1歳半頃の服・靴のサイズの目安!足や体型の今後の成長に合わせた選び方も!

子供の服を選ぶときにサイズは非常に悩みますよね。1歳半頃の服・靴のサイズの目安や、洋服・靴・水着などの選び方を紹介します。帽子・靴下・リュックなど小物のサイズや、サイズアップの時期も紹介しますので1歳半の子供のママは参考にしてみてください。

目次

  1. 1歳半頃の服・靴のサイズの目安
  2. 1歳半頃の服装のサイズの選び方!洋服・靴・水着など
  3. 1歳半頃の帽子・靴下・リュックなど小物のサイズは?
  4. 1歳半頃の子供の服をサイズアップする時期は?
  5. 1歳半頃の服装のサイズは今後の成長に合わせよう

1歳半頃の服・靴のサイズの目安

子育てしていると、子供の成長速度に驚かされることが度々あります。身に付けるものもどんどんサイズアップしていかなければならないので、戸惑うママもいるのではないでしょうか。今回は1歳半の頃の服・靴のサイズの目安を紹介していきます。

1歳半頃の服・靴のサイズは下の表を見るとわかるように、服はサイズ80、足のサイズは11~13cmというのが目安です。母子手帳の成長曲線では男の子と女の子で微妙な差はありますが、洋服のサイズは大体同じと考えてよいでしょう。

サイズ 身長 体重 年齢
50 50cm 3kg 新生児
60 60cm 6kg 3ヶ月前後
70 70cm 9kg 6ヶ月前後
80 80cm 11kg 1歳~1歳半前後
90 90cm 13kg 2歳前後
95 95cm 15kg 3歳前後

(1歳半の成長目安と育児の注意点については以下の記事も参考にしてみてください)

【1歳6ヶ月】赤ちゃんの成長目安と育児の注意点!1歳半健診とは?体験談も

1歳半頃の服装のサイズの選び方!洋服・靴・水着など

子供は大人と違って身体の大きさがどんどん変わるので、身に付けるものを選ぶときにサイズが合っているのか不安になりますね。

1歳半にもなると新生児の頃からは想像できないほどの成長を見せます。ここでは洋服、靴、水着にわけて、先輩ママの体験談とともに1歳半の頃の服装の選び方を紹介していきましょう。

洋服

主婦

30代前半

1歳半で9kgの娘がいますが現在サイズ80でちょうどです。これからはすぐにサイズアウトしてしまうので、サイズ90を購入しようと思っています。女の子だとサイズ100のチュニックはワンピース丈になるので、今はワンピース、成長したらチュニックとして着せる予定です。

子供の身長や体重を参考にサイズを決めると失敗が少ないでしょう。常にジャストサイズのものを選ぶよりは、デザインによってサイズを変えて長く着る工夫をしている賢いママもいますよ。

購入するときは試着をするのが失敗しない一番の方法ですが、子供が嫌がったり試着できないお店だった場合は、身体に当ててサイズの確認をすると安心です。

公務員

20代後半

1歳5ヶ月の男の子が現在12.5cmを履いています。靴のサイズは足の成長にも関わりますので、こまめにチェックして買い替えたほうがいいかも。あまりいいものを購入しても小さいうちはすぐに大きくなってしまうので、安いものを選んでいます。試着は必須です!

靴はサイズを間違うと、子供に痛い思いをさせてしまうこともあるので注意が必要です。お店によってはお願いするとサイズを計ってくれるところもありますので、聞いてみましょう。

また靴下の厚さによっても履き心地は変わります。冬の厚手の靴下、春夏の薄手の靴下で靴のサイズを変えることも検討してみてください。

水着

会社員

30代後半

洋服は少し大きめでも裾や袖をまくれば着られますが、水着はジャストサイズを選んだ方がいいです。大きいとズレるので、特に女の子はかわいそうかも…。1歳5ヶ月の時で時で80cmを着せてちょうど良かったです。男の子ならワンサイズ上でもいけるかもしれません。

夏の水遊びに必要な水着は、ジャストサイズを選ぶと遊んでいる途中にずれてしまう心配がありません。限定された季節にしか使用しませんので、翌年使うことは考えずにちょうどいいサイズのものを選びましょう。

女の子の場合はセパレートタイプのものとワンピースタイプのものがあります。セパレートタイプであれば少し大きめのものでも紐などで調整できますので失敗しにくいですよ。女の子のママは検討してみてはいかがでしょうか。

(2019年女の子用ベビー水着については以下の記事も参考にしてみてください)

【2019年最新】女の子用*ベビー水着!国内外の人気TOP20!

1歳半頃の帽子・靴下・リュックなど小物のサイズは?

洋服や靴、水着などのメインのアイテムのサイズの選び方も難しいですが、もっと難しいのは帽子や靴下、リュックなどの小物です。試着できるものであれば一緒に連れて行って選ぶと間違いありませんが、欲しいものが試着できない場合は失敗してしまうことも多いでしょう。

先輩ママの体験談から、失敗しない選び方を学んでみてください。

帽子

先輩ママ

30代後半

帽子を買うときはなるべく子供を連れて行って試着してから買っていましたが、通販やネットで購入するときは頭のサイズを計って購入していました。うちの子は1歳半の時で48cmでしたから、平均的なサイズだったと思います。紐のついたものを選ぶと飛ばされなくていいですよ!

女性

40代前半

はちが張っているタイプだったので、1歳半で52cmと大きめの帽子を選んでいました。キャップを買うときは後ろでサイズ調整できるものを選ぶと、長く使えます。男の子は気に入った帽子をずっとかぶるので長く使えるのは助かりました。

紫外線予防や熱中症予防のためにかぶせておきたい帽子ですが、意外とすぐかぶれなくなりがちです。1歳半のサイズは46~48cmですが、個人差が大きいのであくまでも目安として考えるようにしましょう。

また頭の大きさは測る位置によってまったく違う数字になってしまうので、測定に自信のないママはお店の人にお願いして測ってもらうと良いでしょう。

(赤ちゃん用の帽子については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん用帽子の選び方やサイズの測り方は?おすすめ7選!口コミも

靴下

主婦

30代

靴下は足のサイズをメジャーで計って選んでいました。男の子のせいか足は大きく、1歳半で13cmありました!大きめサイズでもいいかと14~17cmを買ったらかかとの部分や滑り止めがずれて履きづらそうだったので、それ以来ジャストサイズにしています。

基本的に靴下は、靴と同じサイズで準備して問題ありません。店頭などに掲示してあるサイズ目安表を参考にしても良いですし、子供の足を実測しても良いでしょう。

靴下は脱げてしまうと転倒の危険がありますので、小さすぎず大きすぎないものを用意してあげたいですね。

リュック

女性

30代後半

保育園の登園用にリュックを使っていました。子供が持っていく荷物はそんなに多くなかったので、身体からはみ出ないコンパクトなものを使っています。クラスの男の子で幼児用のものを使っている子がいますが、大きすぎてリュックに背負われているように見えてしまっています。

リュックは体格と荷物の量で選ぶのが一般的です。子供の使用用途に合わせて考えてみましょう。リュック自体の重さも選ぶポイントとなりますので、軽いものだと子供も疲れにくくて良いですよ。

またサイズだけでなく、肩ひもがずり落ちにくい作りか、肩にあたる部分にクッションは入っているか、子供でも開けやすい構造であるかなどについてもチェックしましょう。

(通園リュックについては以下の記事も参考にしてみてください)

保育園の通園リュックのおすすめ20選!男の子・女の子別に人気ブランド商品を厳選して紹介!

1歳半頃の子供の服をサイズアップする時期は?

毎日着せている子供の洋服は、いつ新しいサイズに変えればいいのか迷っているママも多いのではないでしょうか。先輩ママたちはどんなタイミングでサイズアップしているのか気になりますよね。サイズアップしたきっかけを体験談で見ていきましょう。

脱ぎ着させにくくなった時

男の子ママ

20代後半

着替えで袖に腕を入れる時に子供がつらそうだったので、サイズアップしました。ワンサイズアップしただけで、スムーズに腕が通るようになりましたよ。着替えの度に機嫌が悪くなっていましたが、それもなくなりました。

会社員

30代後半

靴を履かせようとしたら、足を入れにくいと感じたので買い替えました。1歳半くらいの時期だと、靴は3~6ヶ月ごとに買い替えになっていました。洋服よりも靴の方がサイズアップが早い印象です。子供も買い替え前は違和感があったのか、サイズアップ後は機嫌よく歩いていました。

サイズが小さくなってくると着替えさせる親の方も、着脱しにくくなってきます。見た目にはそんなに小さく感じなくても、着替えがしづらくなったらサイズアップのタイミングと思っていいでしょう。

標準より大きい子の場合は、目安になっているサイズ表よりも実際の身体の大きさに合わせて柔軟にサイズアップしていくと良いですよ。

生活が変わったとき

女性

20代後半

ちょうど1歳半の頃に保育園に入園することになったので、ワンサイズあげて揃えました。保育園ではフード付きは禁止、女の子はフリルやリボンは禁止とルールがあったのでそれに合わせて選ぶようにしました。

洋服や小物を使うシーンに合わせて買い替えすることは大人もありますよね。子供服も同じように、用途に合わせて先輩ママ達も買い替えています。

買い替えの時はサイズが合っているか検討するチャンスでもありますので、子供の成長に合わせてサイズアップしていきましょう。

季節の変わり目

女性

20代前半

夏は麦わら帽子をかぶせていたのですが、秋になってコットンのものに変えるタイミングでサイズを46cmから48cmにあげました。冬になったらニット帽などの温かいものにまた買い替えると思うので、その時はまたサイズを検討したいです。

季節の変わり目や衣替えの時期は子供の成長を確認するチャンスです。子供は成長が早いので、ワンシーズンでサイズアップすることもあるでしょう。

また夏物は1枚で着るのでサイズ80がちょうどよくても、冬物のアウターは厚着した上に着るのでサイズ90の方が良い、ということもありますよね。ひとつのサイズにとらわれず、子供の生活に合わせて検討してみましょう。

1歳半頃の服装のサイズは今後の成長に合わせよう

乳児の時にくらべて活動量がグッと増え、歩いたりしゃがんだりとたくさん身体を動かす1歳半の頃の子供には、動きやすい洋服を着せてあげたいですね。

目安となるサイズ表は存在していますが1歳半は体格に個人差が出てくる時期でもあります。あまりサイズ表の表記とらわれず、実際に子供が脱ぎ着しやすく、活動しやすい洋服や靴、小物を選んであげましょう。

関連する記事