新生児のいきみ&うなりが続く原因は?対処法を先輩ママの体験談をもとに紹介

初心者ママはとくに新生児のいきみやうなりにびっくりする方が多いのはないでしょうか。この記事では、その新生児のいきみやうなりの原因や、いつまで続くのかという疑問について、先輩ママの体験談をもとに対処法を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 新生児のいきみ・うなりの原因は?
  2. 新生児のいきみ・うなりはいつまで続く?
  3. 新生児のいきみ・うなりの対処法は?
  4. 新生児のいきみ・うなりは自然に治る!

新生児のいきみ・うなりの原因は?

新生児のいきみやうなりは「どうしたんだろう」「大丈夫かな」とつい心配になってしまいますよね。これらには何か原因はあるのでしょうか?

この記事ではその原因や対処法、いつまで続くのかについて詳しく紹介します。「うちの子と同じだ…」「対処法はあるの?」と気になったママはぜひ参考にしてみてくださいね。

(新生児の外出については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児との買い物・外出はいつからOK?注意点や先輩ママのアドバイスを紹介

ガスが溜まってうなる

大人と同じように、新生児の赤ちゃんもお腹にガスが溜まると苦しくて、うなることがあります。つい心配になって小児科に駆け込む赤ちゃんの大半はこのガス溜まりが原因とされています。うなることで「お腹が苦しい」とママに伝えているのです。

赤ちゃんはまだ上手にミルクやおっぱいを飲むことができません。空気も一緒にも飲み込んでしまうことがあるのでしっかりとゲップを出してあげることが大切ですよ。(※1)

ミルクの飲みすぎでうなる

新生児の赤ちゃんがうなると「ミルクかな?」「おっぱいかな?」と授乳してしまいがちですが、ミルクや母乳の飲みすぎで苦しくてうなっている場合もあります。新生児の時期はまだ満腹中枢が発達しておらず、赤ちゃんはお腹がいっぱいだとしても自ら授乳を拒むことをしないため注意が必要です。

おっぱいは赤ちゃんが欲しがるがけあげて良いとされていますが、飲ませすぎないようにしましょう。また、ミルクの場合は必ず既定の量を守るようにしてくださいね。

身体の仕組みでうなる

小腸から大腸へミルクを運ぶ「蠕動(ぜんどう)運動」といわれる動きにびっくりしたり、チクチクとお腹に違和感を感じる赤ちゃんもいます。この蠕動運動は授乳から約1時間~1時間半くらいに現れ周期的に繰り返すため、その都度、赤ちゃんのうなりが繰り返されます。

授乳でうなる

おっぱいやミルクの味、温度が気に入らなくてうなる場合もあります。母乳はママの食べるものによって味も味や質が変わってくるといわれることがあります。また、ミルクの場合は、哺乳瓶の乳首が口にフィットしない、ミルクの温度が適切ではないなどがあげられます。

赤ちゃんそれぞれに好みの温度や味があるので、様子を見ながら好みに合わせてあげましょうね。

眠れなくてうなる

新生児は大人より睡眠が浅く、長い時間ぐっすりと寝ないのが普通です。脳が未熟で神経がついていけないため、うなり声をあげます。「うなるばかりで眠れていないのでは…」と心配にまりますが、生後2か月頃までは眠りのペースがつかめなくて当たり前ですので心配しすぎる必要はないでしょう。

受診した方が良いうなり

全身を使って呼吸していたり、赤ちゃんがぐったりしていてミルクやおっぱいが飲めない、鼻水や咳が出るなどの症状がある場合は受診しましょう。病院は小児科が良いでしょう。

(小児科については以下の記事も参考にしてみてください)

小児科を受診するのは何歳まで?医師が考える目安は?内科に移るタイミングを解説!

新生児のいきみ・うなりはいつまで続く?

新生児のいきみやうなりは、いつまで続くのでしょうか。ここからは「新生児のいきみ・うなりはいつまで?」の疑問について詳しく紹介します。「本当に大丈夫?」「お腹が痛いのかな」と気になって眠れないママはぜひチェックしてみましょう。

生後4~6ヶ月頃まで

一般的に自分で寝返りができるようになる生後4~6ヶ月頃になるとガスが出やすくなるので、いきんだりうなったりすることは少なくなると言われています。

ママやパパは心配になるかも知れませんが、いずれ自然に落ち着くことが多いので、貴重な期間だと思いながら動画や写真を残しておくのも良いですね。

生理現象なので心配しすぎないで

新生児のういきみやうなり、きばる原因はさまざまな説があります。しかし、そのほとんどが生理現象だと言われており、熱もなくおっぱいやミルクを良く飲んでいて機嫌や顔色に変化がなければ心配はいらないようです。

(新生児については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児期・乳児期・幼児期の期間は?いつからいつまで?成長や定義の違いなどを紹介!

新生児のいきみ・うなりの対処法は?

大きな声でうなっている赤ちゃんを見ていると、ママは心配ですしどうにかしてあげたいですよね。そこでここからは、先輩ママの体験談を交え新生児のいきみやうなりの対処法について紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゲップを出す

初心者ママ

20代

おっぱいを飲んだ後にうなることが多かったので、とにかくゲップを出すようにしました。私がヘタクソなのか時間がかかってしまうので赤ちゃんには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、うなりから本格的な泣きに繋がることがあったので大変でした。

しかし、数週間もするとゲップも上手くできるようになりました。

1児のママ

20代

同じくらいの月齢の赤ちゃんよりミルクの量が少なかったので「飲んでよ…」と心配していたのですが「いきんだりきばるのは、飲ませすぎな場合もあるよ」と保健師さんに言われ量を減らしてみたところ、うなりが減りました。育児本の通りにしなくても良いんだと安心したのを覚えています。

また、ゲップを必ずするようにしていました。

ゲップがうまく出せないことが原因で赤ちゃんがうなることもあります。授乳後は必ず出してあげることで「いきみ・うなり」対策になりますよ。(※1)

マッサージや体操をする

かなママ

30代

リズムに合わせて赤ちゃんの足をゆっくり動かしたり、お腹をグルグルなでたりうんち体操をしていました。うちの赤ちゃんには効果があったのか、次の日にはうんちがたくさん出ていました。お風呂上りやおむつを替えた後などこまめにやっていました。

パパさん

30代

うんちの頻度が2日に1回だったのでうんちやガスをうまく出せなくてうなっている感じでした。なので、綿棒にワセリンを塗りお尻の穴に入れてくるくると優しくマッサージしてあげていました。

ちかママ

20代

心配のあまり病院に行ったところ、うんちがうまく出ずガスが溜まっていることが原因だと言われました。お腹を「の」の字にマッサージすると良いですよと医師に教えてもらったので実践していました。それ以来、ガスが溜まることはあまりありませんでした。

お腹を「の」の字に描くようにマッサージする方法や綿棒でおしりを刺激する方法など、対処の仕方はたくさんあるようです。赤ちゃんの体調や気分にあった方法で試してみてくださいね。

抱っこする

さママ

30代

日中にうなることが多かったです。そのため赤ちゃんの気分を変えるためにずっと抱っこしていました。歌を歌いながら廊下をウロウロしていると、自然にうなりをしなくなりました。夜中にうなることは無かったので日中イライラせずに対応できたんだと思います。

新ママ

20代

1日中きばることも多く夜中は夫を起こさないようにリビングで抱っこしていました。バランスボールに乗ってゆっくりバウンドするとすぐに寝てくれました。しかしやめると起きるので3時間は抱っこしながらバウンドしていました。生後4ヶ月くらいまでうなりが続いたのでしんどかったです。

しばらく様子を見る

あみママ

30代

起きている時も寝ている時もうなっていたので心配でした。しかし、生理的なものでこれといった原因はないと母に教えてもらったのであまり気にしていませんでした。つい笑ってしまうほど「う~」と、うなる顔が可愛くて動画をたくさん撮っていました。

あんママ

20代

きばるのにうんちやガスがでないとこが多くとても心配でした。ゲップやマッサージをしても改善されなかったので何かあるんじゃないかと病院に行きましたが生理現象なので大丈夫ですと言われ安心しました。

それからはきばることがあっても慌てることはなく「大丈夫だよ」と声をかけながらスキンシップをとるようにしていました。

双子のパパ

30代

赤ちゃんが毎日きばるので心配になり妻と調べましたが、いろんな原因があると知りどれが良いのか分からなくなっていました。育児本に様子を見ていいと書いてあったので実践してみると30分くらいで寝てくれました。

aaaママ

20代

赤ちゃんがきばること、うなることは仕方ないと第一子を産んだ時に言われたのであまり気にしすぎないようにしていました。うなったときは抱っこをしたりスキンシップをとっていました。夜中にいきんだ時はトントンしながら様子をみていましたよ。

先輩ママの体験談をもとに赤ちゃんのいきみやうなりの対処法について詳しく紹介しました。つい「大丈夫かな」と心配してしまいますが、上記の体験談を参考に赤ちゃんの様子を見て、ゲップをしてあげたり、お腹のマッサージをしてあげたりなどの判断してくださいね。

(マッサージについては以下の記事も参考にしてみてください)

ベビーマッサージオイルは選び方と使い方が重要!人気おすすめ15選

新生児のいきみ・うなりは自然に治る!

赤ちゃんのいきみやうなり、きばることについて体験談や対処法など詳しく紹介しました。初心者ママさんは特に心配になりがちですが、赤ちゃん特有の生理現象ですのであまり気にしすぎる必要はないようです。

しかし、授乳後のゲップをしっかり出してあげたり、お腹が張っている、また数日うんちが出ていない場合はマッサージをしてあげたりなどの対処はしっかりしましょうね。

関連する記事