赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の症状・原因は?薬など治療法は?自宅ケアの仕方も!

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎とは?という疑問をはじめ、原因、治療法、受診の目安などを詳しく紹介します。赤ちゃんでもカンジダ皮膚炎になるということを知らない人もしるかもしれません。薬などの治療法や、自宅でのケア方法も解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カンジダ皮膚炎の症状とは?おむつかぶれとの違いは?
  2. 赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の原因
  3. 赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の受診の目安
  4. 赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の薬などの治療法
  5. 赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の自宅ケア方法
  6. 赤ちゃんのカンジダ皮膚炎について知っておこう

カンジダ皮膚炎の症状とは?おむつかぶれとの違いは?

カンジダ皮膚炎と聞くと、婦人科で治療をする皮膚炎かな?と思う人が多いかもしれませんね。しかし、赤ちゃんや子供でもカンジダ皮膚炎になることがあります。カンジダ皮膚炎は、カンジダという菌による皮膚の炎症です。赤ちゃんのお尻や股(陰部)に赤いブツブツが現れ真っ赤にただれる症状が多いです。男女問わず赤ちゃんに起こりやすい皮膚炎の一つでしょう。(※1)

カンジダ皮膚炎とよく間違われる症状がおむつかぶれです。赤ちゃんのおしりや陰部周辺に赤い湿疹が現れるため、肌を見ただけでは判断が難しいでしょう。おむつかぶれの場合、基本的におむつをあてているところが赤く炎症を起こします。汚れたおむつを長時間あてていると皮膚に炎症が起こる(おむつかぶれになる)ため、清潔にすることが大切です。

体の免疫力が極度に低下していると、カンジダ菌が体の奥深くや血流の中まで浸入することがあります。稀ですが、全身に炎症が広がる深在性カンジダ症を引き起こすケースがあります。内臓や血液まで影響が出るため、特に赤ちゃんは気を付けたいですね。ただの皮膚炎と思わず、完治するまでは根気よく治療をしましょう。

カンジダ皮膚炎とおむつかぶれの炎症範囲

カンジダ皮膚炎とおむつかぶれは原因が異なるものの、症状が似ているため見分けが難しいです。カンジダ皮膚炎の場合、皮膚の状態が良くないところに炎症が起こります。赤ちゃんや子供は肌がデリケートで、衛生状態が良くないと荒れやすいです。カンジダ菌は皮膚に常在しているため、おむつをしているおしり以外にもブツブツができます。

カンジダ皮膚炎のブツブツは酷くなると水泡になり、膿のようになることもあります。症状はおしりまわりに限らず、荒れている肌や皮膚のくびれ、しわの内側に現れることもあるでしょう。症状の範囲がおむつの範囲外に現れていたら、カンジダ皮膚炎の可能性が高いです。カンジダ皮膚炎には抗菌薬が有効ですので、病院を受診して処方してもらいましょう。

カンジダ皮膚炎とおむつかぶれは治療法が異なる

カンジダ皮膚炎とおむつかぶれは治療法が異なります。カンジダ皮膚炎の原因はカンジダ菌のため、抗菌薬が有効です(※1)。おむつかぶれは、肌が弱くなって炎症を起こしている箇所へ塗り薬を使用します。塗り薬はおむつかぶれの程度によって変わります。保湿薬や非ステロイド薬で改善が見られない場合は、ステロイド薬を使用することもあるでしょう。

稀にカンジダ皮膚炎なのにおむつかぶれの薬(ステロイド)を塗ってしまい、肌の炎症が悪化するケースがあります。その際はすぐに病院を受診して新しい薬を処方してもらいましょう。少し赤くなるなどの軽いおむつかぶれであれば、おむつ替えの度にシャワーで洗い流して清潔すれば改善するでしょう。どちらの皮膚炎にせよ肌を清潔に保つことが大切ですね。

(子どもの草木かぶれについては以下の記事も参考にしてみてください)

子どもの草木かぶれの症状に要注意!原因や治療法、予防法、受診の目安など!

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の原因

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の原因は、カンジダ菌です。カビ(真菌)の一種で口の中や陰部、皮膚の表面に常在しています。カンジダ皮膚炎と聞くと、陰部で炎症がおこると認識している方が多いかもしれませんね。口内にも常在している菌なので、口の中で炎症が起こるケースもあるでしょう。普段は無症状ですが、さまざまな原因で菌が繁殖して炎症を起こします。(※2)

ママから赤ちゃんにカンジダがうつることも

妊娠中のママがカンジダに感染していると、赤ちゃんへカンジダがうつる可能性が高くなります(※3)。自覚症状がなかったのに、妊婦検診でカンジダの治療をすることになった人もいるかもしれませんね。経膣分娩の場合は、出産時に赤ちゃんへうつるリスクが高いです。また他の感染症の治療でママが抗菌薬を使用している際も、赤ちゃんへうつる可能性があります。

特に低体重児で生まれた赤ちゃんは免疫力が低いため、カンジダがうつるリスクも高いでしょう。妊娠中は免疫力が弱くなっているため、カンジダが増殖しやすい状態です。カンジダの治療は長引くことがあります。通院も大変ですが、赤ちゃんへうつるリスクを回避するためにもしっかりと治しましょう。

カンジダ皮膚炎が引き起こされる原因

普段は無害なカンジダ菌ですが、体調や肌の環境により菌の繁殖が活発になります。特に赤ちゃんや子供はまだ免疫力が低いため、肌の炎症が起きやすいでしょう。カンジダ皮膚炎は、誰でもなり得る皮膚炎です。引き起こさないためにも、菌が繁殖しやすくなる原因を確認してみましょう。

・疲れが溜まっていて免疫力が低下している
・風邪を引いている
・長時間おむつを替えていなかった
・皮膚のしわや内側に汚れが溜まっていた
・大量にあせをかいてそのままにしていた
・サイズの合っていない衣類や下着を身につけていた

このような状態がしばらく続いていると、カンジダ皮膚炎が引き起こされる可能性が高いでしょう。基本的なことですが、体調不良の際は安静が第一です。また赤ちゃんや子供は代謝が良く汗をかきやすいのですよね。カンジダ菌にとっては絶好の環境ですので、清潔にするようにしましょう。

(おむつかぶれについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのおむつかぶれの治し方・原因は?かぶれやすいのは何故?

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の受診の目安

赤ちゃんや子供の皮膚トラブルは、何が原因かで受診する科が異なります。皮膚の炎症だけであれば、皮膚科の受診が良いでしょう。もし熱や咳など他の症状がみられる場合は、小児科を受診してみてくださいね。皮膚の炎症がある時は、赤ちゃんや子供の機嫌も悪くなります。不快感を取り除くためにも早めの受診がおすすめです。

カンジダ皮膚炎かどうか診断をする際は、発疹の中に白い粘り気の強いカスがあるかを見ます。皮膚の一部を取り、顕微鏡や培養をして菌の種類を特定します。炎症の出ている場所によっては、検査を受けずに診断をすることがあるかもしれません。治療法が異なるため、おむつかぶれかも?と感じた時は検査をお願いするのが良いでしょう。

おむつかぶれで使用する塗り薬(非ステロイド・ステロイド)は、アトピー性皮膚炎やかぶれには最適な薬です。しかしカンジダ皮膚炎の場合、ステロイドを塗ることで肌が荒れやすくなります。結果的に炎症が酷くなる可能性があるため、どちらの皮膚炎か診断が重要になります。

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の薬などの治療法

実際にカンジダ皮膚炎になってしまったら、どのような治療をするのでしょうか?この項目では、カンジダ皮膚炎の治療法と使用する薬について説明します。症状の出た場所によっては、自己判断や診断が難しいのがカンジダ皮膚炎です。誰でも罹る可能性がある皮膚トラブルなので、知識として覚えておくと安心ですね。

カンジダ皮膚炎の治療で用いる薬は抗菌薬です。症状によって、外用薬・内服薬と使用する薬が変わりますよ。口の中で発症した場合は、うがい薬が処方されることもあります。重篤な深在性カンジダ症の場合は、入院をして抗菌薬を全身投与します。入院での治療は親子共々で辛いですよね。症状が軽いうちに早期治療を心がけましょう。

治療を始めると、1週間ほどで皮膚の改善が見られることが多いです。手足口病のように強い感染症ではありませんが、もし保育園などに通っている場合は注意が必要ですよ。カンジダ皮膚炎に登園制限はありません。おむつ交換をする際に、感染していない赤ちゃんと肌が接触しないようにするとより安心でしょう。

(おむつかぶれ対策については以下の記事も参考にしてみてください)

おむつかぶれはワセリンで対策!原因や、ワセリンの塗り方など治し方の注意点も!

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の自宅ケア方法

実際にカンジダ皮膚炎になってしまったら、自宅でどのようなケアをすべきか迷うかもしれません。症状が出ている部位によって、ケア方法が異なります。カンジダはカビの一種であるため、湿潤環境を好みます。症状が出ている部位は乾燥させて清潔に保つようにしましょう。しかしおむつの中で炎症が起きている時は、乾燥させるのが難しい場合もありますね。

赤ちゃんのおしりや陰部で炎症が起きている場合は、こまめに洗うことが完治への近道となります。おむつ替えの際に、シャワーやお湯を張った洗面器で座浴するのがおすすめです。特に陰部は常に湿っている状態に近いため、汚れを洗い流して清潔にしましょう。

(赤ちゃんの虫刺されについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの虫刺されで受診すべき症状は?腫れ・かゆみを止める薬のおすすめも紹介!

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎について知っておこう

赤ちゃんや子供でもなるカンジダ皮膚炎について紹介しました。体調不良など免疫力が低下していると引き起こされやすいため、風邪を引いた時などは気を付けたいですね。皮膚のかゆみは大人でも我慢をするのが辛い症状です。幼い子供だと我慢ができずに、かきむしってしまうこともあるかもしれません。カンジダ皮膚炎という症状があると覚えておくと安心でしょう。

関連する記事