そのため、赤ちゃんを寝かしつけたのにすぐ起きたり、起きていたと思ったら急に寝てしまうこともよくあります。

ママがいなくて不安になる

定期的な生活リズムが整っていないため、1回に寝る量が少なかったり、浅い眠りをする赤ちゃんが多いです。目覚めた時にママがそばにいないと、赤ちゃんが不安になることがあります。

ミルクが欲しい時

授乳しているときに、ママは赤ちゃんが満足してから寝かしつけをしますね。しかし実際には、赤ちゃんが授乳途中で寝てしまうことがあります。そんな時は、もっとミルクが欲しいがために、ママを夜泣きで起こします。

何かしらの不快感がある

生後4ヶ月の赤ちゃんは、言葉を発することができません。そのため、ママやパパとは泣いたり笑ったりしてコミュニケーションをとります。夜泣きの原因は、オムツが汚れていたり寝心地が悪かったりなど、何かしらの不快感を感じていることも考えられます。

(生後6ヶ月の赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

生後6ヶ月の夜泣きはいつまで続く?赤ちゃんが夜起きる原因と対策を紹介

生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしたときの対策

生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしたときに、先輩ママ達はどのような対策をとったのでしょうか?

生活リズムを整える

新米ママ

20代後半

カリスマナニーの本に書いてあったけど、早いうちから生活リズムを整えた方が、赤ちゃんにとっても良いって。

300人以上の赤ちゃんの世話をしたことがある、イギリス人のジーナ・フォードの本の中にも、生活リズムを整えることがアドバイスとして書かれています。

会社員

30代後半

1日のスケジュールは早く決めた方が良い。理想は午前7時に起きて、午後8時になるのがベスト。最初は大変だけど、体内リズムを整えれば、夜泣きも改善するよ。

先輩ママ達の間でも、昼夜の区別をきちんとするように、生活リズムの見直しをしたという意見が多いです。朝は決まった時間に起きて、授乳すれば、赤ちゃんにとっても健康的な生活リズムになります。そうすることで、夜泣きの回数が減り、寝かしつけも楽になります。(※2)

赤ちゃんに触れる時間を増やした

サービス業

30代前半

最初の30分くらいは激しく泣いて、その後は抱っこすると眠りに入った。夜中の抱っこは大変だけど、これを我慢すれば後で少しでも長く眠れるかもとか思うと、期待してしまう自分がいる。

夜泣きの理由の一つに、ママがいなくて不安になるというのがあります。この場合、赤ちゃんに触れてあげることで、安心感が高まります。抱っこしてあげるのも、赤ちゃんとの大切なスキンシップになります。(※2)

専業主婦

20代前半

病院で助産師さんに聞いた方法だけど、赤ちゃんのおでこから眉間にかけて、指や手で優しく触ると目を閉じて寝ていくよ。私もやってみたけど、ホントに寝たよ。

寝かしつける前に少しだけでも赤ちゃんの顔へ優しく触れてあげることなら、すぐに試してみることができますね。

再度授乳をした

パート

20代後半

一時期的に赤ちゃんが泣き止む方法として、授乳もいいと思うよ。小さい赤ちゃんだと、おっぱいを飲むのも体力使うから、疲れて寝てしまうこともあるし。

赤ちゃんは空腹でなくても、口寂しくておっぱいや哺乳瓶をくわえたくて泣くこともあります。まず、授乳をしてみて、様子をみてみるのも良いでしょう。

先輩ママ

30代後半

添い乳は賛否両論あるけど、私はしました。どうしても赤ちゃんが寝てくれないので、私も疲れて添い乳をしたところ、そのまま寝てしまいました。

普段忙しいママにとって、なかなか寝てくれないと睡眠不足になります。添い乳は、ママの体の負担が減るメリットがあり、寝かしつけに取り入れているママも多いです。でも、赤ちゃんの窒息の危険やクセになることがあるので、する際には注意が必要です。

寝かしつけ用のアプリやおもちゃを使用

専業主婦

20代前半

赤ちゃんの泣き止ませアプリ、なかなか良いよ。動物の鳴き声や心音パターンとかあって、聞いて安心したのか寝てくれた。

会社員

30代前半

うちの子供はいつもガラガラが好きで、泣いた時に手に持たせてあげたら泣き止んだよ。

音楽が好きな赤ちゃんなら、泣き止ませアプリも効果があるかもしれません。また、ガラガラやラトルが好きな赤ちゃんは、実に多いです。寝かしつける前に、少しの間だけ持たせてあげるのもいいでしょう。

ベッドメリーで気をそらせる

パート

20代後半

ベッドメリーは、最高にいいよ。寝かしつける前とか、ちょっと家事をしたい時には必ずと言ってもいいほど使ってる。

専業主婦

30代前半

夜泣きには、ベッドメリー使ってます。心地良い音楽が流れながら回転するので、目で追って見てます。

赤ちゃんを寝かしつける時に、ベッドメリーを使っているママは多いです。生まれたての赤ちゃんの視力はとても悪く、よく見えていません。生後4ヶ月くらいでまだはっきりとは見えていなくても、動いているものは見えやすいといわれています。

(赤ちゃんの夜泣きの原因・対策については以下の記事も参考にしてみてください)

【赤ちゃんの夜泣き】原因・対策を理解し、育児ストレス軽減しよう!

生後4ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしたときのイライラ解消法

赤ちゃんの夜泣きが続くと、ママも睡眠不足やストレスからイライラがたまっていきます。もちろん、それはママだけでなくパパも同じです。先輩ママやパパたちは、どのようにイライラ対策をしていたのでしょうか。

夜泣きは一時的なものだと割り切る

事務

20代後半

今だけだと思って頑張った。じゃないと、気持ちがブルーになるから。

会社員

20代後半

仕事で疲れて居る時に夜泣きされるのは、辛かったです。でも、毎日家で育児をしているママはもっと大変だと痛感しました。

子育て中は、ママだけではなく、パパも大変です。どこかで気持ちの割り切りも必要ですね。

1日数分でもいいから自分の時間を持つ

パート

20代前半

私は本が好きだから、子供が寝たときには数ページでも好きな本を読んだ。ちょっとした気分転換になった。

会社員

40代前半

私の場合、子供が生まれてから、家事のハードルを下げました。何でも完璧にやると、疲れてストレスやイライラがたまるので、そこそこやれる範囲内でやりくりしました。

どうしても育児に追われがちですが、1日5分でも10分でもいいので、自分の時間を作ることは大切です。

楽しいことを考える

会社員

30代前半

育児で大変な時は、休みの日のための家族との外出プランや、頑張った自分へのご褒美とかを考えてた。

専業主婦

20代前半

イライラしてきた時は、ママ友によく電話してグチを聞いてもらったりしてた。これも結構イライラ解消になるし、気分転換にもなるよ。

少し考え方を変えるだけで、気持ちもリフレッシュしてイライラ対策になります。

家族に協力してもらう

専業主婦

30代前半

親に少しだけ、子供の面倒をみてもらえるようにお願いしました。

会社員

40代前半

今は大きくなりましたが、子供が小さい頃は、週末に子どもと過ごす時間を増やしたり、遊んだりしました。

ワンオペ育児の場合は、ママへの負担が多いです。おじいちゃんやおばあちゃんに少し育児を協力してもらうのも、イライラ解消法になります。

(赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続く?原因・対処法を月齢・年齢別に紹介

赤ちゃんに合った夜泣き対策を!

今回は、生後4ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因や対策を紹介しました。生後4ヶ月の育児は大変ですが、1日1日、赤ちゃんは成長していきます。また、それぞれの赤ちゃんには個性があるので、ぜひ自分の赤ちゃんに合った夜泣き対策を考えてみてください。

関連する記事